2014年11月18日

Pristec AG

Pristec AGがCNPCと「Cold Cracking技術」の使用契約に調印

Pristec AGがCNPCと「Cold Cracking技術」の使用契約に調印

AsiaNet 58677 (1297)

【ウィーン2014年11月17日PRN=共同通信JBN】Pristec AGと中国石油集団(China National Petroleum、CNPC)は中国での「コールドクラッキング(cold cracking)」技術利用契約に調印し、両社は重油生産および処理の分野で飛躍的前進を達成した。

Pristec AGは11月7日北京で、すべてのCNPC製油所で20年間にわたり使用できる数十億米ドル相当の協定に調印した。この協定は、「Pristecコールドクラッキング」システムの90日間の検証運転を経て発効する。さらに同協定によって、CNPCは中国(中華人民共和国)にあるすべての同社製油所に加え、CNPCが重油生産を操業ないしは推進するすべての国でもこの技術を使用できる。試運転は6カ月以内に、現地の重油を使用して操業する中国最大のCNPC製油コンビナートで開始される。

「コールドクラッキング」として知られるこの手法は、化学的手法や熱処理を使用しなくても重油や製油残留物を効果的に処理する全く新しい画期的な技術であり、現行手法に比べ極めて高品質の利用可能な生成物質を生み出すことができる。この手法は、コスト効率に優れているだけでなく、環境に優しく、石油抽出および処理で現在幅広く使用されている方法とは異なっている。

ウィーンに本社があるPristec AGは2006年に創設された。その後、同社はこのプロジェクトの研究を継続し、そのために必要な世界的特許を保有している。1日あたり5000バーレルの処理能力がある装置の工業試験が2012年から行われてきた。それ以前のすべての試験は信頼性および高品質な結果をもたらし、国際的な大手認証企業によって確認された。

同社スポークスマンが指摘するように、Pristec AGの「コールドクラッキング」は全く新しい画期的な特許プロセスであり、原油の処理・生産において効率的だけでなくコスト効率に優れ環境に優しいものである。

▽問い合わせ先
Pristec AG
Rudiger Nurk CEO
+43-1-2050164100
Management@pristec.com
http://www.pristec.com

ソース:Pristec AG


Crucial Breakthrough: Pristec AG Signs Agreement with CNPC on the use of "Cold Cracking Technology" in China

PR58677

VIENNA, Nov. 17, /PRN=KYODO JBN/ —

With the signing of a contract on the use of "cold cracking" technology in
China, an Important breakthrough in the field of heavy oil production and
treatment has been achieved for the participating companies, Pristec AG and
China National Petroleum (CNPC).

Pristec AG signed with CNPC on November 07 2014 at Beijing an agreement that is
worth several billion US$ over a period of 20 years for all refineries of CNPC.
This will commence after a 90-day validation run of the "Pristec cold cracking"
systems. Additionally, the agreement provides for the use of the technology by
CNPC in all of its refineries in the PRC (People’s Republic of China) as well
as in all countries where CNPC operates or promotes heavy oil production.
Within 6 months, commissioning will commence in China’s largest refinery
complex of CNPC, which operates with local heavy oil.

The procedure known as "cold cracking" is a new; breakthrough technology which
processes heavy oils as well as refinery residues more efficiently without the
use of chemical or thermal methods and at the same time provides usable
products with a far better quality over current methods. This procedure is not
only cost-effective but also environmentally friendly and differs from methods
that are currently widely used in the extraction and processing of petroleum.

The Vienna-based company Pristec AG was founded in 2006. It has continued its
research on this project since then, and holds the necessary global patents.
Industrial trials with equipment for processing capacity of 5,000 barrels per
day have been carried out since 2012. All previous trials have provided
reliable and high-quality results, which were confirmed by leading
international certification companies.

As a company spokesman pointed out, the "cold cracking" of Pristec AG is a new
and revolutionary, patented process, which is not only more efficient, but also
cost effective and environmentally friendly in the processing and production of
crude oil.

Pristec AG
Rudiger Nurk CEO
+43-1-2050164100
Management@pristec.com
http://www.pristec.com

Source: Pristec AG