2015年1月21日

Optimizely

OptimizelyがStats Engineを発売 統計分析がインターネット時代に対応

OptimizelyがStats Engineを発売 統計分析がインターネット時代に対応

AsiaNet 59232 (0086)

【サンフランシスコ2015年1月20日PRN=共同通信JBN】
*この画期的な能力は統計学を実世界のビジネス実践に合致させる。企業は今後、常に有効な結果をもたらすテストデータを素早く解明できる

Optimizely(https://www.optimizely.com )は20日、Stats Engineの一般向け提供を発表した。Stats Engineは同社の体験最適化プラットフォームに追加された重要な能力で、これまでの統計分析の制限から解き放たれた常時有効なテスト結果を提供する。スタンフォード大学の統計学者と共同して開発されたOptimizelyのStats Engine(http://optimizely.com/statistics?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats )は、統計分析領域と同社独自の堅ろうなアルゴリズムの革新的なアプローチに依存し、顧客がこれまでよりも素早くかつ自信を持ってデータを解明し、それに基づいて行動することを可能にする。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20130425/SF00536LOGO
Video – http://www.youtube.com/watch?v=APfa7KqhzU8

企業はいま、自社のウェブやモバイル体験に関してスマートで迅速な決定を下すことができる能力を求めている。Optimizelyはその他のツールとともに、A/Bおよび多変数テストを通じて、統計によって裏づけされたリアルタイム・データを提供する。しかし、従来の統計手法はその多くが20世紀初頭に開発されたもので、現代世界のビッグデータと、それを理解し素早く行動を起こす必要性に合致できない限界があり、企業に重荷となっている。

Optimizelyの共同創設者ピート・コーメン氏は「Stats Engineはオンライン・テスト世界でのブレークスルーであり、約100年間にわたり広く利用されてきた統計的手法との決別でもある。最も重要な進歩は、あらかじめ決められたサンプルサイズに達するまで実験結果を待つことなく、いかなる時点でも有効で実行可能なデータを抽出できる能力である。Stats Engineは企業が機能するようにリアルタイムで動作し、これによって的確な結果を装った中間統計上の気まぐれを大幅に削減する」と述べた。

このプロジェクトでOptimizelyにアドバイスしたスタンフォード大学の経営化学・工学準教授であるラメシュ・ジョハリ氏は「現代の企業は膨大なデータをリアルタイムで生み出している。Stats Engineが提供する最大の利点は、テストでつくり出された膨大なデータを常時モニターし、実行可能な結果を素早く導き出す能力である」と語った。

OptimizelyのStats Engineの統計的枠組みは、逐次仮説テストと複合テスト補正を組み合わせ、それをリアルタイムのデータセットに適用する業界初のものである。そうすることにより、Optimizelyは30%以上の実験エラー率をもたらしかねない従来の統計学に内包された制限を縮小する。

▽逐次仮説テスト
従来の統計学では、統計上の奇異を統計上の妥当性と勘違いするリスクがあるので、チームは進行中の実験の結果を1回だけ観察し、その後あらかじめセットされたサンプルサイズに到達した際だけに結果を見ることを勧められる。しかし、現代の企業は素早く展開し、データを厳密に監視する。企業はこの過程で起きるエラーに特に脆弱である。これに応え、Stats Engineはテストが固定されたサンプルサイズではなく無限であると仮定する。Stats Engineは一人ひとりのビジターに伴って正確な信頼度を生成するので、マーケティングや製品管理チームは頻繁に結果を点検し、結果が統計上有意となれば直ちに決定を下すことができる。重要なのは、追加の分析が全く不要なことである。

▽間違い発見率コントロール
実験の多様な変化と目標は、偶然だけに基づき複合比較の問題があるため、エラーの公算を増大する。Stats Engineは実験の変化と目標の総計に基づく計算を調整することによって説明する。これは目標の数や同時テストの変化に関わりなく、高度に正確な信頼度計算をもたらす。

Optimizelyは現在および予想される顧客がStats Engineについてもっと学べるように、以下のような一連の情報リソースをつくった。

*Stats Engineの待ち受けページを閲覧し、大胆に実験するStats Engine利用法を見つけるにはhttps://www.optimizely.com/pricing?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats を参照

*YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=APfa7KqhzU8 )にアップされたビデオは、Stats Engine上で専門的な学問的・経済的見通しを明らかにしている

*企業は、簡単な登録手続き(https://www.optimizely.com/pricing?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats )によって、ウェブとモバイルアプリの最適化体験を始めることができる。

▽Optimizelyについて
Optimizelyは世界の大手体験最適化プラットフォームで、ウェブサイトとモバイルのアプリ向けにA/Bテスト(https://www.optimizely.com/ab-testing?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats )、ターゲティング、マルチチャンネル最適化を提供している。プラットフォームの使いやすさと展開スピードは、組織にデータに基づく方針決定の改善に役立つ実験を考え出して実施する能力を与える。Optimizelyは、各チャンネルのオーディエンスにコネクティッド体験を提供したい8000以上の顧客の多様なニーズに応えている。現在まで、これらの顧客は70億以上の最適化ビジター体験を生み出し、提供してきた。詳しい情報はoptimizely.com を参照。

ソース:Optimizely

▽問い合わせ先
press@optimizely.com


Optimizely Introduces Stats Engine – and Statistical Analysis Leaps into the Internet Age

PR59232

SAN FRANCISCO, Jan. 20, 2015 /PRN=KYODO JBN/ —

        Breakthrough capability aligns statistics with real-world
     business practice; Companies can now interpret test data more
             quickly with results that are always valid


Optimizely (https://www.optimizely.com ) today announced the general
availability of Stats Engine, a capability that adds meaningfully to the
company’s experience optimization platform by delivering test results that are
always valid and freed from the limitations of traditional statistical
analysis.  Developed in collaboration with statisticians at Stanford
University, Optimizely’s Stats Engine [
http://optimizely.com/statistics?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats
] relies on innovative approaches in the field of statistical analysis and the
company’s own robust algorithms to allow customers to interpret and act on data
more quickly and more confidently than ever before.

Logo  – http://photos.prnewswire.com/prnh/20130425/SF00536LOGO
Video – http://www.youtube.com/watch?v=APfa7KqhzU8

Businesses today seek the ability to make smart, fast decisions related to
their web and mobile experiences.  Through A/B and multivariate testing, in
addition to other tools, Optimizely delivers real-time data backed by
statistics. However, traditional statistical methods – many developed early in
the 20th century – burden businesses with limitations that don’t fit today’s
world of Big Data and the need to understand and act on it quickly.

"Stats Engine represents a breakthrough in the world of online testing and a
break from statistical methods that have been used universally for almost 100
years," said Pete Koomen, co-founder of Optimizely. "The most important advance
is the ability to extract valid, actionable data at any point in time rather
than having to wait for an experiment to reach a pre-determined sample size.  
Stats Engine works the way business does – in real time – and it results in a
real reduction of mid-course statistical flukes masquerading as relevant
results."

"Businesses today are generating far more data – and in real time," said Ramesh
Johari, an associate professor of management science and engineering at
Stanford who advised Optimizely on the project.  "The biggest advantage with
Stats Engine is the ability to continuously monitor the rich stream of data
created inside a test and get to actionable results more quickly."

The statistical framework of Optimizely’s Stats Engine is the first in the
industry to combine sequential hypothesis testing and multiple testing
corrections, and apply them to real-time data sets.  In so doing, Optimizely
reduces the built-in limitations of traditional statistics that can result in
experiment error rates of more than 30 percent.

Sequential hypothesis testing. With classical statistics, teams are advised to
look at the results of a running experiment just once – and only then after
they’ve reached a pre-set sample size – due to the risk of mistaking
statistical oddities for statistical relevance.  However, today’s businesses
move quickly and watch data closely, and they are especially vulnerable to this
error.  In response, Stats Engine assumes that a test has an infinite rather
than a fixed sample size.  It generates an accurate level of confidence after
every visitor, so marketing or product management teams can check results
frequently and make decisions as soon as results are statistically
significant.  Importantly, no additional analysis is necessary.

False discovery rate control.  Having multiple variations and goals in an
experiment increases the likelihood of error, based on random chance alone and
due to the challenge of multiple comparisons.  Stats Engine accounts for this
by adjusting its calculations based on the total number of variations and goals
in an experiment.  This results in a highly accurate confidence calculation,
regardless of the number of goals and variations tested at once.

Optimizely has created a series of informational resources to allow current and
prospective customers to learn more about Stats Engine:

— To visit the Stats Engine landing page and discover more about using Stats
Engine to experiment fearlessly, click here
(
https://www.optimizely.com/pricing?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats
).
— A video posted on YouTube (https://www.youtube.com/watch?v=APfa7KqhzU8)
delivers expert academic and business perspectives on Stats Engine.
— Businesses can start optimizing experiences for web and mobile apps     
though an easy sign-up process (
https://www.optimizely.com/pricing?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats
).

About Optimizely
Optimizely is the world’s leading experience optimization platform, providing
A/B testing (
https://www.optimizely.com/ab-testing?utm_source=prnewswire&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=stats
), targeting and multichannel optimization for websites and mobile apps. The
platform’s ease of use and speed of deployment empowers organizations to
conceive of and run experiments that help them make better data-inspired
decisions. Optimizely meets the diverse needs of more than 8,000 customers
looking to deliver connected experiences to their audiences across channels. To
date, those customers have created and delivered more than 7 billion optimized
visitor experiences. To learn more, visit optimizely.com.


SOURCE: Optimizely

CONTACT: press@optimizely.com