2016年1月8日

大本山 円覚寺 大方丈 金澤翔子 書展「心」開催のご案内  記念イベント1月16日席上揮毫

2016年1月8日

大本山 円覚寺

大本山 円覚寺  金澤翔子 書展「心」開催のご案内
■書展記念イベント:1月16日席上揮毫 仏殿

「二十歳になったら個展を開こう。」
金澤翔子さんの書の才能を誰よりも早く認めてくれた、生前の父・裕氏が家族に遺した言葉。
父の言葉を心に秘め、2005年、二十歳の翔子さんが銀座書廊で開いた初の個展「翔子・その書の世界」。
あれから10年。母・泰子さんの献身的な努力を得て、翔子さんは書家としてたゆまぬ努力を積み重ね、2015年にはアメリカ・ニューヨークの国連本部において開催しました。「世界ダウン症の日記念会議」で日本代表としてスピーチに立ち、初のニューヨークでの個展、そしてチェコ・プラハでの個展を成功いたしました。
今や世界に活躍の場を広げ、国や人種を超えて、多くの人と親しみ、多くの人に愛される、ひとりの立派な女流書家として歩み続けています。
「翔子も私も、いつもお父様と心でつながり、心で会話し、支えられて、ここまで来れたの。」―金澤泰子
【金澤翔子ホームページ】http://www.k-shoko.org/

いま、お父様の眠る大本山円覚寺(神奈川県北鎌倉 管長:横田南嶺)にて命日1月16日に、翔子さんがお父様への感謝の祈りを込め、仏殿にて席上揮毫を行います。書家・金澤翔子さんの十年の集大成となる個展を、大方丈にてご覧ください。ダウン症の障害を乗り越え社会で活躍する書家・金澤翔子さんの姿、作品を人生観にお役立てていただければと願います。
円覚寺は1年を通し様々な催し物、イベントを開いています。夏目漱石、島崎藤村、三木清の作家が心の寺として禅を学んだ坐禅会は現在も開かれています。
関東で最も大きい洪鐘(おおがね・高さ259.5cm・国宝)と弁天堂(江の島の弁財天と夫婦弁天)から見た景色は人気のあるスポットです。ぜひ、鎌倉の豊かな自然と鎌倉時代の名所を訪れてください。お待ちしています。

金澤翔子 書展 「心」 
1. 会  場: 大本山 円覚寺 大方丈(JR北鎌倉駅徒歩1分)
2. 会  期: 2016 年1 月16 日(土)より2 月12 日(金)まで
3. イベント: 金澤翔子さんによる席上揮毫 【日時】 1月16日(土)14時から【場所】 円覚寺 仏殿
4. 開館時間: 午前8 時30 分~午後4 時(最終入場 午後3 時30 分)無休
5. 入 場 料: 書展無料 (円覚寺拝観料 大人300円/小人100円が別途必要)
※円覚寺拝観料は、障害者手帳をお持ちのかた、およびその介護者(1名)、
福寿手帳をお持ちのかたは無料。
6. 主催:京都文化協会 特別協力:大本山 円覚寺 後援:神奈川新聞社

お問合わせ先
【円覚寺ホームページ】http://www.engakuji.or.jp/
TEL:0467-22-0478