2014年10月6日

Mercuria Energy Trading

MercuriaがJPモルガンの現物商品事業の買収を完了

MercuriaがJPモルガンの現物商品事業の買収を完了

AsiaNet 58117 (1087)

【ジュネーブ2014年10月4日PRN=共同通信JBN】Mercuria Energy Group(Mercuria)は4日、2014年3月に正式売買契約に調印していたJPモルガン・チェース(JPモルガン)の現物商品事業の買収を完了したと発表した。

Mercuriaのマルコ・デュナン最高経営責任者(CEO)は「Mercuriaを10年前に設立した時には、エネルギー中心の世界的なコモディティーグループへの発展を目標にした。今回の買収はその目標の実現につながる。わが社の体力と北米の石油・天然ガス事業を強化し、顧客層が増える。JPモルガンのエネルギーとガス市場における有能な人材と現物資産は、わがグループの既存の活動と資産をしっかりと補うことになる」と述べた。

Mercuriaは大手エネルギー・コモディティー・グループで、2013年の年商は1120億ドル。主にエネルギーを扱ってコモディティーのあらゆるバリューチェーンに携わり、コモディティーの取り扱いと戦略資産はうまくバランスが取れている。1000人以上が幅広い地域で市場の知識や多様性、業績を支えるために世界中の事務所で働いている。

Mercuriaに移籍するJPモルガンの従業員は、ヒューストンやロンドン、カルガリー、グリニッチ(米コネティカット州)、シンガポールといったMercuriaの取引拠点に主に配属される。

買収の一環としてMercuriaは、伝統ある倉庫・保管・出荷事業のHenry Bathを傘下に収める。MercuriaはHenry Bathを取引事業から切り離し、独立した子会社として運営する。

デュナンCEOは「この複雑な取引は、過去数年間にMercuriaが築いた経営チームだからこそ可能になった。買収が完了して取引部門のグローバル・ヘッドにマジド・シェノウダ氏(Magid Shenouda)、最高投資責任者(CIO)にシャミーク・クノル氏(Shameek Konar)を置き、そのほかの有能な人材を迎えることにより、Mercuriaの事業モデルは実質的に向上する。これによってわが社は、世界での立ち位置のバランスを取りながら、顧客や取引相手に提供できるサービスの幅がさらに広がることになる」と付け加えた。

Mercuriaの専門事業は、関連環境商品を含むエネルギー市場のあらゆる分野に及び、鉄鉱石やドライバルク輸送、ベースメタル、石油製品に広がる。グループは世界の石油・天然ガスの川上事業や石炭資産にも投資し、こうした投資が世界市場で同グループの地位を高めている。グループは石油製品の保管ターミナルや生産資産を含むしっかりしたインフラ機能を備えている。

ソース:Mercuria Energy Trading


Mercuria Closes Acquisition of J.P. Morgan Chase Physical Commodities Business

PR58117

GENEVA, Oct. 4 /PRN=KYODO JBN/ —

    Mercuria Energy Group, Ltd ("Mercuria") announced today it has successfully
completed the acquisition of J.P. Morgan Chase & Co ("J.P. Morgan") Physical
Commodities Business, following the signing of a definitive Purchase and Sale
Agreement in March of 2014.

    "When we founded Mercuria 10 years ago, it was our goal to develop a global
energy-focused commodities group," said Marco Dunand, Chief Executive Officer
of Mercuria. "This acquisition helps to bring that vision to reality by
building upon our physical power, gas and oil operations in North America and
by adding to our client base. J.P. Morgan’s talented professionals and physical
assets in the power and gas markets are highly complementary to the group’s
existing activities and assets."

    Mercuria is a leading energy and commodity group. With a 2013 turnover of
USD 112 billion, the Group, primarily focused on energy, is present all along
the commodity value chain with activities forming a balanced combination of
commodity flows and strategic assets. More than 1,000 people are operating from
offices worldwide to sustain the Group’s extensive business reach with their
market knowledge, diversity, and experience.

    J.P. Morgan employees transferring to Mercuria will primarily locate in
Mercuria’s trading hubs of Houston; London; Calgary; Greenwich, Connecticut;
and Singapore.

    As part of the acquisition, Mercuria acquires Henry Bath, the historic
metals warehousing, storage, and handling business. Mercuria will operate Henry
Bath as a stand-alone subsidiary independent from its trading operations.

    "This highly complex transaction has been made possible by building
Mercuria’s management team over recent years," added Dunand. "By adding
individuals like Magid Shenouda as Global Head of Trading and Shameek Konar as
Chief Investment Officer, and other highly competent professionals, we are
effectively scaling the Mercuria model with the completion of this acquisition.
This enables us to further extend the range of services we offer to our clients
and counterparties while balancing our global position."

    Mercuria’s expertise covers all segments of the energy market, including
associated environmental products, and extends to iron ore, dry-bulk freight,
base metals and petrochemicals. The Group also invests in upstream oil, gas and
coal mining assets around the world. These investments underpin the company’s
growing presence in the global market. The Group maintains sound infrastructure
capabilities, including oil petroleum products storage terminals and production
assets.

    SOURCE: Mercuria Energy Trading