「シェアチョコ」イメージ①

PDF リリース全文
(1,227KB)

2016年1月6日

『バレンタイン事情 2016』 調査発表

2016(平成28)年1月6日

江崎グリコ株式会社

全国の10代~40代男女624人に聞く 「バレンタイン事情2016」調査
バレンタインデーもダイバーシティの時代へ!?
いろんな人が日頃の気持ちをチョコに託して
コミュニケーションを深めるシェアチョコ★が人気!
女子同士の友チョコは依然人気!さらに親子、同僚、
先輩後輩でも手軽にチョコを贈り合う国民的行事へ


◆もらうorあげる だけじゃなく、いろんな人とチョコを贈り合い(愛)
 チョコをもらいたい女性の94.6%、男性の50.5%がチョコをシェアする意向
 去年実績でチョコをもらった女性の87.5%、男性の36.8%がチョコを贈り合い

・贈り合う相手TOP3は、女性は、女子友、彼氏、告白したい人。
 男性は告白したい人、女子友、彼女の順。
・男性(64.7%)よりも女性(70.8%)の方がチョコをもらいたい意向が強く、女性がチョコをもらう
 のはもはや当たり前。
・去年実績でJCの96.2%、JKの98.1%がチョコをもらっており、 今年もらいたいチョコも女友達から
 の友チョコ。


◆“告白する日”から“感謝の気持ちをシェアする日”へ
 「もらう・あげる」ともに約9割が ありがとうの気持ちをチョコで分かち合う

・今年のバレンタインデー、告白したい人へ本命チョコを贈る予定の女性はわずか9.3%。
・約7割(69.9%)が「男女問わずチョコを媒介としたコミュニケーションを深める日」に賛同。
・バレンタインチョコで伝えたい気持ちTOP3は、「いつもありがとう」、「お世話になっています」、
 「好きです」。
・伝えてほしい気持ちTOP3は、「いつもありがとう」、「好きです」、「一緒に楽しもう」。


◆男のバレンタイン事情 高校生の3人に1人がチョコを贈る
 バレンタインデーにチョコをあげる“チョコ男”が定着の兆し!?

・去年実績で男性の4人に1人(26.9%)がチョコを贈っている。高校生では3人に1人がチョコ男に。
・今年も25.6%の男性がチョコを贈る予定。贈りたい相手TOP3は彼女、妻、母親。
・もらいたいチョコは、好きな人からもらう本命チョコ、でも現実は母親からもらうママチョコが
 トップ。

★シェアチョコとは、多様な思いをシェアするためにチョコを贈り合うこと

http://www.pocky.jp/products/name_cp/index.html

企業・団体情報

基本情報
名称 江崎グリコ株式会社
所在地 大阪府
業種 食料品
URL http://www.glico.co.jp

動画

前へ

次へ

画像

  • 「シェアチョコ」イメージ①
  • 「シェアチョコ」イメージ②
  • バレンタインデーのチョコの贈り合い意向
  • バレンタインはチョコdeコミュニケーションの日
  • バレンタインデーのチョコで伝えたい気持ち
  • バレンタインデーのチョコで伝えてほしい気持ち
  • 男性がバレンタインデーにチョコをあげたい相手
  • 改名パッケージ(Sukky)
  • Ganbacky
  • Giricky
  • Thanky
  • 「シェアチョコ」イメージ① 「シェアチョコ」イメージ② バレンタインデーのチョコの贈り合い意向 バレンタインはチョコdeコミュニケーションの日 バレンタインデーのチョコで伝えたい気持ち バレンタインデーのチョコで伝えてほしい気持ち 男性がバレンタインデーにチョコをあげたい相手 改名パッケージ(Sukky) Ganbacky Giricky Thanky