2014年11月20日

銀聯国際

銀聯国際が世界30の観光地でカード保有者向けの特別優待キャンペーンを開始

銀聯国際が世界30の観光地でカード保有者向けの特別優待キャンペーンを開始

AsiaNet 58709(1307)

【上海(中国)2014年11月19日新華=共同通信JBN】中国銀聯の国際ビジネス部門である銀聯国際(UnionPay International)は19日、上海とシドニーにおいて世界20の観光都市と10のリゾートアイランドで銀聯カード保有者向けの特別優待を開始したと発表、顧客に対して最高15%の割引を提供する。

今回のキャンペーンは銀聯カード保有者向け優待システムのアップグレードを狙ったもので、62で始まるカード番号の銀聯カードの利用に対して60の国際空港の免税店および40の世界中核ビジネス地域で特別サービスを提供したことに続き今年3回目になる。

銀聯国際のツァイ・ジェンボー最高経営責任者(CEO)はシドニーで行われた立ち上げイベントの席上、銀聯国際は世界で銀聯カード取扱店のネットワークを拡大する一方、カード保有者に対するサービスを向上させることにコミットしていると語った。

同CEOはまた「今回の特別サービスはカード利用に対するサポート・システムを最適化しようとする銀聯国際の努力の一環で、今までも世界の中核ビジネス地域、免税店、観光都市、リゾートアイランドで当社のカード保有者により良い経験を提供するために多くのキャンペーンを行ってきた」と述べた。

特別優待を提供する小売店はアジア太平洋地域、欧州、米国、中東からアフリカまで広がっており、その中には韓国江原道、フランス・ニース、モルディブやバリなど今回初めて銀聯国際の特別キャンペーンに加わる今ホットな観光地も含まれている。

2月末までの間、銀聯カード保有者がホテル、レストラン、観光地、エンターテインメント、買い物でカードを使えば、最高15%までの割引が受けられる。10のリゾートアイランドで銀聯カードを使った場合の割引は最高10%である。

上海は今回のキャンペーンに加わった唯一の中国の都市で、銀聯カード保有者は新天地(Xintiandi)や陸家嘴(Lujiazui)のいくつかの商店で最高15%の割引を受けられる。

シドニーは南半球で唯一今回のイベントに参加した観光都市で、ほとんどの参加商店が最高の割引を提供する都市の一つである。シドニー・タワーやシドニー・ハーバー・ブリッジなどの名所および知名度の高いレストランが最高40%の割引を提供する。

銀聯国際は中国銀聯の子会社として銀聯の国際ビジネスの成長と支援に注力している。銀聯カード取扱店のネットワークは140の国と地域を超えており、30を超える国と地域で45億枚以上の銀聯カードが発行されている。

詳しい情報はウェブサイト(http://www.unionpayintl.com/ )を参照。

ソース:UnionPay International


UnionPay International Rolls Out Cardholder Special Privileges at 30 Global Tourist Destinations

PR58709

SHANGHAI, China, Nov. 19 /Xinhua=KYODO JBN/–

UnionPay International, the international business arm of China UnionPay,
announced on November 19 in Shanghai and Sydney it rolled out special
privileges for UnionPay cardholders at 20 global tourist cities and 10 resort
islands, providing its customers with discounts of up to 15 percent.

The campaign, aimed at upgrading the UnionPay cardholder privilege system, is
the third of its kind this year after special offers were presented for using
UnionPay cards (card number starting with 62) at 60 international airports’
duty free shops and 40 global core business districts.

Cai Jianbo, CEO of UnionPay International, said at the launch event in Sydney
that UnionPay International is committed to improving cardholder services while
expanding the UnionPay card acceptance network globally.

"The special offers are part of UnionPay International’s efforts to optimize
card-using supporting system, we have rolled out multiple campaigns that cover
global core business districts, duty free shops, tourist cities and resort
islands to provide our cardholders better experiences," he said.

Merchants offering special privileges range from the Asia Pacific region,
Europe, the US, the Middle East to Africa, among which hot tourist destinations
including Gangwon-do in South Korea, Nice in France, Maldives and Bali are
joining UnionPay International’s special campaign for the first time.

Till the end of February, cardholders can enjoy discounts of up to 15 percent
at the 20 tourist cities for using UnionPay cards to pay at hotels, dinning,
and tourist attractions and for entertainment and shopping. The discounts for
using UnionPay cards at the 10 resort islands are up to 10 percent.

Shanghai is the only Chinese city to be listed in the campaign, offering
UnionPay cardholders with discounts of up to 15 percent at some merchants in
Xintiandi and Lujiazui.

As the only tourist city to join this event in the southern hemisphere, Sydney
is among the cities that provide the best discounts with the most merchants
involved. Scenic spots including the Sydney Tower and the Sydney Harbour Bridge
and many well-known restaurants are offering discounts of up to 40 percent.

UnionPay International is a subsidiary of China UnionPay focused on the growth
and support of UnionPay’s global business. The UnionPay card acceptance network
has expanded to over 140 countries and regions, and more than 4.5 billion
UnionPay cards have been issued in over 30 countries and regions.

For more information, please visit http://www.unionpayintl.com/

Source: UnionPay International