2014年11月18日

Cityzenith

スマートシティーへの巨大な一歩

スマートシティーへの巨大な一歩

AsiaNet 58653 (1282)

【バルセロナ(スペイン)2014年11月17日PRN=共同通信JBN】
*Cityzenithがバルセロナで5D Smart City(TM)データ視覚化プラットフォームの最新版を発表

世界で最もスマートな都市に選択されるテクノロジー・プラットフォーム・ソリューションを提供しているCityzenith(http://www.cityzenith.com/ )は17日、同社の革命的な都市向けデータ視覚化プラットフォームである 5D Smart City(TM) のバージョン2.0を、バルセロナで開かれているSmart City Expo World Congress で発表した。バルセロナ市は5D Smart City(TM)のバージョン2.0を導入する世界で最初の大都市となる。同市に続き、アムステルダム、サンフランシスコ、シカゴをはじめ北米や欧州、アジア、中東、中南米の諸都市にも導入される。

Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20141113/158553

Google Earth(TM)のオリジナルクリエーターの1人によって開発された5D Smart City(TM)は、現代の都市から生み出されるインターネット・オブ・シングス(IoT)、マシン・ツー・マシン(M2M)やソーシャルメディアの膨大なデータをマッピングし、都市の直感的な完全双方向3Dデジタルモデルを構築することによって、市長から現場の技術職員、街を行き交う住民まで、だれもが簡単に利用できるクラウドベースのソフトウエア・アズ・ア・サービス(SaaS)ソリューションである。

バルセロナ市の5D Smart City(TM)導入は、現在進めている市の行政機関同士のコミュニケーション改善を目指す独自のマスターデータベース、City DBの構築にぴたりと当てはまる。同市各機関の利用者に、建物の地上と地下やインフラ資産の双方向3Dビジュアルモデルへの公共アクセスを提供する。

バルセロナCIOのマネル・サンローマ氏はCity DBプロジェクトにおけるCityzenithの役割について「バルセロナ市当局は市全体が対象のデータ管理システム、City DBを開発中で、市諸機関のリアルタイムの情報共有を確保するものだ。Cityzenithの他に例をみない5Dプラットフォームはわれわれの危機管理室ソリューションの重要な構成部分となる。市幹部がより望ましい決定を下し、各部局と市民とのさらに意味深い付き合いを可能にする」と述べた。

City DB はリアルタイムのセンサーリーディング、過去の文書類、トラフィックアップデート、公開安全情報、ソーシャルメディア、その他のデータソースから直接5Dモデルに入力され、市諸機関が協力、計画し、より効率的に業務を遂行できるようにする。将来はバルセロナモデルの一部はオンライン化され、市民が市内データにアクセスできるようになる。

Cityzenithの会長兼最高経営責任者(CEO)であるマイケル・ジャンセン氏は「5D Smart City(TM)バージョン2.0をバルセロナで公開できることにわくわくしている。この2年間、支援、激励、努力してくれた市当局の多くの協力者や市民に感謝したい。われわれは市民に利用してもらうためにこれを作った」と述べた。

▽Cityzenithについて
Cityzenithの使命は市当局、ビジネス界、市民がデータを便利に使えるようにすることにある。

詳しい情報はwww.cityzenith.com を参照。

同社の最新情報はマイケル・ジャンセン氏のTwitter @MichaelCAJansen (https://twitter.com/MichaelCAJansen )を参照。

ソース: Cityzenith

▽問い合わせ先
clionakeane@me.com
07899950793


One Giant Leap for Smart Cities

PR58653

BARCELONA, Spain, Nov. 17, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

    — Cityzenith demos new release of 5D Smart City(TM) Data Visualization
Platform in Barcelona

    Cityzenith (http://www.cityzenith.com/ ), the technology platform solution
provider of choice for the world’s smartest cities, is today unveiling version
2.0 of its revolutionary data visualization platform for cities, 5D Smart
City(TM), at the Smart City Expo World Congress in Barcelona. The City of
Barcelona is the first major world city to deploy version 2.0 of 5D Smart
City(TM), and will be followed by the cities of Amsterdam, San Francisco, and
Chicago, as well as additional cities in North America and Europe, Asia, the
Middle East, and Latin America.

    Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20141113/158553

    Developed by one of the original creators of Google Earth(TM), 5D Smart
City(TM) is a cloud-based, Software-as-a-Service solution that maps the massive
amounts of data created by modern cities – IoT Internet of Things (IoT),
Machine-to-Machine (M2M) and Social Media – to an intuitive, fully interactive 3D
digital model of a city that can be easily used by everyone from the Mayor to
the technician in the field to the local resident walking down the street.  

    The implementation of 5D Smart City(TM) in Barcelona will dovetail with the
city’s on-going efforts to develop its own master database, the City DB, which
aims to improve communication across municipal agencies in Barcelona. This will
provide government agency users common access to an interactive 3D visual model
of both above and below ground building and infrastructure assets.

    Manel Sanroma, Barcelona CIO, commented on Cityzenith role’s in the City DB
project: "The Barcelona City Council is developing a citywide data management
system, the City DB, that will consolidate real-time information across city
agencies. Cityzenith’s unique 5D platform will form an important component of
our Situation Room solution, and will empower leadership to make better
decisions and engage with its departments and citizens in more meaningful
ways."

    The City DB will feed data from real-time sensor readings, historical
archives, traffic updates, public safety notices, social media and other data
sources directly to assets in the 5D model enabling city agencies to
collaborate, plan, and operate more efficiently. In the future, portions of the
Barcelona model will be made available on-line to the public to enhance citizen
access to data in the city.

    "We are excited to demo version 2.0 of 5D Smart City(TM) in Barcelona" says
Michael Jansen, Cityzenith Chairman & CEO. "We thank our many collaborators at
the Barcelona City Council and the people of Barcelona for their support,
encouragement and hard work over the past two years. We built this for everyone
in the city to use."

    About Cityzenith

    Cityzenith’s mission is to make data in cities useable and useful to city
governments, businesses, and citizens.
For more information, visit www.cityzenith.com  

    For regular updates on the company, follow Michael Jansen on Twitter
@MichaelCAJansen (https://twitter.com/MichaelCAJansen )

    SOURCE: Cityzenith

    CONTACT: clionakeane@me.com or call 07899950793 for further details