大和ハウス工業

PDF リリース全文
(158KB)

2014年10月17日

気候変動パフォーマンス先進企業に選定されました

2014/10/17

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

気候変動パフォーマンス先進企業に選定されました

 大和ハウス工業(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、CDP(※1)が選定する「CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2014」において、気候変動パフォーマンス先進企業「クライメート・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス2014(以下、CPLI)」に選出されました。
 「CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2014」は、企業の気候変動緩和に対する活動に対し、CDPが開発した世界的な評価方法により順位付けする指標です。本レポートでは、気候変動に対する戦略や温室効果ガスの排出削減など、気候変動に対して望ましい対策をとっている先進企業をCPLIとして選定しています。今年度は日本の主要対象企業約500社のうち24社がCPLIに選出されました。

 当社は、カナダの出版社コーポレートナイツ社やブルームバーグ社等が選定する「世界で最も持続可能な100社」に4年連続で選出。世界的な社会的責任投資 (SRI)(※2)株式指数である「ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス(DJSI Asia Pacific)」にも2年連続で選出されています。
 今後も当社は、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、幅広い環境活動を通じてお客さまと共に新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指します。
※1.企業や都市の重要な環境情報を測定、開示、管理し、共有するためにグローバルシステムを提供するイギリスの国際的な非営利団体。
※2.企業への株式投資の際に、財務的分析に加えて、環境配慮や社会的活動などの評価、企業の社会的責任の評価を加味した投資手法。