2015年4月17日

日本未発売の「Xperia Z3 Tablet Compact(SGP621)」の提供を開始

2015年4月17日

エックスモバイル株式会社

日本未発売の「Xperia Z3 Tablet Compact(SGP621)」の提供を開始

ローコスト携帯電話サービス「もしもシークス」を手がけるエックスモバイル株式会社(URL:http://www.mosimosi.co.jp/ 所在地:東京都千代田区、代表取締役:木野将徳)は、日本未発売のXperia Z3 Tablet Compact(エクスペリア ゼットスリータブレットコンパクト)SIMフリーモデルの提供を4月18日から開始する。現在国内の各家電量販店で販売されている同機種はWi-Fiモデルとなり、SIMフリーモデル(SGP621)の提供は国内で初となる。

販売開始日:
2015年4月18日(土曜)
機種名:
Xperia Z3 Tablet Compact(SGP621)
販売チャネル:
全もしもシークス取扱代理店、公式ホームページ、もしもシークス各ショップ

同サイズのタブレットはiPadmini3に代表される5万円以上の製品、さらに大手携帯キャリアが販売しているモデルまで非常に幅広く、なかなかどれを選べばいいかわからない。
Xperiaブランドでは「Xperia Z3 Tablet Compact」という高性能でありながら驚くような薄さと軽さのAndroidタブレットが発売されている。(但し、国内での販売はWi-Fiモデルのみ)

「もしもシークス」が今回提供を開始するモデルは同機種の日本未発売「SIMフリーモデル」の並行輸入品となる。

また、本体だけの購入は出来ずSIMカードと同時購入となる。
現在当社が行っているキャンペーン(おまとめ割、期間は5月31日迄)中に申し込むと月額2,980円でLTE通信容量無制限で利用する事が可能。
また、3回線同時に申し込むと1回線あたりの費用が月額1,980円で利用できるキャンペーンも同期間に実施している。


代表取締役の木野は以下の通り述べています。
「日本のMVNO市場はなかなか日本人が慣れ親しんだスマートフォンのブランドが無かった。人気が高い同モデルを提供する事で、今までMVNOをお使いで無かったお客様にも使って頂きたい。Xperiaは日本人が親しむ安心のソニーブランドであり、かつ同モデルは世界でも人気の素晴らしい製品、価格以上だと自信を持って提供する。今まで大手携帯キャリアのショップで購入していたお客様に当社はこれまでも違う選択肢を提供してきた。この機種の販売をきっかけとしてさらに魅力的なスマートフォンを低価格で提供していきたい。」

英国などでは既にMVNOでも大手キャリアと遜色のないユーザー数を抱えるVirginMobile等が頭角を現して来ている。

「大手携帯キャリア以外の選択肢は日本ではまだ普及していない。当社は航空業界のLCCのコンセプトを携帯電話業界に持ってきた。この業界に風穴を空けれるよう今後もチャレンジしていきたい」(木野)


【「もしもシークス」Xperia Z3 Tablet Compact の特徴】
(1)国内未発売、「Xperia Z3 Tablet Compact」の提供を開始
(2)公式ウェブサイト、各もしもシークスショップ、全国の販売代理店にて発売開始
(3)購入後の修理・サポートは同社コールセンターでサポートを対応、故障時も受付け
(4)日本語のマニュアルを同封
(5)USB急速充電器同封
(6)初期セットアップ(APN設定、日本語設定)を行い配送
(7)技適表示可
(8)通話機能付き
(9)通信料の1%が途上国の通信発展の為に提携NPO法人を通じて寄付される