2016年1月5日

Airbiquity

AirbiquityとAryngaが提携 家電同様のコネクテッドカー・ソフトウエア・アップデート実現

AirbiquityとAryngaが提携 家電同様のコネクテッドカー・ソフトウエア・アップデート実現

AsiaNet 62969 (0006)

【シアトル2016年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*オーバー・ジ・エア(OTA)ソフトウエア・アップデートは自動車メーカーの大幅コスト削減とコネクテッドカー所有者の購入後の車両の向上をもたらす

コネクテッドカー・サービスのグローバルリーダーであるAirbiquity(R)(http://www.airbiquity.com/ )は5日、ソフトウエア・アップデート管理技術およびサービスの大手プロバイダーであるArynga, Inc.(http://www.arynga.com/ )と提携し、クラウドからのコネクテッドカー・システムおよびコンポーネントのリモート・ソフトウエア・アップデート・キャンペーンを実施する。クラウドベース・ソフトウエア・アップデート・キャンペーンを計画・実施する能力は、コネクテッドカーを購入した消費者の車両向上に加えて、ますます多くの車両がこのキャンペーンを受信できるように設計されるため、自動車メーカーに今後数年、大きな財務上の利益を与えることになる。

Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20151230/318518

自動車メーカーは、より迅速なリコール順守時間を達成し、修理のためにディーラーに車両を持ち込む消費者負担を軽減するソフトウエア関連のリコールで多額のコスト削減を達成できるリモート・ソフトウエア・アップデートを利用する大きなチャンスがあると気付き始めたところである。IHS(https://technology.ihs.com/532397/auto-tech-report-over-the-air-software-updates-2015 )によると、オーバー・ジ・エア(OTA)のアップデート・イベントで自動車メーカーが節約できる世界全体の費用は、2015年の27億ドルから、2022年には350億ドルに伸びると予測されている。自動車メーカーはセキュリティー欠陥を修正するソフトウエア・アップデートを事前に提供するほか、車両購入済みの顧客の満足とブランドロイヤルティーに寄与する車両の性能、機能、サービスを向上させることも可能となる。

Airbiquityのレオン・ホン最高執行責任者(COO)は「クラウドベース・ソフトウエア・アップデートは、自動車メーカーと消費者にとってコネクテッドカー特有の大きなチャンスをもたらす。Aryangaとの提携は、ゲームコンソール、スマートフォン、その他の消費者向け電子機器に期待するように、シームレスな車両向けの総合ソフトウエア管理ソリューションを提供する能力をもたらす第1歩である。Airbiquityはソフトウエア・アップデート管理技術の開発にコミットしており、当社の自動車関連顧客はChoreo(TM)サービス提供プラットフォームを使用して、パワートレイン、ブレーキ、空調、インフォテインメントなど主要な車両システム向けにソフトウエア・アップデート・キャンペーンを実行できる」と語った。

Arynga, Inc.のウォルター・ブガ最高経営責任者(CEO)兼創設者は「AryngaはAirbiquityのパートナー・エコシステムに参加し、同社が保有するコネクテッドカー技術およびサービスにおける世界的な専門知識と体験を活用して、現在および将来の自動車顧客プログラム向けのクラウドベース・ソフトウエア・アップデート・キャンペーンを推進できることをうれしく思う。AryngaのCarSync(TM)OTAアップデート管理技術の開発とAirbiquityのChoreoプラットフォームとの一体化は長期的に継続するものである。Airbiquityと引き続き提携し、自動車関連市場に最も革新的でコスト効率に優れたソリューションを提供していくつもりである」と語った。

AirbiquityとAryngaは、1月4日から始まる週に開催されるCES 2016とGENIVI 2016 Showcase Event @ Trumpでの会議を主催し、クラウドベース・コネクテッドカー・ソフトウエア・アップデートの利点について話し合うとともに、両社提携の初期段階について具体的に説明する。

AirbiquityおよびChoreoに関する詳細はhttps://youtu.be/pHOa-lp4uJQ のビデオを参照。

▽Airbiquityについて
Airbiquityはコネクテッド車両サービスの世界的リーダーであり、車載テレマティクス技術の開発および設計のパイオニアである。Airbiquityは、業界で最新鋭のクラウドベース・コネクテッドカー・サービス提供プラットフォーム「Choreo(TM)」によって現代のコネクテッドカーのビジョンを提示する。自動車メーカー、ティア1サプライヤー、モバイル・ネットワーク・オペレーターはAirbiquityと提携して、60カ国余りの30言語で顧客が要求する安全、効率、利便性、インフォテインメントに応えるスケーラブルで扱いやすいコネクテッドカー・ソリューションを提供している。Airbiquityの詳細はウェブサイトwww.airbiquity.com を参照。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標。

▽Aryngaについて
Aryngaはソフトウエア・アップデート管理技術開発のイノベーターであり、リーダーである。Arynga CarSync(TM)は信頼されるソフトウエア・コンフィギュレーション管理プラットフォームで、自動車メーカー、ティア1サプライヤー、システムインテグレーターがコネクテッド車両にソフトウエアおよびファームウエア・アップデートをオーバー・ジ・エア(OTA)で送信することを可能にする。コネクテッド車両はインターネット・オブ・シングス(IoT)の中核的な構成要素であり、CarSyncはエンベデッド車両システムの品質の管理・維持のための堅ろうなOTAソリューションを自動車業界に提供するとともに、プリプロダクションおよびポストプロダクションを含め車両の全ライフサイクルにわたり重要なデータを収集する。Aryngaに関する詳細はウェブサイトhttp://www.arynga.com を参照。

▽AIRBIQUITYの問い合わせ先
Kristin Scheidegger
Airbiquity PR
+1-206-344-3133
media@airbiquity.com

▽ARYNGAの問い合わせ先
Madison White
Arynga PR
+1-858-759-9438
info@arynga.com

ソース:Airbiquity


Airbiquity and Arynga Partner to Make Connected Car Software Updates as Seamless as Consumer Electronics

PR62969

SEATTLE, Jan. 5, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

— Over-the-Air (OTA) Software Updates Lead to Big Cost Savings for Automakers
and Post-Purchase Vehicle Enhancements for Connected Car Owners

Airbiquity(R) (http://www.airbiquity.com/ ), a global leader in connected car
services, today announced a partnership with Arynga, Inc.
(http://www.arynga.com/ ), a leading software update management technology and
service provider, to enable remote software update campaigns for connected car
systems and components from the cloud. The ability to plan and execute
cloud-based software update campaigns will provide significant financial
benefits to automakers in the years ahead as vehicles are increasingly
engineered to receive them, in addition to vehicle enhancements for consumers
purchasing connected cars.

Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20151230/318518

Automakers are just beginning to realize the significant opportunities for
leveraging remote software updates to achieve multi-million dollar cost
reductions for software related recalls, achieving faster recall compliance
times, and eliminating the consumer burden of bringing vehicles to dealers for
repairs. Total worldwide automaker cost savings for over-the-air update events
are forecasted to grow from $2.7 billion in 2015 to over $35 billion by 2022,
according to IHS (
https://technology.ihs.com/532397/auto-tech-report-over-the-air-software-updates-2015
). Automakers will also gain the ability to proactively deliver software
updates that remedy security breaches, as well as enhance vehicle performance,
features, and services contributing to post-purchase customer satisfaction and
brand loyalty.

"Cloud-based software updates represent a huge opportunity for automakers and
consumers alike that is unique to connected cars," said Leon Hong, Chief
Operating Officer at Airbiquity. "The Arynga partnership is a first step
towards our ability to deliver a comprehensive software management solution for
cars that’s as seamless as we’ve come to expect for gaming consoles,
smartphones, and other consumer electronics devices. Airbiquity is committed to
developing software update management technology so our automotive customers
can execute software update campaigns for critical vehicle systems like
powertrain, braking, climate control, and infotainment using the Choreo(TM)
service delivery platform."

"Arynga is pleased to join Airbiquity’s ecosystem of partners, leveraging their
global expertise and experience in connected car technology and services to
further enable cloud-based software update campaigns for current and future
automotive customer programs," said Walter Buga, Chief Executive Officer &
Founder of Arynga, Inc. "Development of Arynga’s CarSync(TM) OTA update
management technology, and integration with Airbiquity’s Choreo platform, is a
long-term play. We look forward to continue working with Airbiquity to bring
the most innovative and cost effective solutions to the automotive market."

Airbiquity and Arynga are hosting meetings during CES 2016 and the GENIVI 2016
Showcase Event @ Trump the week of January 4th to discuss the benefits of
cloud-based connected car software updates and provide demonstrations of the
initial phase of the companies’ collaboration.

Learn more about Airbiquity and the Choreo platform by viewing this video
(https://youtu.be/pHOa-lp4uJQ ).

About Airbiquity  
Airbiquity is a global leader in connected vehicle services and pioneer in the
development and engineering of automotive telematics technology. Airbiquity
enables the vision of connected car today with the industry’s most advanced
cloud-based connected car service delivery platform: "Choreo(TM)." Working in
partnership with Airbiquity, automakers, tier one suppliers, and mobile network
operators are delivering scalable and manageable connected car solutions
meeting the safety, efficiency, convenience, and infotainment needs of their
customers in over 60 countries and 30 languages. To learn more about Airbiquity
visit http://www.airbiquity.com. Airbiquity is a trademark of Airbiquity Inc.

About Arynga
Arynga is an innovator and leader in the development of software update
management technologies. Arynga CarSync(TM) is a reliable software
configuration management platform that allows automakers, tier one suppliers,
and system integrators to send over-the-air (OTA) software and firmware updates
to connected vehicles. As the connected vehicle becomes a central component of
the Internet of Things (IoT), CarSync provides the automotive industry with a
robust OTA solution for managing and maintaining the integrity of embedded
vehicle systems while collecting critical data across the entire vehicle
lifecycle, including pre and post production. To learn more about Arynga visit
http://www.arynga.com.

AIRBIQUITY CONTACT:
Kristin Scheidegger
Airbiquity PR
+1-206-344-3133
media@airbiquity.com

ARYNGA CONTACT:
Madison White
Arynga PR
+1-858-759-9438
info@arynga.com

SOURCE Airbiquity