2014年11月10日

クァンタム マテリアルズ社

クァンタム マテリアルズ社、研究員増強に伴い研究棟スペースを4倍に

クァンタム マテリアルズ社、研究員増強に伴い研究棟スペースを4倍に

AsiaNet 58525

PRESS RELEASE 

平成26年11月10日 


クァンタム マテリアルズ社、研究員増強に伴い研究棟スペースを4倍に

サンマルコス市(テキサス州)/平成26年11月10日: –  クァンタム マテリアルズ社 (OTCQB: QTMM)は本社を置くSTARテクノパーク(サイエンス、技術、アカデミック科学技術パーク)との間で同テクノパークから着工済み最先端科学研究施設及びオフィス・スペースの増設(2015年6月完成予定)に伴い新施設内にこれまでの4倍にあたる量子ドット製造スペースを提供する契約を締結したと発表した。クァンタム マテリアルズ社はまた2015年1月時点での研究スタッフ倍増に向け科学者の雇用を促進している。

写真 – http://photos.prnewswire.com/prnh/20141105/156698
ロゴ – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

クァンタム マテリアルズ社創設者兼CEOのスティーブ・スクアイヤは、「我々の製品・技術が国際的トップクラスの最先端技術企業が要望する業界基準を満たす水準に到達している事に大変満足している。」と述べ、さらに「今回の製造施設増強は次世代TVやディスプレイ、ソリッド・ステート ライティング及び太陽光発電業界からの製品需要に応えるという我々のコミットメント・レベルを表すものだ。業界トップ・レベルの科学者や化学者をサンマルコスに招聘し顧客毎の要件を満たし量産化に向けて最適化された非重金属系テトラポッド型量子ドットや多重シェル化技術の開発を継続していく。」と付け加えた。

ロイター社最新ニュース記事ではサムソン及びLGの両社が有機エレクトロルミネッセンス型(OLED)TVよりむしろ次世代型超高精細TV製造に注力し、同製品開発における量子ドット技術の採用発表を取り上げた。記事によれば業界アナリストは55型TVにおいてOLED型TVの価格が既存LCD型TVに比べ5倍程度になると予想する反面、量子ドット適用型TVでは既存LCD型TVのわずか35%コスト増で購入可能になるだろうと予想している、と記載している。クァンタム マテリアルズ社の特許取得済み量子ドット自動生成技術は量産スケールをベースに各メーカーの製造コスト削減に一層寄与するものとなる。

今日、既に重金属系(カドミウム・ベース)量子ドット型TV製品がいくつか市場で販売されている。クァンタム マテリアルズ社はカドミウム使用による環境的問題と懸念を十分理解し、超高精細テレビ用ディスプレイ市場向けに特許取得済み技術を駆使した非重金属系(NHM)量子ドット製品の開発に現在注力している。市場調査報告ではNHM系量子ドットは環境適応型製品として認識される反面、業界において量産化移行できるだけの品質や生産量、また信頼性やコスト面での各要件がまだ充足されていないとしている。クァンタム マテリアルズ社では同社が所有する知的財産(IP)、自動化製造プロセス、優秀な研究開発要員などの総合力によりこれらの課題は乗り越えられるものと確信している。


クァンタム マテリアルズ社に関して
クァンタム マテリアルズ社は自動生成プロセスによりメディカル、ディスプレイ、太陽電池、照明などのアプリケーション向けに使用されるテトラポッド型量子ドットの製造を行っている。クァンタム マテリアルズ社の量産生成技術は低コストで高品質、高信頼性の量子ドット製品を量産可能にすることで革新的技術の発見から商業生産体制確立への実現を支援していく。(http://www.qmcdots.com )  QMC子会社のソルテラ リニューアブル テクノロジーズ社はシリコンベースの太陽電池に代わり低コストでフレキシブルな量子ドット型薄膜太陽電池を適用した太陽光発電技術の開発を行っている。 (http://solterrarenewable.com )


1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項への対応
このプレス・リリースは弊社の事業、製品、財務状況に関してリスクまたは不確定要素を含んでおり、将来予想に関する記述内容と実際に生じる結果とは異なる可能性がある。弊社の事業、製品、財務状況に関わる潜在的リスク要因に関する情報は証券取引委員会("SEC")に申告された弊社の年次報告書や付随して提出された資料に記載されている。全ての資料は証券取引委員会の電子開示システム(EDGAR) http://www.sec.gov/ 或いはwww.QMCdots.com で閲覧することが可能である。弊社は将来予想に関する記述を含む上記の記載内容を以降のイベントや状況に反映させるための公的な更新に関して如何なる義務も負わない。


お問い合わせ:
安藤利徳
クァンタム マテリアルズ社
アジア担当ディレクター
toshi@qmcdots.com
国番号(1)510-300-4021


メディア:
Rich Schineller (リッチ・シュネラー)
rich@prmgt.com
国番号(1)941-780-8100


(日本語リリース:クライアント提供)


Quantum Materials Corp to Quadruple Lab Space and Add Scientists

PR58525

SAN MARCOS, Texas, Nov. 10, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —


Quantum Materials Corp (http://www.qmcdots.com/) (OTCQB:QTMM) today announced
it has signed an agreement with STAR Park that will quadruple the Company’s
Quantum Dot production space when the new state-of-the-art lab and offices are
completed on or before June 2015. The Company is also recruiting to double its
scientific staff effective January 2015.

Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20141105/156698

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

"It is extremely gratifying that our work is meeting with industry acceptance
from some of the most technologically advanced companies in the world," said
Quantum Materials Founder and CEO Stephen Squires. "Our expansion demonstrates
our commitment to meet the demands of next-generation television and display,
solid-state lighting and solar energy manufacturers. We will be bringing to San
Marcos top scientists and chemists to develop non-heavy metal tetrapod quantum
dots and thick-shell technology to optimize them for each client’s purpose and
to their true commercial potential."

In a recent Reuters News article (
http://www.reuters.com/article/2014/10/30/us-samsung-elec-lg-elec-television-idUSKBN0IJ2LV20141030?feedType=RSSfeedName=technologyNews
) Samsung and LG Display discussed the use of quantum dots to create the
next-generation Ultra High Definition televisions rather than Organic Light
Emitting Diodes (OLED). In the article an industry analyst estimates that a
55-inch quantum dot TV would only cost consumers about 35 percent more than a
current LCD TV, while an OLED TV could be 5 times more expensive. Quantum
Materials’ patented and automated process for quantum dot manufacture can
further reduce manufacturer’s costs through economies of scale.

At this time, there are a few heavy metal (Cadmium-based) quantum dot
televisions on the market. Quantum Materials is aware of ecological concerns
about Cadmium and is currently developing non-heavy metal (NHM) quantum dots
under Company-owned patents for the Ultra High Definition display market.
Industry research has shown NHM quantum dots to be environmentally friendly but
have yet to demonstrate NHM quantum dots of a quality, quantity, reliability
and price necessary to justify industrial production. The company believes
these problems will be overcome with our current intellectual property,
automated processes and top scientific personnel.

About Quantum Materials Corp

Quantum Materials Corp develops and manufactures Tetrapod Quantum Dots for use
in medical, display, solar energy and lighting applications through its
patent-pending volume production process. QMC’s volume manufacturing methods
enable consistent quality and scalable cost reductions to drive innovative
discovery to commercial success. (www.qmcdots.com) Wholly-owned subsidiary
Solterra Renewable Technologies develops sustainable solar technology by
replacing silicon wafer-based solar cells with high-production, low-cost,
efficient and flexible thin-film quantum dot solar cells.
(www.solterrarenewable.com)
Safe Harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of
1995

This press release contains forward-looking statements that involve risks and
uncertainties concerning business, products, and financial results. Actual
results may differ materially from the results predicted. More information
about potential risk factors that could affect our business, products, and
financial results are included in our annual report and in reports subsequently
filed with the Securities and Exchange Commission ("SEC"). All documents are
available through the SEC’s EDGAR System at http://www.sec.gov/ or
www.QMCdots.com . We hereby disclaim any obligation to publicly update the
information provided above, including forward-looking statements, to reflect
subsequent events or circumstances.

Contacts:

Business Inquiries:
Art Lamstein
Director of Marketing
+1 415.609.4969  
artlamstein@QMCdots.com

Media:
Rich Schineller
+1 941.780.8100  
rich@prmgt.com

Investor Relations:
Clay Chase
SD Torrey Hills Capital
+1 858 456-7300  
cc@sdthc.com

SOURCE: Quantum Materials Corp