2014年11月6日

不眠に関する意識と実態調査を実施

2014年11月6日

MSD株式会社

MSD株式会社
不眠に関する意識と実態調査を実施
― 日本人の約4割に不眠症の疑いあり ―

MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ)は、全国の20歳から79歳の男女7,827名を対象に、不眠に関する意識と実態を明らかにするための調査を実施しました。

日本の成人3人のうち1人が、「寝つきが悪い」「睡眠中に何度も目が覚める」「朝早くに目が覚める」など何らかの不眠症状に悩んでいると言われています※。今回の調査でも、国際的な不眠症判定法により不眠症の有無を確認したところ、対象者の約4割に不眠症の疑いがあるという結果がでました。

不眠症は日中の生活の質を低下させ、うつ病の危険因子であることが明らかにされています。MSDは、今後も疾患に関する認知向上に努め、不眠症状に悩む方や患者さんのQOL向上に貢献してまいります。
※1Furihata R et al. Sleep medicine 2012 13 (7) 831-837

主な調査結果は、以下の通りです。

■約4割に「不眠症の疑いがあり」、約2割が「不眠症の疑いが少しある」
・国際基準「アテネ不眠尺度」によると、今回の調査対象者の約4割(38.1%)が「不眠症の疑いがある」、約2割(18.4%)が「不眠症の疑いが少しある」と判定された。

■不眠症の疑いあり層は、不眠によって「日中のパフォーマンスが、3割以上ダウンする」
・睡眠がとれて、日中思いどおりに活動できることを100点とした場合、現在の自己採点では、不眠症の疑いなし層が「87.3点」、疑いがあり層「64.5点」と3割以上の減点。不眠症状が強まるほど、日中のパフォーマンスがダウンする。

■不眠症の疑いあり層の約6割は、「不眠症の自覚なし」一方で、不眠症の疑いあり層で、不眠症の
 自覚があっても、約7割が「受診せず」
・不眠症の疑いがある人で、「自分が不眠症ではないかと思う」(35.2%)のは3人に1人で、残りの約6割(64.8%)は不眠症の自覚なし。
・不眠症の自覚症状がある人でも約7割が「医師に相談したことはない」(69.0%)と、受診せず。

■疑いあり層は、脳の覚醒を促す「就寝前に不安感、緊張感がある」人の割合が、疑いなし層の約4倍
 行動面でも、疑いあり層の9割が、就寝前に「テレビ、スマホ操作、寝酒」等をして、脳の覚醒を助長
・不眠症の疑いあり層(58.5%)は、疑いなし層(19.5%)に比べてストレスを感じている。
・脳の覚醒を引き起こす、就寝前に「不安感」、「憂鬱な気持」、「緊張感」を感じると回答した人の割合が、疑いあり層では、疑いなし層と比較して、約4倍にのぼる。
・不眠症の疑いあり層の約9割が、脳を覚醒させる「テレビ、スマホ操作、寝酒」などの行動をとる。

■不眠症治療薬に対し、服薬者の約7割が「不満」
・不眠症治療薬を飲んでいる人の約7割(71.0%)が、現在服薬している不眠症治療薬に対して不満がある。
・不眠症治療薬を飲んでいない人は飲んでいる人に比べ、不眠症治療薬は「怖い」「治らない」などネガティブなイメージが強い。


                                                                                                                以上


【MSDについて】
MSDは、すこやかな世界の実現を目指して努力を続けるグローバルヘルスケアリーダーです。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp をご参照ください。