2014年11月10日

Peabody Energy

Peabody EnergyがAPEC CEOサミットで最先端石炭エネルギー利用の重要性呼び掛け

Peabody EnergyがAPEC CEOサミットで最先端石炭エネルギー利用の重要性呼び掛け

AsiaNet 58574(1250)

【セントルイス(米ミズーリ州)2014年11月10日PRN=共同通信JBN】Peabody Energy (NYSE: BTU)のグレゴリー・H・ボイス会長兼最高経営責任者(CEO)は10日、APECの主要3カ国(米国・中国・オーストラリア)から学んだ貴重な教訓を引用して、不足しているエネルギーの当面のニーズに対応し、世界成長からエネルギーの長期的なエネルギー需要に応える5項目の政策プランを提案した。

北京で開かれている2014年APEC CEOサミットで国家元首とCEOとの幅広い協議の中で、ボイス氏は中国、オーストラリア、米国がエネルギー貧困を軽減し、低コストエネルギー利用を生み出し、排出ガスを改善するため、それぞれ重要な政策上の教訓を提言していると語った。

 *中国は1990年以来、貧困から6億5000万人を救い出すため石炭を使ってきた。その期間に中国のGDPは850%急増し、石炭燃料の電気利用が8倍に増え、国際エネルギー機関(IEA)が「経済的奇跡」と表現する進歩を遂げた。
 *オーストラリアは昨年、1週間あたり1億ドルを超える経済的負担を生んだカーボン税を廃止する明確な目的を打ち出した新政府を選出した。カーボン税の廃止は、平均的家庭の電気料金を年間550ドル節約することになると見積もられている。
 *米国は石炭利用の最新技術への着実な段階的投資を通じて、ガス排出量の改善を達成し、今日では世界で最善の大気環境にある。米国で発電に使われる石炭は1970年以来170%に増加し、その間GDPは倍増し、メガワット時当たり主要排出量は90%削減された。

ボイス氏は「エネルギー不平等を回避するための社会的、経済的進歩を促進することは、世界のすべての指導者の使命である。世界一の人的、環境的危機であるエネルギー不平等を終わらせることは、包括的成長と地域的結合に向けた最優先策であるべきだ」と語った。

世界人口の半数を超える70億人が毎日、生活に必要十分な電気もなく朝を迎えている。数十万人の人々が料理と暖房に時代遅れの屋内ストーブに頼っており、これらの火で発生する煙が早期の疾患や死亡の前兆となっている。エネルギー貧困から生じる屋内の大気汚染は、世界で4番目の主要な死亡原因である。

水道水、食糧確保、屋内照明、暖房など単純な生活必需品は、十分な電気供給のない家族にとって最も重要な問題である、とボイス氏は指摘する。これらのニーズを満たすことは、大容量の電気を必要とする。非OECD諸国に欧州連合と等しく1人当たりエネルギー利用してもらうことは、現在世界で利用している2倍以上の電気が必要になる。

ボイス氏はまた、不足しているエネルギーの当面の需要に応えることは、長期的ニーズを満たすこととペアになるべきだと語った。電気需要増は、IEAの現在の政策シナリオに基づくと、2030年までにほぼ70%伸びることが予測されている。数億の人々がより豊富な電力を必要とする都市部に移住する見込みであり、世界人口も83億人を超えて伸びると予測されている。

ボイス氏はあらゆる形態の燃料がこの問題に対応するため必要だと指摘し、21世紀の石炭は大規模、低コスト、低排出というプロファイルを持つソリューションの重要な一部になると指摘した。

21世紀石炭のコンセプトは、2009年に石炭を使ったクリーンエネルギーソリューションを推進する国際提携というコンテキストの中で、中国と米国両政府によって発案された。その中には超低排出量に向かって進む超臨界圧発電とともに今日の最先端テクノロジーが含まれる。

石炭は、BP Statistical review of world energyによると、世界で最速成長中の主要燃料である。ある研究に基づくと、石炭は1990以来主として発展途上国の8億3000万以上の人々のエネルギー利用を生み出した。それは風力、太陽光発電より13倍もの人々に利用してもらうことに相当する。

適切なアプローチ、適切な燃料、そして適切な政策は、エネルギー貧困と戦い、環境を改善するため必要不可欠である、とボイス氏は指摘した。同氏は以下の5つの優先政策を支持して指導者の役割を果たすようAPEC加盟国に訴えた。

 1. APEC加盟国とG20諸国による政策と行動の主要優先策としてエネルギー貧困の問題を格上げすること。
 2. すべての人々に与えるエネルギー政策の大きなインパクトと利用できるエネルギーを保持し、コストを低減する重要性を認めること。あらゆる新規エネルギー政策は、いかにしてエネルギー利用が増大し、エネルギー価格の手ごろ感を高めるかについて提起すべきである。
 3. まさに上述すべてのエネルギー戦略を含めて、個々の代替燃料についてすべて定量可能な恩恵と限界を認めること。石炭については、すべての新しい石炭火力発電プラントに対する最新の排出規制を持つ超臨界圧(発電)テクノロジーが含まれる。
 4. 排出を最低限に抑え、コスト削減を進める最先端石炭利用技術に対する継続的投資を支援する。
 5. 発展途上国市場での広範な電気利用を拡大するため開発銀行による資金援助を推奨する。

ボイス氏は「クリーンで安価な電気利用は、数十億人がより良く、長生きする人生を送るための触媒である。われわれは皆、人間の条件を向上させる解決法を促進するため努力しなければならない」と語った。

APEC CEOサミットは1996年に始まり、今年は国家元首、トップCEO、政策決定者を含めて、16カ国・地域とともに21のAPEC加盟国を集める見込み。

エネルギー貧困を軽減、低コスト電気とテクノロジーソリューションのアクセス増についてさらに知りたい人は、以下を参照。
www.AdvancedEnergyForLife.com
FacebookのAdvanced Energy for Life(http://www.facebook.com/advancedenergyforlife
YouTubeのhttp://www.youtube.com/channel/UC21HyLm-tBdetQBAoBBL2fQ
Twitterのhandle @AdvancedEnergy(https://twitter.com/advancedenergy

Peabody Energyは世界最大手の民間部門石炭企業であり、持続的な採鉱、エネルギー利用、クリーンコール・ソリューションの世界リーダーである。

▽問い合わせ先
Sophie Birse
+1-314-308-3363

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20120724/CG44353LOGO
Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140226/CG70548LOGO

ソース:Peabody Energy


Peabody Chairman & CEO Greg Boyce Calls on Global Leaders to Use Lessons Learned from Three Major APEC Nations to Improve Global Energy Policy

PR58574

ST. LOUIS, Nov. 10, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

   Peabody Energy (NYSE: BTU) Chairman and Chief Executive Officer Gregory H.
Boyce today offered a five-point policy plan to address the immediate needs of
the energy impoverished and longer term energy needs from global growth, citing
valuable lessons learned from three major Asia-Pacific Economic Cooperation
(APEC) nations.  

   During a wide-ranging discussion with heads of state and CEOs at the 2014
APEC CEO Summit in Beijing, Boyce said China, Australia and the United States
each offer an important policy lesson to alleviate energy poverty, create
low-cost energy access and improve emissions.

     — China has used coal to lift 650 million from poverty since 1990 during
        which time gross domestic product (GDP) soared 850 percent and use of
        coal-fueled electricity increased eight-fold, progress the
        International Energy Agency called "an economic miracle."
     — Australia elected a new government last year for the express purpose
        of repealing the carbon tax, which created an economic burden in
        excess of $100 million per week. Repeal of the tax is expected to save
        the typical family $550 each year in electricity costs.
     — The United States has achieved remarkable emission improvements
        through steady stair-step investments in advanced coal technologies
        and today has some of the best air quality in the world. Coal used for
        U.S. electricity increased 170 percent since 1970, as GDP doubled and
        the key emissions rate per megawatt hour was reduced 90 percent.

   "Advancing social and economic progress to alleviate energy inequality is
the task for all global leaders," Boyce said. "Bringing an end to energy
poverty – the world’s number one human and environmental crisis – should be our
first order priority toward inclusive growth and regional connectivity. Once we
solve this crisis, our other societal needs become far more achievable."

   Each day more than half the world’s 7 billion people awaken without proper
electricity in their lives.  Billions rely on primitive indoor stoves for
cooking and heating, yet the smoke from these fires is the harbinger of early
disease and loss of life. Indoor air pollution from energy poverty is the
fourth-leading cause of death globally.  

   Simple daily necessities like running water, preserving food, lighting homes
and creating warmth are what matter most to families without adequate power,
Boyce said. Satisfying these needs will require enormous amounts of energy:  
Bringing non-OECD nations to parity with the same per-capita energy use as the
European Union would require more than double the electricity than the world
uses today.  

   Boyce also said that addressing the immediate needs of the energy
impoverished must be paired with satisfying longer-term needs.  Electricity
demand growth is expected to climb nearly 70 percent by 2030, based on the
International Energy Agency’s current policy scenario.  Hundreds of millions of
people are expected to migrate to cities requiring more power, and world
population is forecast to grow beyond 8.3 billion people.

   All fuels are needed to address these challenges, Boyce said, noting 21st
century coal would be a major part of the solution given its large scale, low
cost and low emissions profile.  

   The concept of 21st century coal was introduced by the governments of China
and the United States in the context of an international partnership to advance
clean energy solutions from coal in 2009.  It includes high-efficiency
supercritical generation as well as today’s advanced coal technologies that
drive ultra-low emissions.  

   Coal is the world’s fastest-growing major fuel, according to the BP
Statistical Review of World Energy. Coal has created energy access for more
than 830 million people since 1990, largely in emerging economies, based on one
study. This equates to providing access to 13 times more people than wind and
solar.     

   The right approach, the right fuels and the right polices are essential to
combat energy inequality and improve the environment, Boyce said, appealing to
APEC members to take a leadership role in supporting five priority policies:

    1. Elevate the issue of energy inequality as a major priority for policy
       and action by APEC members and G20 nations.
    2. Recognize the tremendous impact of energy policy on all citizens and
       the importance of keeping energy available and costs low. Any new
       energy policy recommendations should show how energy access increases
       and energy affordability is strengthened.
    3. Embrace a true "all of the above" energy strategy that recognizes all
       quantifiable benefits and limitations for each fuel alternative. For
       coal, this includes supercritical technologies with advanced emissions
       controls for all new coal plants.
    4. Support continued investment in advanced coal technologies to minimize
       emissions and drive down costs.
    5. Promote development bank funding to expand broad electricity access in
       emerging markets.

   "Access to clean, affordable electricity is the catalyst to lift billions to
better, longer lives," Boyce said.  "We must all work to advance solutions to
improve the human condition."   

   The APEC CEO Summit was initiated in 1996 and is expected to draw 21 APEC
economies this year along with 16 other nations and regions, including heads of
state, top CEOs and policy makers.  

   For those who want to learn more about alleviating energy poverty,
increasing access to low-cost electricity and technology solutions, visit:
www.AdvancedEnergyForLife.com and Advanced Energy for Life on Facebook
[http://www.facebook.com/advancedenergyforlife ] and YouTube [
http://www.youtube.com/channel/UC21HyLm-tBdetQBAoBBL2fQ ].  Use our Twitter
handle @AdvancedEnergy [https://twitter.com/advancedenergy ].

   Peabody Energy is the world’s largest private-sector coal company and a
global leader in sustainable mining, energy access and clean coal solutions.

   CONTACT: Sophie Birse
            +1-314-308-3363

     Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20120724/CG44353LOGO
     Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140226/CG70548LOGO

    SOURCE: Peabody Energy