CMメインカット

2014年11月5日

東和薬品新CM 黒柳徹子さんと南こうせつさんが人生のターニングポイントとなった“センタク”を告白!

2014年11月5日

東和薬品株式会社

~ジェネリック医薬品の<東和薬品>の新テレビCM ~
黒柳徹子さんと南こうせつさんが対談
人生のターニングポイントとなった自らの“選択センタク”を告白!
2014年11月6日(木)から全国でオンエア開始

東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎)は、“人生のセンタクの岐路に立つ、すべての人々を応援したい”という趣旨で今春から展開している「ワタシの、センタク。」プロジェクトのテレビCM『くすりの、センタク。』篇(30秒)を、本年11月6日(木)から全国で放映します。本作は、当社のCMの顔として11年目を迎える黒柳徹子さんがアーティストの南こうせつさんを初のゲストに招き、人生のターニングポイントとなったセンタクを語ってもらう、息の合った対談が見どころの作品となっております。

■TV-CMと「ワタシの、センタク。」プロジェクトについて                            当社は今春から、「ワタシの、センタク。」プロジェクトと銘打ち、生活、健康、キャリアなど、さまざまな人生の“センタク”を迫られる50代を中心に、参考となる情報コンテンツの提供やイベントの開催などの活動を通じて、人々の“センタク”を応援するキャンペーンを展開しています。
今回、黒柳徹子さんとアーティストの南こうせつさんに出演いただき、同キャンペーンのCMを制作しました。当社のCMの顔として11年目を迎える黒柳さん。本作では、彼女と「ワタシの、センタク。」をテーマに語り合うのに相応しい対談相手として、これまでさまざまな岐路(=センタク)を経て、今なお第一線で活躍される南さんに出演をお願いし、快諾をいただきました。黒柳さんと南さんはかねてから親交があり、撮影はリラックスした和やかなムードの中で進みました。

■CMストーリー(30秒)                                            
やわらかな日光が差し込む空間で、黒柳徹子さんと南こうせつさんが「ワタシの、センタク。」をテーマに対談するシーンからスタートします。「30代の頃に移住を決めたんです。“自然の中で暮らそう”ってね。これは自分の強い意志でセンタクしたんです」と自身のセンタクを語る南さん。それを聞いた黒柳さんが「すばらしいことね。それってね、おくすりもそうなんです。」と返します。黒柳さんの意外な返答に、少し驚いたような表情で「くすりですか?」と訊ねる南さん。ここで、病院で医師とくすりについて相談し、「ジェネリック医薬品を希望します」と書かれたカードを提示する患者さん、続いて、薬局で「ジェネリック医薬品を希望しますか?」という質問票の「はい」の欄にチェックを入れる患者さんのシーンが入ります。そこに、「おくすりはご本人が飲むものでしょ。だからジェネリックという選択は、自分で決めることが大切なんです。」という黒柳さんのナレーションが重なります。黒柳さんの説明に納得した表情の南さんが、黒柳さんと声を揃えて「私は、ジェネリック。私は、東和薬品」というメッセージで締めくくります。

■撮影エピソード                                                           
◇息ピッタリの掛け合いで順調に進行
監督の説明を真剣な表情で耳を傾けていた黒柳さんと南さんは、さっそく二人で台詞合わせ。ジェネリック医薬品のCM出演11年目を迎える黒柳さんは、初心者の南さんに、自らの言葉でその良さや大切さを熱心に説明する場面も。息の合った練習と、ジェネリック医薬品に対する納得・共感もあり、本番1回目から自然な雰囲気で撮影が進み、現場の空気もすっかり和みました。

◇南さんが黒柳さんをやさしくエスコート
スタジオ舞台につながるスロープを黒柳さんが上る際、南さんが颯爽と現れてエスコート。最初は遠慮していた黒柳さんですが、南さんの紳士的な振る舞いに照れながら手を取り、笑顔でエスコートに応じていました。

◇社長との談笑中に浮かんだ歌詞
南さんが手掛けた今回のCMソング、撮影当日はまだ制作途中でした。社長の吉田と談笑中、「こころの笑顔を大切に」という当社の企業理念に共感していただいた南さんが、制作中の歌詞のイメージの変更を社長に提案。南さんは、「社長の言葉がヒントになり、うまく仕上げることができました」と満足そうに語っていました。

◇完成前のCMソングを披露
休憩中、南さんは完成間近のCMソングを黒柳さんに披露。心地よいギターの音色を、目を閉じて聴いた黒柳さんは「やっぱり音楽はいいですね」とコメントし、二回目は一緒にリズムを取って、とても楽しそうにしていました。

◇次から次へと浮かんでくるユーモアあふれる黒柳さんの「ワタシの、センタク。」
ウェブサイト用の動画撮影では、ご自身の「ワタシの、センタク。」について、黒柳さんと南さんに自由に語っていただきました。最初は「毎日すごくたくさんの選択をしているから、どんな選択のお話をさせていただこうかしら?」と悩んでいた黒柳さんですが、話しているうちにどんどん頭に浮かんできたようで、「やっぱり結婚したことですね~うそうそ…」、「子供を産もうと考えたことですかね~うそうそ…」など、ユーモアを交えた、「仮のセンタク昔話」をたくさん披露してくださいました。

◇お茶目な黒柳さんに、南さん&スタッフ一同大爆笑!
CM撮影終了後、南さんに「またいつか逢いましょうね~」と挨拶した黒柳さん。ところが、まだ対談インタビュー収録が残っていて、着替えた後、再びスタジオで南さんの姿を見つけた黒柳さんは「あら、さっきのでお別れと思って、丁寧に挨拶したのに、またお逢いしましたね」とコメント。次の瞬間、現場は大爆笑に包まれました。CM撮影について、「徹子さんとの共演が嬉しくて、とても楽しかった」と振り返った南さん。黒柳さんも「いつもは一人の撮影で寂しかったけど、今回は南さんがいてくれたおかげで寂しくなく、楽しかった」と笑顔で語っていました。