2014年11月21日

HUGO BOSS PRIZE 2014 ポール・チャンが受賞

2014/11/21

ヒューゴ ボス ジャパン

HUGO BOSS PRIZE 2014 ポール・チャンが受賞

ソロモン・R・グッゲンハイム財団とヒューゴ ボスは2014年11月20日、Paul Chan(ポール・チャン)がHUGO BOSS PRIZE 2014を受賞したことを発表しました。授賞式はニューヨークにあるグッゲンハイム美術館で開催されました。

博物館のキュレーターや理事などで構成される国際色豊かな審査員団は、ニューヨークを拠点とし、数え切れないほどに多彩な活動で知られるアーティストのポール・チャンを今年度の受賞者として選出。チャンの作品は2015年春にニューヨークのグッゲンハイム美術館にて開催される個展でお披露目されます。

チャンの他にノミネートされていたのは、Sheela Gowda(シーラ・ゴウダ/インド)、Camille Henrot(カミーユ・アンロ/フランス)、Charline von Heyl.(シャーリーン・フォン・ハイル/ドイツ)、Hassan Khan(ハッサン・カーン/英国)です。

ヒューゴ ボスAGの文化事業担当責任者であるヒアデス・ケッテンバッハ博士は次のように述べています。「HUGO BOSS PRIZEの長きにわたる成功の歴史は、弊社のアート界におけるスポンサーシップ活動が絶え間なく続けられていることの証と言えるでしょう。受賞者にお祝いの言葉を贈らせていただくと同時に、協力と献身を惜しまなかった審査員団とグッゲンハイム美術館の皆様に対し感謝の意を表明させていただきたいと思います。来春のポール・チャンの個展が今から楽しみで仕方がありません」

1996年創設のHUGO BOSS PRIZEは、コンテンポラリー・ビジュアル・アートの進展に多大なる貢献を成し遂げてきた作品を誇るアーティストを2年に1度表彰するもの。10万米ドルの奨学金を伴う同賞は、ソロモン・R・グッゲンハイム財団によって運営されています。