PDF リリース全文
(514KB)

2014年10月31日

グレンモーレンジィ「プライド 1978」を 11月1日(土)よりマンダリン オリエンタル 東京にて独占販売!

2014年10月31日

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

日本でわずか8本限定入荷:
熟成34年のグレンモーレンジィ「プライド 1978」を
11月1日(土)よりマンダリン オリエンタル 東京、
オリエンタル  ラウンジ及びラウンジ バーにて独占販売!


MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル13F、代表取締役社長 ジェイムズ・ペイトン TEL:03-5217-9777)は、グレンモーレンジィのシングルモルト・ウイスキーの最高峰「プライド 1978」を11月1日(土)よりマンダリン オリエンタル 東京のオリエンタル ラウンジ(38階)、ラウンジ バー(37階)にて販売いたします。

「プライド 1978」は、全世界で700本のみ販売しており、そのうち、僅か8本のみを日本に入荷しました。国内に入荷された8本は、すべてマンダリン オリエンタル 東京にて提供されます。提供価格は、グラス・オブ・プライド 36,000円(45ml)、テイスト・オブ・プライド18,000円(20ml)、ドロップ・オブ・プライド5,000円(5ml)になります。

1843年の創業以来、伝統と革新の融合を理念に掲げ、“Unnecessarily Well Made(この上なく完璧)”なチャレンジを続けているグレンモーレンジィの最高峰「プライド1978」は、熟成年数34年、グレンモーレンジィのウイスキー史上、仕上げ熟成に最も長い時間をかけた貴重なシングルモルト・ウイスキーです。1978年当初、優れた19年のヴィンテージを作ることで始まり、19年間熟成した後の1997年、グレンモーレンジィ蒸留製造責任者、ビル・ラムズデン博士はボルドーのグランクリュのワイナリーから5つの最高級樽を入手し、さらに15年の仕上げ熟成期間を経て完成しました。 「プライド1978」は、神々の極上の美酒を思わせる豊かで華やかな深みを持つゴールドの色と栗やキャラメル、チェリーのような芳醇な香りが特徴的です。


< 「プライド 1978」の販売記念  エクスクルーシブ・プレス・ディナー>

この度、マンダリン オリエンタル 東京での提供開始に先立って、10月14日(火)に、パノラミックな眺望を有する広東料理の名店「センス」にて、グレンモーレンジィ「プライド 1978」の販売を記念したプレス・ディナーを開催しました。ご招待したVIPゲストには「プライド 1978」をはじめ、グレンモーレンジィの定番商品、グレンモーレンジィ オリジナル、ラサンタ、18年を試飲いただき、広東料理とグレンモーレンジィの絶妙なフード・ペアリングをお楽しみいただきました。


<グレンモーレンジィと幅広いフード・ペアリングの楽しみ方>

グレンモーレンジィは、よく万華鏡に例えられます。すべてのグレンモーレンジィの商品の基本となっている    グレンモーレンジィ「オリジナル」には、バニラ、ピーチ、シトラスをはじめとする140種類ものアロマが確認されていますが、組み合わせる食べ物により味わいが次から次へと現れ、万華鏡をのぞいたときのような広がりを見せます。1本のウイスキーにこんなにも表情があるのかと感動を覚えます。

今回のディナーでは広東料理との意外な組み合わせをご紹介しましたが、グレンモーレンジィのフード・ペアリングは多彩であり、王道のフレンチはもちろんのこと、繊細な和食など多様な組み合わせでお楽しみいただけます。中でも、特に甘いスパイス (シナモン、八角/アニス、山椒)、フルーツのソース、甘酸っぱいソースがよく合います。


■11月1日よりマンダリン オリエンタル 東京での独占販売について
提供開始:2014年11月1日(土)から提供開始。※なくなり次第終了となります。
場所:マンダリン オリエンタル 東京
〒103-8328 東京都中央区日本橋室町2-1-1
TEL:03-3270-8800
「オリエンタル ラウンジ」38階 営業時間 7:00~25:00
「マンダリン バー」 37階 営業時間 11:30~26:00
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/
提供内容:グラス・オブ・プライド 36,000円(45ml)、テイスト・オブ・プライド18,000円(20ml)、ドロップ・オブ・プライド5,000円(5ml)にてご提供いたします。*料金は、別途8%の消費税に13%のサービス料を申し受けます。

■グレンモーレンジィ
グレンモーレンジィ・シングルモルト・スコッチウイスキーは、スコットランドのハイランド地方で生まれました。その地に立つグレンモーレンジィ蒸留所では、スコットランドで最も背の高いポットスティルでウイスキーを蒸留し、最高級のオーク樽で熟成させ、テインの男たちの熟練の職人技で丁寧に仕上げています。1843 年に設立された蒸留所は、伝統と最新技術を融合させるパイオニアとして高い評価を受け、こだわりぬいた「Unnecessarily Well Made(この上なく完璧)」な最高級のウイスキーを生み出しています。

■マンダリン オリエンタル  東京
マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして、2005年12月2日、東京・日本橋に開業しました。グループの理念である「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」をハード面はもちろんソフト面でも実現。館内デザインには「森と水=日本の自然」をモチーフに和の趣を取り入れ、スタイリッシュな中にも安らぎに満ちたラグジュアリーな空間を作り出しています。38階建ての日本橋三井タワー高層階に位置するゲストルームは全178室。50㎡以上のゆとりあるスペースに最先端のITを取り入れ、すべてのゲストルームから東京を眼下に見渡す眺望をお楽しみいただけます。館内には、充実した施設と数々の受賞歴を誇る直営スパ、11の料飲施設(2つのレストランがミシュラン1ツ星を取得)とグルメショップ、グランド ボールルーム(1)、バンケットルーム(4)、ミーティングルーム(6)、チャペルなどを完備しています。