2014年11月18日

追悼 高倉健 11月23日(日)午後5時より代表作「夜叉」を高倉健ロングインタビューと併せて放送

2014.11.18

日本映画衛星放送株式会社

追悼 高倉健
11月23日(日)午後5時より代表作「夜叉」を
高倉健ロングインタビューと併せて放送

スカパー!、ケーブルTV、ひかりTVほかで放送中の日本映画専門チャンネル(東京都港区/代表取締役社長・杉田成道)では、今月10日に死去した俳優・高倉健さんを追悼し、11月23日(日)午後5時から主演作「夜叉」を、2012年8月に遺作となった「あなたへ」公開を記念してお送りした、高倉健ロングインタビューと併せて緊急放送致します。

俳優の高倉健(たかくら・けん、本名・小田剛一)さんが10日午前3時49分、東京都内の病院でお亡くなりになりました。83歳でした。

これまで日本映画専門チャンネルでは幾度も高倉健さん主演作を特集放送して参りましたが、2012年8月には遺作となった「あなたへ」公開を記念し、高倉健さんをゲストにお招きして1時間以上におよぶロングインタビューをチャンネル独占収録・放送し、皆様から多くの反響をいただきました。高倉健さんがメディアを通して1時間以上語るというのは、その俳優人生を振り返っても非常に珍しく、「夜叉」撮影秘話や、「単騎、千里を走る。」から当時最新主演作だった「あなたへ」までの空白の6年間について、さらには黒澤明監督との幻の作品のエピソードなど、これまで語られることのなかった貴重な話が多数飛び出す映画史的にも重要なインタビューとなりました。お話の随所に80歳を越えてもなお役者としての高みを目指す高倉健さんの役者魂が垣間見えるものでした。

世界中の映画ファンを魅了した、日本が世界に誇る名優・高倉健。映画とご本人のインタビュー併せてご覧頂く事で、改めてスクリーンの中に永遠に刻まれた高倉健さんの熱き役者魂を全国の映画ファンに感じて頂ければ幸いです。

謹んでご冥福をお祈りいたします。 

『夜叉』(1985年)
監督:降旗康男 脚本:中村努 出演:高倉健/田中裕子/いしだあゆみ/ビートたけし
背中一面に彫られた刺青から"夜叉"と呼ばれた大阪・ミナミの伝説の男、修治(高倉)は、女のためにヤクザから足を洗い、日本海で漁師となって妻子と暮らしていた。ある冬、ミナミから蛍子(田中)という女が流れてきて小さな居酒屋を開く。その都会の刺激と香りに満ちた妖しい魅力に男の心が揺れ動く。しばらくして、蛍子のヒモでシャブ中のヤクザ、矢島(たけし)が現れる。矢島が漁師仲間たちに覚醒剤を売っているのを知った時、再び修治の中の夜叉が蘇る・・・。高倉健が久しぶりのヤクザ役で出演、男の内面にあるギラリとした鮮烈な情念と哀感の翳りをいぶし銀の演技で見せた1作であり、遺作となった「あなたへ」と同じ降旗康男監督、田中裕子、ビートたけし共演作。

■チャンネル名称:日本映画専門チャンネル
■視聴方法:スカパー!(BSch.255)/スカパー!プレミアムサービス(ch.634/ch.707)、スカパー!光/J:COM/ひかりTV/auひかり/ケーブルTV
■視聴可能世帯数:約750万世帯(2014年10月末調べ)  
日本映画専門チャンネル公式HP:http://www.nihon-eiga.com/