2014年11月1日

石井裕也監督オリジナルショートムービー“メモリーズ・オブ・「バンクーバーの朝日」”独占放送!

2014.11.1

日本映画衛星放送株式会社

日本映画専門チャンネルと12・20公開の話題作「バンクーバーの朝日」がコラボレーション!
石井裕也監督オリジナルショートムービー
“メモリーズ・オブ・「バンクーバーの朝日」”独占放送!

日本映画衛星放送株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長 杉田成道)が運営する日本映画専門チャンネルは、映画「バンクーバーの朝日」との特別コラボレーション企画として、監督:石井裕也.出演:高畑充希によるオリジナルショートムービー「メモリーズ・オブ・『バンクーバーの朝日』」を制作!
日本映画専門チャンネルにて独占放送することが決定しました。

監督は、昨年「舟を編む」で日本アカデミー賞・最優秀監督賞、最優秀作品賞をはじめ国内映画賞を総なめにした今もっとも注目される若手映画監督・石井裕也。当作品は、一人の少女が現代の日本から、映画の舞台となった戦前のカナダ・バンクーバーの世界へと迷い込むファンタジー。映画製作スタッフが再集結し、石井監督ならではの映像世界を描き出します。出演は、映画はもちろん「ごちそうさん」、「軍師官兵衛」などTVドラマ、CM、舞台などあらゆるステージで注目を集め、映画「バンクーバーの朝日」では妻夫木聡演じるレジー笠原の妹・エミー役を務めた高畑充希。そして映画の見どころともなっている美術監督、原田満生による戦前のカナダ・バンクーバーの日本人街、白人街、野球場を再現した壮大なオープンセットをそのまま使用することで映画の世界へと誘います。
さらに、日本映画専門チャンネルでは、同じく高畑充希出演による期間限定コラボレーション・ステーションIDを新たに制作! 

また、チャンネルでは11月から3ヶ月にわたり「バンクーバーの朝日」公開記念として2つの総力特集を放送!

1.「総力特集 監督・石井裕也」(11~12月)
「舟を編む」などの近作に加え、「剥き出しにっぽん」「反逆次郎の恋」など初期の自主制作時代の作品や、どこにも発表されていない本邦初公開の爆笑ナンセンスコメディ「流しそうめん」を含む貴重な短編集を、石井監督自らの解説付きで放送。自主映画監督としてキャリアをスタートさせ、今や日本を代表する若手監督となった石井裕也の約10年の歩みを、お見逃しなく!

2.「総力特集 俳優・妻夫木聡」(12~1月)
「バンクーバーの朝日」で主演を務める妻夫木聡の主演作を一挙放送!2ヶ月にまたがり、「ウォーターボーイズ」など瑞々しい表情をみせた2000年代の青春映画や、三池崇史監督の「愛と誠<PG-12>」や井筒和幸監督の「黄金を抱いて翔べ」といった日本を代表する監督とタッグを組んだ近作など、バラエティに富んだ代表作の数々をお届けします。 

こちらもあわせてお楽しみください。

●12月20日(土)全国公開「バンクーバーの朝日」イントロダクション
戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実話を妻夫木聡を主演に迎えて映画化。1900年代初頭、新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や貧困、差別という厳しい現実に直面する。そんな中、日本人街に誕生した野球チーム「バンクーバー朝日」は、フェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、そんな彼らの姿は日系移民たちに勇気や希望をもたらし、白人社会からも賞賛と人気を勝ち取っていく。亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮。その他の共演に高畑充希、宮崎あおい、佐藤浩市ら豪華キャスト陣が集結した感動作。

●監督:石井裕也 プロフィール
05年に大阪芸術大学の卒業制作として監督した「剥き出しにっぽん」で、第29回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2007」でグランプリと音楽賞を受賞。第19回PFFスカラシップを獲得して製作した「川の底からこんにちは」(10年)で第53回ブルーリボン賞監督賞を歴代最年少で受賞した他、第32回ヨコハマ映画祭新人監督賞など多くの映画賞に輝いた。13年の「舟を編む」では、史上最年少で第86回米国アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出され、第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞も史上最年少で受賞し、その他の国内映画賞も多数受賞した。

●出演:高畑充希 プロフィール
1991年生まれ、大阪府出身。05年に山口百恵トリビュートミュージカル「プレイバックpart2~屋上の天使」のオーディションで主演の座を獲得し、07年から6年間に渡り「ピーターパン」の主演を務めるなど、ミュージカルで活躍しながらTVドラマ・映画への出演を重ねる。07年には“みつき”名義で歌手デビューも果たしており、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」劇中でその歌声を披露したことも記憶に新しい。本作では妻夫木聡演じるレジーの妹・エミー笠原役として作品中で重要な役回りを演じている。

●美術:原田満生 プロフィール
美術助手として阪本順治監督などの作品に多数参加した後、セットデザイナーを経て、98年「愚か者/傷だらけの天使」で美術監督を務める。その後、「顔」「ざわざわ下北沢」「亡国のイージス」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」など話題作の美術を次々手がけ一躍脚光を浴びる。12年「テルマエ・ロマエ」「北のカナリアたち」の2作品で第36回日本アカデミー賞優秀美術賞を受賞。石井裕也監督作品では「舟を編む」で美術を担当している。

【「メモリーズ・オブ・『バンクーバーの朝日』」放送スケジュール】
12月7日(日)深夜12時10分~深夜12時30分
12月11日(木)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)、24日(水)、28日(日)に再放送あり。

1.「総力特集 監督・石井裕也」(11~12月)
※各作品放送前には石井監督自身による解説つき!

【11月放送作品】
「剥き出しにっぽん<R-15>」(2005年)
「反逆次郎の恋」(2006年)TV初放送
「ガール・スパークス」(2007年)
「ばけもの模様」(2008年)TV初放送
「君と歩こう」(2010年)
「あぜ道のダンディ」(2011年)
「ハラがコレなんで」(2011年)

【12月放送作品】
「舟を編む」(2013年)
「石井裕也監督 初期短編集#1」TV初放送
「ラヴ・ジャパン」(2003年)       
「グレートブリテン」(2007年)          
「夢!イケメン大変身!」(2009年)      
「石井裕也監督 初期短編集#2」TV初放送
「流しそうめん」(2004年)未発表作  
「東京の空の雲はナタデココ」(2006年) 
「198X年の歌」(2009年)               
「幸子の不細工な天使たち」(2010年)   
出演:松本花奈/目黒真希/宮川浩明

2.「総力特集 俳優・妻夫木聡」(12~1月)

【12月放送作品】

「ウォーターボーイズ」(2001年) 
「SABU  さぶ」(2002年)    
「春の雪」(2005年)        
「どろろ<PG-12>」(2007年)  
「ブタがいた教室」(2008年)    
「ノーボーイズ、ノークライ」(2009年)
「愛と誠<PG-12>」(2012年)    
「黄金を抱いて翔べ」(2012年)   

【1月放送作品】
「ジョゼと虎と魚たち」(2003年)
「きょうのできごと a day on the planet」(2004年)
「69 sixty nine」(2004年)   
「憑神」(2007年)         
「感染列島」(2009年)       
「マイ・バック・ページ」(2011年)
※他作品調整中

■チャンネル名称:日本映画専門チャンネル
■視聴方法:スカパー!(BSch.255)/スカパー!プレミアムサービス(ch.634/ch.707)、スカパー!光/J:COM/ひかりTV/auひかり/ケーブルTV
■視聴可能世帯数:約750万世帯(2014年10月末調べ)  
日本映画専門チャンネル公式HP:http://www.nihon-eiga.com/