2014年10月2日

Xsight Systems Ltd.

Leidosがシアトル・タコマ空港に異物破片(FOD)自動探知システム設置へ 

Leidosがシアトル・タコマ空港に異物破片(FOD)自動探知システム設置へ 

AsiaNet 58108 (1085)

【シアトル2014年10月2日PRN=共同通信JBN】空港滑走路の安全は、航空機が移動中、異物や野生生物による危険を探知する先進的な異物破片(Foreign Object Debris、FOD)自動探知システムを導入することで改善される。Leidos(NYSE: LDOS)は、シアトル・タコマ国際空港の滑走路改良計画の一環として、シアトル港湾局から包括的なFOD探知システムに関する設置サービスを提供する元請け企業に指名された。この契約は継続的FOD探知システム契約として、港湾局の専門的な検討の後に決定された。

Leidosの完全子会社Varec Inc.は元請け業者として請け負い、Xsight Systems, Inc.はFODetect(R)ソリューションのOEM(相手先ブランドによる製造)プロバイダーになる。

シアトル・タコマ国際空港における自動FOD探知システムの実施は、米国内の空港に設置され完全に稼働する自動FDO探知システムのまだ2例目である。

FODetectは滑走路灯と併設される自動FODソリューションで、滑走路の安全性、運航効率を改善し、滑走路の利用率を増やすために現在利用できる最も強力なソリューションである。FODetectは継続的に運航区域をスキャンし、昼夜を問わず、荒れた気象状況下でもFOD、野生生物と機器状態の滑走路状況をモニターする鮮明な画像とレーダー処理アルゴリズムを使用する。このシステムは野鳥を他のFODと自動的に識別分離し、四六時中リアルタイムで空港の野生生物チームに警告を発する。このアップグレードされた製品は、滑走路での野鳥管理サイクルを完遂しながら、リアルタイムでリモートの聴覚による野鳥阻止を可能にする。

FODetectはボストンのローガン空港、テルアビブのベングリオン国際空港、バンコクのスワンナプーム国際空港で運用されている。FODspot(TM)サブシステムは、パリのシャルルドゴール国際空港に設置されている。

Leidosグループのラリー・ヒル社長は「シアトル港湾局は、運航上シアトル・タコマ空港のFODを継続的にモニターするという必要性が増したためFODetectシステムを選択した。システム導入によって、航空機用リベットのように小さな異物を前例のないレベルのスピードや正確さで探知を実行、識別し位置を確認することが可能になる。滑走路を使用中にFODを自動的に探知できる、現在市場に出ている唯一のソリューションを港湾局に提供できるのを誇りに思う」と語った。

▽ Leidosについて
Leidosはフォーチュン500(R)社に入る科学・技術ソリューションのリーダーであり、国家安全保障、ヘルス、エンジニアリングにおける世界で最も厳しい難題のいくつかに対処している。同社の2万1000人の従業員は、米政府や民間セクターで重要なミッションをサポートし、より良い結果を生み出すため革新的ソリューションを開発し、「新世界」の脅威から米国のデジタル・物理的インフラストラクチャーを防衛する。
http://www.Leidos.com

▽ Xsight Systemsについて
Xsight Systemsは、先進的滑走路用センサー・ソリューションのプロバイダーで、世界の主要空港から選ばれている。Xsight Systemsの滑走路向けソリューションは航空史上初めて、滑走路管理に関する新しいパラダイムを提供し、常時滑走路とその周辺に恒常的な管理を可能にする。Xsight Systemsは空港が滑走路をより効率的に管理するのを可能にし、滑走路が運航上安全で、安心でき、障害物がないと確信できるようにする。
http://www.xsightsys.com

▽問い合わせ先
Arik Fux
1-718-819-1750
marketing@xsightsys.com

ソース:Xsight Systems Ltd.


Automated FODetect(R) Solution by Xsight Systems to Help Enhance Seattle-Tacoma Airport Runway Safety

PR58108

SEATTLE, Oct. 2, /PRN=KYODO JBN/ —

Safety at airport runways could be improved with an advanced automated Foreign
Object Debris (FOD) detection system that detects foreign objects and wildlife
hazards between aircraft movements. Leidos [NYSE: LDOS] was awarded a prime
contract by the Port of Seattle (the Port) to provide implementation services
for a comprehensive FOD detection system to be installed as part of a runway
improvement project at Seattle-Tacoma airport. The contract was awarded, after
professional evaluation by the Port, under the Continuous (FOD) Detection
System contract.

Varec Inc., a wholly-owned subsidiary of Leidos, will serve as the prime
contractor and Xsight Systems, Inc. will be the original equipment manufacturer
provider of the FODetect(R) Solution.

This implementation of an automated FOD detection system at Seattle-Tacoma
airport will be only the second automated FOD detection system that has been
installed in a U.S. airport and that is fully operational.

FODetect is an automated FOD solution collocated with runway edge lights and is
the most powerful solution available today to improve runway safety,
operational efficiency and increase runway capacity. FODetect continuously
scans operational areas and uses sophisticated image and radar processing
algorithms to monitor runway conditions during day and night for FOD, wildlife
and equipment status – even during inclement weather conditions. The system
automatically separates birds from other FOD types, and automatically alerts
the airport’s wildlife team in real time 24/7.  The upgraded product enables
remote real-time auditory bird deterrence, completing the cycle of runway bird
management.

FODetect is operational at Logan Airport in Boston, Tel Aviv Ben-Gurion
International Airport and Bangkok Suvarnabhumi International Airport. FODspot(TM)
subsystem has been acquired by Paris’s Charles de Gaulle International Airport.

"The Port has selected the FODetect system to meet expanding operational
demands for continuous monitoring for FOD at Seattle-Tacoma airport. It will
enable viable sensing, identifying and locating at a previously unprecedented
level of speed and accuracy for objects as small as an aircraft rivets," said
Leidos Group President, Larry Hill. "We’re proud to provide the Port the only
solution available in the market that can automatically detect foreign object
debris between runway movements."

About Leidos

Leidos is a FORTUNE 500(R) science and technology solutions leader working to
address some of the world’s toughest challenges in national security, health
and engineering. The Company’s 21,000 employees support vital missions for US
government and the commercial sector, develop innovative solutions to drive
better outcomes and defend US digital and physical infrastructure from ‘new
world’ threats. http://www.Leidos.com.

About Xsight Systems

Xsight Systems is the provider of advanced runway sensor solutions, chosen by
leading airports worldwide. For the first time in aviation history, Xsight
Systems’ runway solutions present a new paradigm in runway management and allow
constant command over airport runways and their surroundings. Xsight Systems
enables airports to manage runways more efficiently and feel confident that
runways are safe, secure and clear for operations. http://www.xsightsys.com

Contact:    
Arik Fux
1-718-819-1750
marketing@xsightsys.com

Source: Xsight Systems Ltd.