マシンオートメーションコントローラNJシリーズ形NJ501-1340

PDF リリース全文
(910KB)

2014年10月6日

NJシリーズ形NJ501-1340を新発売 -半導体業界標準のSECS/GEM通信の設計工数を6割削減-

2014年10月6日

オムロン株式会社


マシンオートメーションコントローラNJシリーズ形NJ501-1340を新発売
半導体業界標準のSECS/GEM通信*1の設計工数を6割削減

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田義仁)は、マシンオートメーションコントローラNJシリーズに、半導体業界標準のSECS/GEM通信機能を搭載したCPUユニット形NJ501-1340をラインアップ追加し、設定用ソフトウェアSECS/GEMコンフィグレータ形WS02-GCTL1と共に、10月1日(水)より発売します。

半導体やFPD、LED、太陽光パネルの製造業界では、業界標準のSECS/GEM通信に対応した装置の開発が求められています。PLCなど装置制御用のコントローラを上位のホストコンピュータ(上位ホスト)に接続しSECS/GEM通信を行うには、中継用パソコンや専用通信ユニット/ソフトウェアを介する難解な設計が必要で、装置開発が高コストかつ長期化するという課題がありました。
今回、新しく発売する、形NJ501-1340は、装置制御と上位ホストとの通信機能を1つのCPUに融合した高性能コントローラで、中継パソコンや専用通信ユニットを介さずに上位ホストと直結し、SECS/GEM通信の実行環境を構築。NJシリーズは従来型のPLCとは異なり、変数プログラミング手法を採用しているため、面倒なアドレス設定・管理を行う必要がなく、SECS/GEMコンフィグレータによって、SECS/GEM通信を短期間で簡単に実行できます。
これにより、従来の中継用パソコンや専用通信ユニット/ソフトウェアを介した場合と比較して、SECS/GEM通信にかかる設計工数を6割*2以上削減できます。


■主な特長
1.コントローラが上位ホストに直結し、ローコストでのSECS/GEM通信を実現
・上位ホストとの通信用 中継パソコン/専用ユニット/専用ソフトウェアが不要
・CPUユニットが上位ホストに直結することで、装置の小型化を実現
・システム構成簡略化により装置全体のメンテナンス性が向上
2.SECS/GEMコンフィグレータで簡単設計
・NJシリーズの変数プログラミング手法により、面倒なアドレス設計が不要
・One CPUでSECS/GEM通信を実現。中継パソコンとマシンコントローラ間の通信が不要
・SECS/GEMコンフィグレータで設計が簡単。設計期間の短縮を実現
3.半導体製造装置の国際標準規格 SEMI規格対応
・半導体/FPD/LED/PV製造業界基準であるSEMI規格に対応し、グローバルな装置開発が可能
・SEMI規格 Full-GEM対応


■主な仕様/標準価格(税抜)
海外規格について
・記号については次のとおりです。U:UL、U1:UL(Class I Div 2 危険場所認定取得品)、C:CSA、UC:cULus、UC1:cULus(Class I Div 2 危険場所認定取得品)、CU:cUL、N:NK、L:ロイド、CE:EC指令、KC:韓国電波法登録。
・使用条件についてはお問い合わせください。


<NJ501 SECS/GEM搭載 CPUユニット>
【商品名称】
 NJ501 SECS/GEM搭載 CPUユニット
【仕様】
・入出力点数/構成ユニット装着台数(最大増設ラック数):2560点/40台(増設最大3ラック)
・プログラム容量:20MB
・変数容量:(2MB)電断保持、(4MB)電断非保持
・モーション軸数:16
【消費電流(A)】
・5V系:1.90
・24V系:-
【形式】
 形 NJ501-1340
【標準価格(¥)】
 オープン価格
【海外規格】
 UC1、N、L、CE、KC


<SECS/GEM コンフィグレータ>
新規ご購入の際は、本ソフトウェアのライセンスとSysmac StudioスタンダードエディションのDVDメディア両方をご購入ください。
本ソフトウェアはSysmac StudioスタンダードエディションのDVDメディアに同梱されております。ライセンス版にはインストール用DVDメディアは含まれておりません。

【商品名称】
 SECS/GEM コンフィグレータVer.1.□□
【仕様】
 SECS/GEM コンフィグレータは、NJ501 SECS/GEM搭載 CPUユニットのHSMS,SECSⅡ,GEM設定を行うソフトウェアです。
 次の環境で動作します。
 OS:Windows XP(Service Pack3以降、32bit版)/Windows Vista(32bit版)/Windows 7(32bit版/64bit版)
 Sysmac StudioスタンダードエディションのDVDメディアに同梱されています。
・ライセンス数:1ライセンス版
・メディア:-
【形式】
 形 WS02-GCTL1
【標準価格】
 オープン価格
【海外規格】
 -

オムロンは、NJシリーズを中核とする、Sysmacオートメーションプラットフォーム*3を2011年7月より発売、機械装置全体をひとつのコントローラで制御する新しいオートメーション技術として、世界中で顧客の機械装置や生産現場におけるモノづくり革新に貢献しています。Sysmacオートメーションプラットフォームは、シーケンス制御と、モーション制御、安全制御に、画像センシングを統合。サーボドライバや視覚センサなどの様々な入出力機器をシームレスにコントローラにつなぎ、従来のオートメーションでは実現できなかった制御を実現します。


■お客様からの問い合わせ先
オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
コントロール事業部 第2事業推進部 事業推進1課
担当:本条・杜
TEL:075-344-7149


■オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自のセンシング&コントロール技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、110を超える国や地域で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。詳細については、http://www.omron.co.jp/をご参照ください。


*1.SECS/GEM:SECSは、SEMI Equipment Communications Standardの略。GEMはGeneric Equipment Modelの略。半導体製造業界で使用する通信プロトコル(手順)。
半導体製造装置の国際標準規格SEMIで定められた仕様(SEMIスタンダード)のひとつで、全世界的に用いられ、半導体および液晶の製造装置や検査装置とホストコンピュータ間のメッセージ交換に関する通信インタフェースを定義している。
*2.当社試算
*3.Sysmacオートメーションプラットフォーム
“One Connection”により、マシンオートメーションコントローラを核に、入力機器から出力機器をシームレスにつなぎ、機械全体の制御をひとつのコントローラで実現するもの。また、IEC 61131-3(JIS B3503)に準拠し、“One Software”によりプログラミング機能、モーション動作設計機能、ネットワーク設定機能など接続機器をひとつのソフトウェアで対応することによりユーザに生産性革新を提供するもの。


Sysmacは、オムロン株式会社製FA機器製品の日本及びその他の国における商標または登録商標です。
SEMI(R)は、Semiconductor Equipment and Materials Internationalの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
EtherCAT(R)は、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。
その他、記載されている会社名と製品名などにつきましては、各社の登録商標または商標です。