PDF リリース全文
(77KB)

2014年10月3日

新規除草剤「フェノキサスルホン剤」の農薬登録取得について

平成26年10月3日

クミアイ化学工業株式会社

新規除草剤「フェノキサスルホン剤」の農薬登録取得について

クミアイ化学工業株式会社(社長:石原英助)は、平成26年10月3日付で、新規有効成分「フェノキサスルホン」を含有する水稲用除草剤として、単剤「ヒエカット」および混合剤「ガンガン」、「ベンケイ」、「クミスター」、「ヤブサメ」の農薬登録を取得しましたので、ご案内申し上げます。

フェノキサスルホンは、当社とイハラケミカル工業株式会社が共同で開発した独自のイソキサゾリン系骨格の除草剤有効成分で、ノビエを主対象とし、一年生広葉雑草、一部の多年生雑草にも有効で、環境や水変動による影響を受けにくく、残効性に優れています。フェノキサスルホンはその特長から、「安全で環境負荷の少ない国産水稲用除草剤の開発・実用化」として、農林水産業、食品産業等の向上に資する画期的技術の開発促進を目的とする平成19年度の民間実用化研究促進事業に採用されました。

水稲用初中期一発除草剤では、当社とイハラケミカル工業株式会社が先に共同で開発したピリミスルファンとの混合剤を中心に、2成分混合剤「ガンガン」、3成分混合剤「ベンケイ」、「ヤブサメ」、「クミスター」のラインアップを揃え、平成27~28年度からの販売を計画しております。当社以外でもフェノキサスルホンを含有する混合剤が開発されており、フェノキサスルホンは国内水稲分野で広く普及されることが期待されます。

当社は、引続き、「高品質で安全・安心な農産物の安定的生産に貢献する」ため、研究開発型企業として社会的に有用で、安全性の高い新規有効成分の開発を継続して参ります。