2014年10月2日

CRI Online

72時間ビザなしトランジット滞在で北京への外国人観光客誘致を促進

72時間ビザなしトランジット滞在で北京への外国人観光客誘致を促進

AsiaNet 58116 (1083)

【北京2014年10月2日PRN=共同通信JBN】2013年、中国当局は外国人観光客の北京市内観光を促進し、短期滞在を満喫してもらうことを奨励するため到着旅客に対してビザなしで72時間のトランジット滞在を認める政策を導入した。それ以来2年近くが経過、当局は北京が国際的な観光地として認知され、その影響力を拡大することを目指して同政策を維持している。

北京はオンライン、オフラインを問わず、国内、国外でさまざまなイベントを主催して72時間ビザなしトランジット滞在を推進し、潜在的な外国からのツーリストの掘り起こしに努めている。例えばFacebookやTwitter、YouTubeなどのソーシャルメディアにアカウントを開き、72時間観光情報を掲載、更新している。市当局はソーシャルメディア上にクリエーティブなアプリを公開、国外のインターネットユーザーとの間で双方向ゲームを通じながら新しい観光ルートの紹介を行っている。

それに加えて北京は大手商用旅行プラットフォームであるtravelport.comと提携し、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリアなどからの旅行客を対象に優先的なトランジット便予約サービスを提供している。旅行計画を立てていない旅客に対しても気配りは欠かさない。北京の首都国際空港に到着すれば大手旅行会社のレセプションデスクは簡単に見つけられる場所にあり、さまざまな関心や好み、需要に応じてサービスをアレンジしてくれる。

将来、北京はいろいろな滞在時間に応じて6時間、12時間、24時間、それに48時間で観光できる旅行コースを開拓する。北京は世界各地と直行便で結ぶ路線を拡大し、一番快適で最も興味深い旅行ルートを準備して観光客を引き寄せる。

特に今年8月20日には北京市とCRI(中国国際放送局)Onlineの共催で全世界の聴取者向けに「感知北京(Feeling Beijing)」と題したオンラインコンテストを開始。10月20日までの期間中、全世界のインターネットユーザーはwww.cri.cn にログインしてコンテストに参加できる。イベントのウェブページは英語、ドイツ語、フランス語、日本語、韓国語で表示されている。コンテストの参加者は抽選で北京への無料旅行に招待され、イベント終了後に開かれる授賞式に出席する。

ソース:CRI Online


Beijing Boosts Inbound Tourism on 72-hour Visa Free Transit

PR58116

BEIJING, Oct. 2, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

    In 2013, Beijing began to conduct a ’72-hour visa free transit’ policy in
order to attract foreign tourists and to offer better chances for them to enjoy
a short stay in the city. Almost two years have passed; Beijing has continued
to take measures on this, aiming to expand its recognition and influence as an
international tourist destination.

    Beijing organized various online and offline events both at home and abroad
to promote the 72-hour visa free transit policy, in hopes to introduce it to
more potential foreign tourists. For example, the city opened accounts on
Facebook, Twitter, Youtube and other social media platforms, updating
information about 72-hour travels. The city also published creative apps on
social media, introducing newly-designed travel routines and products via
interactive games with foreign Internet users.

    In addition, Beijing started cooperation with travelport.com, a leading
travel commerce platform, providing preferential transit flight booking
services for tourists from countries including the United States, Britain,
Germany, France and Australia. Those who do not have travel plans could also be
well taken care of. After they arrive in Beijing Capital International Airport,
they can easily find the reception desks of big travel agencies, offering
services in arranging travel while catering to different interests, tastes and
needs.

    In the future, Beijing will explore travel routes that can be achieved in
different durations, like 6 hours, 12 hours, 24 hours or 48 hours. The city
will open more direct flights connecting other parts of the world, attracting
tourists with the most convenient service and the most amazing travel routes.

    Particularly, on August 20th this year, Beijing and CRI Online (China Radio
International), jointly held an online contest for global audiences titled
‘Feeling Beijing.’ The event will last till October 20th. During the event,
global Internet users can log on to www.cri.cn, and find contest webpages in
languages including English, German, French, Japanese and Korean. Those who
compete in the online contest will have the chance to win a free trip to
Beijing and attend the award ceremony after the event concludes.

    SOURCE: CRI Online