2015年6月18日

経済平和研究所(Institute for Economics and Peace)

2015年世界平和度指数、世界の格差拡大が明らかに

AsiaNet 60788

2015年世界平和度指数、世界の格差拡大が明らかに

ヨーロッパの平和度指数が過去最高に
中東で暴力の悪循環が深刻化

・昨年度、暴力が世界経済に及ぼした影響は、世界のGDPの13.4%にあたる14兆3千億ドルに達しており、これは、ブラジル・カナダ・フランス・ドイツ・スペイン・イギリスの経済を合わせた規模に相当する。

・多くのOECD(経済協力開発機)加盟国の平和は、殺人発生率や軍事費・武力紛争レベルが低下したことで、歴史的高水準に達している。

・アイスランドが世界で最も平和な国として平和度指数トップとなり、シリアが最下位。

・MENA(中東・北アフリカ)の平和度指数は、2008年以降最低となり、初めて最下位に。

・テロ行為の増加がMENAからサハラ以南のアフリカへと拡大し、ナイジェリア・カメルーン・ニジェールでは過去最大の増加を示している。

・武力紛争は著しく激しさを増しており、紛争での死亡者数は、2010年の4万9千人から2014年の18万人へと世界的に3.5倍増。

・2014年には、テロによる死者は、前年より9%増加して推定2万人。

・現在、世界人口のほぼ1%が難民または国内避難民(IDP)であり、これは1945年以来の最高水準で、その数は増加する見込み。

ロンドン、2015年6月17日/PRニュースワイヤー/ —
グローバルシンクタンクである経済平和研究所(Institute for Economics and Peace)が本日発表した2015年世界平和度指数によると、内戦の拡大とそれに伴う難民危機は、世界暴力の封じ込めにかかる費用の増加の重要な要因の一つとなっています。

暴力が経済に及ぼした影響の総額は、1兆9千万ドル(15.3%増)増えています。難民と国内避難民の支援費用だけを見ると、2008年以降267%増加しており、現在1,280億ドルに達しています。しかし、軍事・殺人・警察関連費が、最も費用のかかるカテゴリーであり、合計で全費用の68.3%を占めています。

IEPの設立者兼経営執行役会長であるSteve Killelea (http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea )氏は、次のような意見を述べています。「紛争を減らすことは、継続的な世界経済の回復を確実にするための極めて重要な施策です。もし世界的な暴力が一様に10%減るとしたら、さらに1兆4,300万ドルの経済効果が世界経済にもたらされるでしょう。大局的に見ると、この額は、IMF、ECBおよびその他ユーロ圏諸国によるギリシャに対する救済や融資を合わせた総額の6倍以上に当たります。」

全体的に、世界平和水準は、2014年には安定した状態を維持したものの、2008年より低下しています。しかし総合評価では、最も平和な国と最も平和ではない国との格差拡大は見えてきません。昨年以降、81の国は平和水準を改善していますが、一方で78の国では低下しています。
多くのヨーロッパ諸国が、殺人発生率の低下、軍事予算の減額、イラク・アフガニスタンからの軍の撤退により、歴史的レベルの平和を味わっています。対照的に、イラク・シリア・ナイジェリア・南スーダン・中央アフリカ共和国など伝統的に平和度指数の最下位にいる国は、そろって平和水準がさらに低下しています。今年最も深刻な悪化を示している国はリビアで、162ヶ国中149位に落ちています。6千人以上が紛争によって死亡し、100万人以上が難民となっているウクライナは、過去2番目に大きい落ち込みを記録しています。

ヨーロッパ、北米、サハラ以南のアフリカ、中米・カリブ海の4つの地域の平和は、昨年以降改善しています。宗派の争いおよび内戦により、MENAの平和水準はさらに低下しており、これまでで最悪の評価となっています。一方、南米も、民衆の抗議行動の増加や犯罪行為に対する認識の高まりが主な要因となり、評価が悪化しています。

多くの国で平和が改善しているにもかかわらず、武力紛争の数と度合は著しく増加しており、2010年以降、紛争による死者数は267%増えています。その結果、これまで例がない規模の難民を生み出しています。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)による最新の推測では、難民と国内避難民は現在の世界人口の約0.75%を占めており、5千万人以上に上るとしています。10年足らずの間に131%も増加したのは、MENA地域での紛争だけが原因ではなく、コンゴ民主共和国およびコロンビアでの絶え間ない紛争にも起因しており、2013年の出生国別国内避難民のそれぞれ23%と13%を占めています。

2014年には、69ヶ国においてテロによる死者が出ており、前年の60ヶ国から増加しています。これは、ますます多くのテロ戦術が用いられていることを浮き彫りにしています。テロ行為の増加は、MENAからサハラ以南のアフリカに広がり、ナイジェリア・カメルーン・ニジェールで最大の増加を記録しています。ナイジェリアは、イラクに次いで2番目にテロによる死者が多い国となっており、140%増の4,392人が死亡しています。隣国のカメルーンでは、死者数ゼロだった前年度と比べると、2014年には191人の死者を記録しています。2014年のテロによる死者数は、OECD加盟国では1%未満でした。2015年1月にナイジェリアのバガで起きた2千人以上のボコ・ハラムの大虐殺は、9.11以来最もひどいテロ行為でしたが、翌月のフランスの新聞「シャルリー・エブド」のジャーナリスト11名の殺害によってその出来事は影が薄れてしまいました。

Steve Killelea 氏(http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea )は次のように述べています。「2014年は、2つの相反する傾向を示しています。つまり、OECD加盟国の多くが歴史的レベルの平和を達成した一方で、特に中東など紛争の起きている国は、さらに暴力的になっています。このような傾向は、これらの紛争が手に負えなくなるにつれてテロ行為は他の国に波及していくこともあり、非常に気がかりです。」

隣国との組織された外部紛争や戦争のレベルの低下が、今年最も改善を示した国における共通のテーマであり、アフリカがこの傾向から恩恵を受けており、ギニアビサウ・コートジボワール・エジプト・ベナンが、最も改善した上位国でした。ヨーロッパも組織化された外部紛争による死者が減少しました。

地域別注目点
ヨーロッパは、世界で最も平和な地理的地域に留まっており、世界平和度指数では上位3位を確保しています。その平和は、この4年間毎年改善しています。アイスランドは、第1位です。ギリシャは、22位上がってこの地域最大の改善を示しています。イギリスは、アフガニスタン退去後8位上がっています。

北米の評価はわずかに改善しています。これは、アメリカがアフガニスタンとイラクでの駐留軍の規模を徐々に縮小したため、外部紛争における数・期間・役割に対する評価が改善したことで、2位上がったことが主な要因です。

アジア太平洋は、世界平和度指数でヨーロッパと北米に続き第3位です。しかし、3カ国が上位10位に入る一方で唯一北朝鮮が下位10位にいるなど、どの地域よりも多様性を示しています。南シナ海は、依然として紛争の可能がある地帯であり、議論に巻き込まれている全ての国で評価が低下しています。

南アメリカの地域別の全体評価は下がっており、現在では世界平均を下回っています。事実、改善している国もあります。ペルーは、組織された内部紛争による死者数の減少によって最も改善しています。チリは、武器移転に対して評価が良くなったために改善しており、エクアドルでは、内部紛争の数と期間に連動して政治テロの程度において改善を示しています。南アメリカのその他の国では評価が下がっており、特にウルグアイ・ベネズエラ・ブラジルで著しく悪化しています。

中米・カリブ海は、わずかに評価が改善していますが、依然として世界平均を下回っています。コスタリカとジャマイカが最も評価が良くなっています。コスタリカは、殺人事件数に対する評価が改善しており、ジャマイカでは、国連平和維持活動によって未払い負債が減少したために改善しています。評価が最も下がったのは、政治的テロの程度の高まりが原因のエルサルバドルと、暴力犯罪の増加が原因のニカラグアでした。

サハラ以南のアフリカの評価は、2015年には改善しており、ロシア・ユーラシア・南アジア・MENAよりもさらに上位にいます。この全体的な改善は、国によって評価結果に際立ったばらつきがあります。サハラ以南の国の中には、ブラスおよびネガティブな評価両方で最も急激な変化を示している国もあります。ギニアビサウとコートジボワールの評価が世界最大の改善を記録した一方で、ジブチの順位は42位下がっており、これは、社会不安、犯罪および政府の独裁的支配への反感を反映しています。

ロシア・ユーラシアは、今年全体的評価で穏やかな低下を示していますが、地域別順位に変化はありませんでした。国によって著しい違いがあり、ウクライナは、国内平和に対して総評価が今年最も下がった国の一つでした。

南アジアの順位は、地域別で2014年に最下位から一位だけ上がりましたが、これは、もっぱら状況がMENAよりも速いペースで悪化したためでした。全体としてこの地域の大半の国の評価が悪化し、ブータン・ネパール・バングラデシュのみが改善を示しました。

MENAは、依然として紛争による破壊が続いており、世界平和度指数では地域別で最低評価を記録しています。今年の評価は、エジプトとチュニジアが穏やかに改善したものの、特にリビア・イエメン・イラク・シリアでの評価悪化がそれを上回ったために、昨年の指数よりも下がっています。
詳細については、http://bit.ly/GPIreport までご参考下さい。

編集注記
GPIレポート、動画、およびインタラクティブマップは以下よりご利用いただけます。http://www.visionofhumanity.org
ツイッター:  https://twitter.com/GlobPeaceIndex (#peaceindex)
フェイスブック: http://www.facebook.com/globalpeaceindex

世界平和度指数(GPI)について
GPIは経済平和研究所(IEP)(http://economicsandpeace.org/about-us )が作成した、世界平和に関する広く認められた尺度です。23の指標を考慮に入れ、現在進行中の国内および国際紛争、社会における治安・安全、軍備の状況を162カ国について評価しています。

経済平和研究所(Institute for Economics and Peace)について
IEPは、人類に幸福と進歩をもたらす上で、「平和」というポジティブで達成可能、かつ実際的な方法に世界が注目するよう導く使命を持つ、国際的な独立系シンクタンクです。

情報元: 経済平和研究所(Institute for Economics and Peace)


(日本語リリース:クライアント提供)


2015 Global Peace Index Reveals an Increasingly Divided World

PR60788

LONDON, June 17/PRN=KYODO JBN/ —

                    Peacefulness in Europe reaches an historic high

                The Middle East is spiralling into deepening violence


    – Many OECD countries reached historically high levels of peace, boosted by
      reductions in homicide rates, levels of military expenditure and
      military engagements.
    – Iceland tops the Index as the most peaceful country in the world, Syria
      is the least peaceful.
    – MENA’s peace now the lowest since 2008, as the region falls to the  
      bottom of the Index for the first time.
    – Growth in terrorist activity spilled over from MENA into Sub-Saharan
      Africa with largest increases recorded in Nigeria, Cameroon and Niger.
    – The intensity of armed conflict increased dramatically, with the number
      of people killed in conflicts globally rising more than 3.5 times, from
      49,000 in 2010 to 180,000 in 2014.
    – Total deaths from terrorism in 2014 increased by 9% to an estimated
      20,000.
    – Almost 1% of the world’s population now refugees or internally displaced
      (IDPs), the highest level since 1945, and numbers expected to increase.
    – The impact of violence on the global economy reached US$14.3 trillion or
      13.4% of global GDP in the last year, equivalent to the combined
      economies of Brazil, Canada, France, Germany, Spain and the UK.

    Escalating civil strife and the consequent refugee crisis have been among
the key drivers in increasing the cost of global violence containment,
according to the 2015 Global Peace Index published today by the global
think-tank, the Institute for Economics and Peace.

    Since 2008 the total economic impact of violence has increased by US$1.9
trillion (+15.3%). The cost of supporting refugees and IDPs alone has increased
by 267% since 2008, and now amounts to US$128 billion. However military
expenditure, homicide and police forces remain the most costly categories,
accounting collectively for 68.3% of the total cost.

    Steve Killelea
[http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea ], Founder
and Executive Chairman of the IEP observed, "Reducing conflict is a crucial
plank in ensuring continued world economic recovery. If global violence were to
decrease by 10% uniformly, an additional US$1.43 trillion would effectively be
added to the world economy. To put this in perspective, this is more than six
times the total value of Greece’s bailout and loans from the IMF, ECB and other
Eurozone countries combined."

    Overall, global peace levels remained stable in 2014; but are lower than
2008. However the overall score disguises an increasing division between the
most and least peaceful nations. Since last year, 81 countries improved their
levels of peacefulness while 78 deteriorated.

    Many European nations are now experiencing historic levels of peace with
homicide rates falling, military budgets decreasing and the withdrawal of
forces from Iraq and Afghanistan. In contrast countries traditionally at the
bottom of the index such as Iraq, Syria, Nigeria, South Sudan and Central
African Republic all became even less peaceful. Libya saw the most severe
deterioration in peace this year – falling down to 149th out of 162 countries.
Ukraine, which suffered over 6,000 deaths from conflict and had over 1 million
people displaced, recorded the second largest fall.

    Four regions – Europe, North America, Sub-Saharan Africa, and Central
America and the Caribbean – experienced improvements in peace since last year.
Sectarian strife and civil conflicts further reduced levels of peace in MENA,
resulting in its worst ever score, while South America also saw a deterioration
in its score driven mainly by increases in popular protests and a rise in
perceptions of criminality.

    Despite ongoing improvements in peace in many countries, the number and
intensity of armed conflicts increased dramatically with a 267% rise in the
number of deaths from conflict since 2010, creating unprecedented levels of
refugees. Latest estimates from the UNHCR suggest that refugees and IDPs
account for approximately 0.75% of the current world population, over 50
million people. This increase of 131% in less than a decade was driven not just
by conflict in the MENA region, but also by the ongoing conflicts in the
Democratic Republic of Congo and Colombia with 23% and 13% of IDPs by country
of origin in 2013.

    In 2014, 69 countries recorded deaths from terrorism, up from 60 the prior
year, highlighting the increasing use of terror tactics. Growth in terrorist
activity expanded from MENA to Sub-Saharan Africa with the largest increases
recorded in Nigeria, Cameroon and Niger. Nigeria is now the second most deadly
country for terrorism after Iraq, experiencing 140% increase in deaths to
4,392. Its neighbour Cameroon recorded 191 deaths in 2014 compared to none the
previous year. Fewer than 1% of terrorist fatalities in 2014 occurred in the
OECD. Boko Haram’s massacre of over 2000 civilians in Baga, Nigeria in January
2015 was the most deadly terrorist incident since 9/11, an event overshadowed
by the murder of 11 journalists at French newspaper Charlie Hebdo the following
month.

    Steve Killelea
[http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea ] said,
"2014 was marked by two contradictory trends: on the one hand, many countries
in the OECD achieved historic levels of peace while on the other, strife-torn
nations, especially in the Middle East, became more violent. This is a real
concern; as these conflicts become even more intractable they then spread
terrorism to other states."

    A common theme in the countries with the largest improvements this year was
a fall in the level of organised external conflict or wars with neighbours,
with Africa profiting from this trend; Guinea-Bissau, Cote d’Ivoire, Egypt and
Benin topped the most improved nations. Europe also saw a drop in deaths from
organised external conflict.

    REGIONAL HIGHLIGHTS

    Europe remained the most peaceful geographical region in the world,
securing the top three positions in the GPI. Its peacefulness has improved
every year for the past four years. Iceland ranks first. Greece was the
region’s greatest improver, rising 22 places. The UK rose eight places having
exited Afghanistan.

    North America’s score improved slightly. This was largely due to the US
moving up two places due to a better score for number, duration and role in
external conflicts as it wound down presence in Afghanistan and Iraq.

    Asia-Pacific is ranked third behind Europe and North America in the GPI.
However, it contains the greatest diversity in scores of any region with three
countries in the top 10 and a single country, North Korea, in the bottom 10.
The South China Sea remains a potential area for conflict, with countries
involved in the dispute all showing a deterioration in scores.

    South America’s overall regional score declined and is now below the global
average. Some South American countries did improve: Peru had the biggest
improvement due to reductions in the number of deaths from organized internal
conflicts; Chile improved on the back of a better score for arms transfers and
Ecuador’s political terror scale improved along with the number and duration of
internal conflicts. The score declined for all the other countries in South
America, with the most notable deterioration in Uruguay, Venezuela and Brazil.

    Central America and the Caribbean slightly improved its scores, however it
remains less peaceful than the global average. Costa Rica and Jamaica had the
strongest improvements. Costa Rica saw improvements in its scores for homicide,
while Jamaica’s improvement stemmed from a reduction in its outstanding dues to
UN peacekeeping missions. The countries whose scores slipped the most were El
Salvador due to increases in the Political Terror Scale and Nicaragua due to
increases in violent crime.

    Sub-Saharan Africa’s score improved in 2015, putting it further ahead of
Russia and Eurasia, South Asia, and MENA. This overall improvement masks sharp
variations in country performance; sub-Saharan states registered some of the
sharpest score changes, both positive and negative. Guinea-Bissau and Cote
d’Ivoire registered the largest score improvements worldwide while Djibouti’s
ranking declined 42 places, reflecting a rising incidence of social unrest,
crime and resentment of the government’s authoritarian rule.

    Russia and Eurasia recorded a modest deterioration in its overall score
this year, while its position in the ranking by region was unchanged. There
were significant variations between countries; Ukraine recorded one of the
biggest falls this year for its aggregate score for internal peace.

    South Asia’s position moved up one notch in the regional rankings after
being at the bottom in 2014, but only because conditions deteriorated at a
faster pace in MENA. Overall, the scores of most countries in the region
worsened, with just Bhutan, Nepal and Bangladesh registering gains.

    MENA remains blighted by conflict and records the worst regional score in
the GPI. The score deteriorated from last year’s index, as mild improvements
notably in Egypt and Tunisia were outweighed by deteriorating scores
particularly in Libya, Yemen, Iraq and Syria.

    For more information, go to: http://bit.ly/GPIreport.

    NOTES TO EDITORS

    GPI report, video, and interactive maps are available at:
    http://www.visionofhumanity.org

    Twitter: https://twitter.com/GlobPeaceIndex (#peaceindex)

    Facebook: http://www.facebook.com/globalpeaceindex

    About the Global Peace Index (GPI)

    The GPI is the world’s leading measure of global peacefulness produced by
the Institute for Economics and Peace [http://economicsandpeace.org/about-us ]
(IEP). It gauges on-going domestic and international conflict, safety and
security in society, and militarisation in 162 countries by taking into account
23 indicators.

    About the Institute for Economics and Peace

    IEP is an international and independent think tank dedicated to shifting
the world’s focus to peace as a positive, achievable and tangible measure of
human well-being and progress.

    SOURCE: Institute for Economics and Peace