2014年11月18日

Educational Testing Service

大学院およびビジネス・スクールを目指すGRE(R)受験者が7%成長

大学院およびビジネス・スクールを目指すGRE(R)受験者が7%成長

AsiaNet 58681 (1296)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2014年11月18日PRN=共同通信JBN】
*世界のGRE(R)テスト受験者に関する最新かつ包括的な情報を提供する新リポート

「Snapshot of the Individuals Who Took the GRE(R) revised General Test(GRE(R)改訂版一般テストを受験した個人の概略)」と題した2014年の年次リポート(http://www.ets.org/s/gre/pdf/snapshot_test_taker_data_2014.pdf )は2013-2014テスト年度に同テストを受験した人数と成績に関する情報に加え、今回初めて、2011年8月から2014年6月の間にGREテストを受験した母集団についての人数に関する情報も提供している。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20120110/DC33419LOGO

この新リポートは各種機関が採用、入学、奨学金給付などの決定を行うために使うことのできる詳しい情報を提供しており、それによればGREテストのユニーク受験者数は2012-13テスト年度に比べて7%伸びているが2013-14年のGRE受験者の分布構成は全体として2012-13年度および2011-12年度のそれと変わっていない。

それに加え、大学院での専攻予定科目という項目に反映されているように、ビジネスに関心を持つGREテスト受験者の数は22%増加しており、その中でも特にMBAを学位の目標にする受験者は昨年に比べて28%増加した。他に、2012-13年度に比べ2013-14年の大学院での専攻予定科目が劇的に増加した科目にはエンジニアリング(24%増)および自然科学(22%増)がある。

ETS副社長兼グローバル教育担当最高執行責任者(COO)のデービッド・ペイン氏は「GREプログラム(https://www.ets.org/gre )はスコアの利用者に対して大学院やビジネス・スクールにつながるパイプラインに関する知見を提供する上でユニークな位置を占めている」と述べた。同氏は「確かに大学院教育の未来には多くの要素が関わっており、GREテストの範囲を超えるものもあるが、これらのデータを当社の量的な成長と合わせて考えれば、GREプログラムを通して大学院教育を目指す個人のパイプラインは多様かつ成長していることが分かる」と述べた。

さらに、これらのデータは適切に利用すれば、スコア利用者がテスト受験者の母集団について、また、GRE改訂版一般テストに関連したさまざまな要素についてよく知ることの助けになる。

これらのデータは母集団や全体の流れに関する微妙な差異を示す一方、今回のリポートと2013年11月の概略リポートとの間には以下に示す通り、いくつか意味のある差異も存在する。

*GRE受験者数は成長を続けている。前年度に比して、ユニークなテスト受験者数は7%伸びた。
*受験者の中で米国市民の数は引き続き安定しているが、米国市民以外の数は18%という注目すべき増加を示し、今やGRE母集団の3分の1以上を占めるにいたった。
*前年に比して、個人がどこで受験することを選んだかに関して興味深い変化があった。
  - 前年度に比して、米国または欧州で受験した個人の数は比較的一貫しているか、またはわずかな増加を示した。
  - インドで受験した個人の数は60%近く増加した。
  - 中国で受験した個人の数は7%減少した。
  - 世界の他の地域で受験した個人の数は14%近く増加した。

これらの分析に使われたデータは上記期間中にGRE改訂版一般テストを受験し、テスト3項目すべてで有効なスコアを得たユニークなテスト受験者数に基づいている。リポート全文はウェブサイト(www.ets.org/gre/snapshot )で入手可能。

GRE改訂版一般テストについての詳しい情報または受験登録はウェブサイト(www.ets.org/gre )を参照。

▽ETSについて
ETSは厳格な調査に基づいた評価方法を創設し、世界の人々の教育の質および公平性を推進している。ETSは教職課程、英語学習、初等・中等・後期中等教育、および教育研究、分析、政策研究向けにカスタマイズされたソリューションを提供することで、個人、教育機関、および政府省庁に貢献している。ETSは1947年に非営利団体として創設され、年間を通して180カ国以上、9000以上の会場で5000万回以上のテストの開発、管理、採点を行っており、その中にはTOEFL(R)とTOEIC(R)テスト、GRE(R)テスト、The Praxis Series(R)評価などが含まれる。ウェブサイトは www.ets.org 。

ソース:Educational Testing Service

▽問い合わせ先
Jason Baran, 1-609-683-2428, mediaco ntacts@ets.org


GRE(R) Program’s Pipeline to Graduate and Business Schools Grows 7 Percent

PR58681

PRINCETON, N.J., Nov. 18, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

– New report provides comprehensive, up-to-date information about GRE(R) test
                               takers worldwide


The 2014 report, Snapshot of the Individuals Who Took the GRE(R) revised
General Test (http://www.ets.org/s/gre/pdf/snapshot_test_taker_data_2014.pdf),
provides volume and performance information on test takers who took the test
during the 2013-2014 testing year, and for the first time, volume information
on the GRE test-taker population between August 2011 and June 2014.

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20120110/DC33419LOGO

The new report, which institutions can use to make more informed recruitment,
admissions and fellowship decisions, shows that the number of unique GRE test
takers grew by 7 percent compared to the 2012-13 testing year, and overall, the
2013-14 GRE demographic distribution remains consistent with that of 2012-13
and 2011-12.

In addition, the number of GRE test takers interested in business, as reflected
by intended graduate major, increased by 22 percent, and test takers
specifically citing MBA as a degree objective grew by 28 percent compared to
last year. Engineering (+24 percent) and physical sciences (+22 percent) also
showed dramatic increases as intended graduate majors in the 2013-14 testing
year compared to 2012-13.

"The GRE Program (https://www.ets.org/gre) is in a unique position to provide
score users with insight into the pipeline to graduate and business schools,"
says David Payne, ETS Vice President & COO of Global Education. "Although the
future of graduate education is predicated on many factors, some of which go
beyond the GRE test, these data, along with our volume growth, indicate that
the pipeline of individuals pursuing graduate education through the GRE Program
is diverse and growing," says Payne.

Furthermore, these data, when used appropriately, can help score users learn
more about the test-taker population, as well as factors related to performance
on the GRE revised General Test.

While the data provide nuances in terms of populations and overall flow, there
are some meaningful differences between this report and the November 2013
Snapshot report including:

      – GRE volumes continue to grow. The number of unique test takers grew by
        7 percent compared to the prior year.
      – U.S. citizen volume continues to be stable; but there was a noteworthy
        18 percent increase in non-U.S. citizens who now account for more than
        one-third of the GRE population.
      – There were also interesting differences as to where individuals chose
        to take the test this year compared to the prior testing year:
              — The number of individuals who tested in the United States or
                 Europe remained relatively consistent or showed slight
                 increases compared to prior year.
              — The number of individuals who tested in India grew nearly 60
                 percent.
              — The number of individuals who tested in China decreased 7
                 percent.
              — The number of individuals who tested in other regions of the
                 world increased by nearly 14 percent.

The data used in the analyses were based on unique test takers who took the GRE
revised General Test during the noted time periods with valid scores on all
three measures of the test. The full report is available at
www.ets.org/gre/snapshot.

For more information about the GRE revised General Test or to register to take
the test, visit www.ets.org/gre.  

About ETS

At ETS, we advance quality and equity in education for people worldwide by
creating assessments based on rigorous research. ETS serves individuals,
educational institutions and government agencies by providing customized
solutions for teacher certification, English language learning, and elementary,
secondary and postsecondary education, and by conducting education research,
analysis and policy studies. Founded as a nonprofit in 1947, ETS develops,
administers and scores more than 50 million tests annually – including the
TOEFL(R) and TOEIC(R) tests, the GRE(R) tests and The Praxis Series(R)
assessments – in more than 180 countries, at over 9,000 locations worldwide.
www.ets.org

SOURCE  Educational Testing Service

CONTACT: Jason Baran, 1-609-683-2428, mediacontacts@ets.org