2016年1月7日

Legrand

インターネット・オブ・シングス: Legrandがラスベガス開催2016年家電ショー(CES)に参加

インターネット・オブ・シングス: Legrandがラスベガス開催2016年家電ショー(CES)に参加

AsiaNet 63008

リモージュ(フランス)、2016年1月7日/PRニュースワイヤー/ —

インターネット・オブ・シングス(IoT)が、コネクテッドビルディングの新時代を開くと確信し、Eliot*プログラムを2015年に開始したLegrand(ルグラン)は、ラスベガスで開催される2016年家電ショー(CES)への参加を本日発表します。

     (ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277386LOGO )

2年連続してLegrandは、2016年1月6日~9日にラスベガスで開催される家電ショーに参加します。

CESは、新技術を集めた必見の国際イベントであり、そこではロボット工学、生物工学、ソフトウェア、コネクテッド・オブジェクトを同時に見ることができます。2015年には、153ヶ国から3600社以上の企業が同展示会に出展、(アメリカ国外からの4万8000人を含む)17万6000人が来場しました。

相互運用性におけるノウハウ全てを紹介するために、異なる3か所のブース(Allseen Alliance、ZigBee Alliance、フランス郵政公社)で出展するLegrandは、革新的で接続可能な、あくまでもユーザーに焦点を合わせたソリューションを展示する予定です。

* LegrandのEliotプログラムについて
Eliotは、Legrandがグループ内のサービスとしてインターネット・オブ・シングスの展開を促進するため2015年に開始したプログラム名です。Legrandグループの革新戦略から生まれたこのプログラムは、個人やプロフェッショナルなユーザーに永続的な利益を提供する接続可能な相互運用性を持つソリューションの開発を目指しています。

Legrandについて
Legrandは、電子ビルディング、デジタル・ビルディングのインフラストラクチャーの国際的スペシャリストです。商業市場、産業市場、住宅市場向けの包括的なソリューションの提供により、Legrandは世界中の顧客のためのベンチマークとなっています。全従業員が関与する10年近くに及ぶ企業の社会的責任(CSR)への取り組みを通して、Legrandは、獲得・使用における価値を向上させるEliot*コネクテッドプロダクツなどの新商品を着実に提供し、革新によって推進された有益で持続可能な成長戦略を追求しています。2014年の売上高は45億ユーロと報告されています。同社はユーロネクスト・パリ市場に上場されており、CAC40、FTSE4Good、MSCI World、Corporate Oekom Rating、DJSI(ISIN コード:FR0010307819)など指数を構成する株式です。

情報源:Legrand


(日本語リリース:クライアント提供)



Internet of Things: Legrand is Participating in the 2016 Consumer Electronic Show (CES) in Las Vegas

PR63008

LIMOGES, France, Jan. 7, 2016/PRNewswire=KYODO JBN/ —

Convinced that the Internet of Things is opening up a new era for connected
buildings and having launched the Eliot* program in 2015, Legrand is today
announcing its participation in the 2016 Consumer Electronic Show (CES) in Las
Vegas.


(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277386LOGO )


For the second year in a row, Legrand is participating in the Consumer
Electronic Show (CES) at Las Vegas from 6 to 9 January 2016.

The CES is the not-to-be-missed global event for new technologies, where
robotics, biotechnologies, software and connected objects can be found
side-by-side. In 2015, it attracted more than 3,600 exhibitors from 153
countries and welcomed about 176,000 visitors (including 48,000 from outside
the United States).

Present on 3 different booths (Allseen Alliance, ZigBee Alliance and La Poste),
in order to show the full extent of its know-how in terms of interoperability,
Legrand is presenting solutions that are innovative, connected and resolutely
user-focused.

* About the Eliot program by Legrand  

Eliot is a program launched in 2015 by Legrand to speed up its deployment of
the Internet of Things in its Offerings. A result of the Group’s innovation
strategy, the Eliot program aim is to develop connected and interoperable
solutions that deliver lasting benefits to private individual users and
professional.

About Legrand

Legrand is a global specialist in electronic and digital building
infrastructures. Its comprehensive offering of solutions for commercial,
industrial and residential markets make it a benchmark for customers worldwide.
Drawing on a nearly 10-year CSR (Corporate Social Responsibility) approach that
involves all employees, Legrand is pursuing its strategy of profitable and
sustainable growth driven by innovation, with a steady flow of new offerings
including Eliot* connected products that enhance value in use and acquisitions.
Legrand reported sales of EUR4.5 billion in 2014. The company is listed on
Euronext Paris and is a component stock of indexes including CAC 40, FTSE4Good,
MSCI World, Corporate Oekom Rating and the DJSI (ISIN code: FR0010307819).

SOURCE:  Legrand