2014年10月2日

Intellectual Property Exchange International, Inc. (IPXI)

IPXI、無線通信のための必須特許の複数当事者オファリングを発表

AsiaNet 57966

IPXI、無線通信のための必須特許の複数当事者オファリングを発表

一流の会社、大学、および研究機関のスポンサーがIEEE 802.11nに関する
ULRコントラクトに集結

シカゴ発、2014年10月2日 ― 世界初の知的財産権のライセンシングおよび取引を行う国際知的財産取引所は本日、世界で最も広く採用されている無線技術に関する標準プロトコルを含んだ標準必須特許(SEP)技術の複数当事者(マルチパーティ)オファリングを発表した。このユニット・ライセンス権TM(ULRTM)コントラクトは、一流のコンシューマーエレクトロニクスおよび通信会社、大学や研究機関を含む8機関の特許権に基づくものであり、無線ラン(wireless local area network=WLAN)通信におけるより高い処理能力のためのIEEE 802.11n標準に必須のものである。

本件802.11nマルチパーティ・オファリングの特許出者は:
 ・コロンビア大学
 ・フラウンフォファー ゲゼルシャフト(FhG)
 ・株式会社JVCケンウッド
 ・フィリップスN.V.
 ・三菱電機研究所 インコーポレイテッド(MERL)
 ・オランジェ S.A.(フランステレコム)
 ・ソニー株式会社
 ・カリフォルニア大学

本件オファリングは20ヶ国弱の国々で発行された200弱の特許を含んでいます。各ULRコントラクトはこれらの特許に基づく1,000個のチップセットの生産および販売に係る非排他的ライセンス権を供給するものである。

802.11n標準に則った無線チップセットはスマートフォン、タブレット、PC、アクセスポイント、ルーター、およびゲートウェイ等の商品によく使用されている。これらのチップセットは無線通信技術を構成するために必要な部品であり、標準に準拠することによりデバイス間の相互運用性を推進するものである。技術市場の一流調査企業であるインターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)提供のデータに基づいたIPXIの分析によれば、2019年の終わりまでに、IEEE 802.11n標準に準拠した本件マルチパーティ・オファリングがカバーする国々で約80億個の無線チップセットが生産または販売されるであろうと予測されている。

このオファリングは将来、802.11nオファリングの追加参加者のために、今後に発行されるシリーズに転換できるよう構成されている。

シリーズ1 ULRコントラクトの早期購入者は、過去における標準必須特許の使用に係る債務から解放される仕組みであるIPXI 802.11nアムネスティ(免責)プログラムの特典を利用することができる。更には、シリーズ 1の購入者は、シリーズ 1で未使用のコントラクトを後続シリーズに割引価格で転換でき、かつシリーズ 1で使用したコントラクトで追加の支払いをせずに債務の免責を受けることができる。

標準をベースとするライセンシングに対するIPXIのアプローチは、自らのRAND(合理的かつ非差別的)ライセンシング債務に対するソリューションを期待する他のSEP保有者の関心を惹きつけた。今般IPXIは次のシリーズで、追加の特許保有者の付託を受け入れる予定である。

IPXIの社長兼最高経営責任者であるジェラード パネクックは次のように述べた:「複数特許保有者による標準特許のライセンシングは、ULRコントラクトのプールを通して、技術のより広い採用を推進する一方、技術提供者の取引コスト削減にプラスの効果を齎した。このオファリングは、RANDの必要条件に適合する新しいパラダイムを確立することにより、SEPライセンシングの里程標となった。標準化され、非差別を基本とするIPXIコントラクトはマーケットベースで値決めを行うため、二当事者間交渉でのRANDコンプライアンスの決定に係る問題点を解決できる理想的な方法である。」

本件オファリング関連の書類はデータルームにあり、IPXIのウェブサイトからアクセス可能である。


IPXIについて

IPXIは知的財産権のライセンシングおよび取引を行う世界初の金融取引所である。IPXIのミッションは、知的財産のための中央市場を創ることにより、知財保有者、投資家、およびトレーダーの価格発見、取引の効率化、およびデータ配布に対するニーズに応えることである。IPXIはCBOE Holdings(Nasdaq: CBOE)やKoninklijke Philips N.V. (Philips) (NYSE:PHG)を含む米国とヨーロッパの投資家から出資を受けている。IPXIのメンバーは世界でも有数な革新的一流企業と名門で一流の大学と国立研究所を含む。IPXIのメンバーは:Ford Global Technologies, LLC; Philips Intellectual Property & Standards; JPMorgan Chase Bank, N.A.; Sony Corporation of America; Panasonic Intellectual Property Corporation of America; the Regents of University of California; Columbia Technology Ventures; Northwestern University; Lawrence Livermore National Laboratories; Fraunhofer-Gesellshaft等。 IPXIに関する更なる情報については、Exchange Fact Sheetをご覧いただくか、www.ipxi.comをお訪ねください。

(日本語リリース:クライアント提供)


IPXI(R) Announces Multi-Party Offering for Wireless Communications Standard Essential Patents

PR57966

CHICAGO, Oct. 2, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

   –Leading Companies, Universities and Laboratories Sponsor Pooled ULR
             Contract on IEEE 802.11n

Intellectual Property Exchange International, Inc. (IPXI), the world’s first
financial exchange for licensing and trading intellectual property (IP) rights,
today announced a multi-party offering for standard essential patents (SEPs)
involving the world’s most widely adopted standard protocol for wireless
technology. The offering of Unit License Right(TM) (ULR(TM)) contracts is based
on patent rights from eight organizations — including leading consumer
electronics and telecommunications companies, universities and research
laboratories — whose rights are considered essential to the IEEE 802.11n
standard for higher throughput in wireless local area network (WLAN)
communications.

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20130605/CL26839LOGO

The patent contributors to the 802.11n multi-party offering are:
    –Columbia University
    –Fraunhofer-Gesellschaft
    –JVCKENWOOD Corporation
    –Koninklijke Philips N.V.
    –Mitsubishi Electric Research Laboratories, Inc.
    –Orange S.A.
    –Sony Corporation
    –University of California

The offering includes nearly 200 essential patents issued in nearly 20
countries. Each ULR contract provides a non-exclusive license under the patents
for the manufacturing and sale of 1,000 wireless chipsets.

Wireless chipsets that comply with the 802.11n standard are found in popular
products such as smart phones, tablets, personal computers, access points,
routers and gateways. These chipsets are necessary components of wireless
network technology, and compliance with the standard promotes device
interoperability. According to analysis performed by IPXI on data provided by
International Data Corporation (IDC), a leading technology market research
firm, by the end of 2019 approximately 8 billion wireless chipsets compliant
with the IEEE 802.11n Standard will have been manufactured or sold in countries
covered by the SEPs in the 802.11n multi-party offering.

The offering is structured as a series of convertible ULR contracts, allowing
additional owners of 802.11n essential patents to join the offering in the
future.

Early purchasers of Series 1 ULR contracts can take advantage of IPXI’s 802.11n
amnesty program, which provides the purchasers a release from liability for
past use of the SEPs at a significant discount. Additionally, Series 1
purchasers will be able to convert unused Series 1 ULR contracts to a later
series at a reduced price and, for used Series 1 ULR contracts, obtain a
release from liability without additional payment.

IPXI’s approach to standards-based licensing has attracted interest from other
802.11n SEP owners seeking a solution to their RAND (reasonable and
non-discriminatory) licensing obligations. IPXI is now accepting submissions
from additional patent owners for upcoming offerings in the series.

IPXI President and Chief Executive Officer Gerard Pannekoek said: "Licensing
standard essential patents from multiple patent owners through a pooled ULR
contract will have a significant positive effect on decreasing transaction
costs for technology implementers while promoting the wider adoption of a
technology. This offering marks a milestone for SEP licensing, establishing a
new paradigm for compliance with RAND requirements. IPXI’s standardized
contracts offered on a non-discriminatory basis and with market-based pricing
are ideally suited to resolve the many issues involved with determining RAND
compliance through bilateral negotiations."

A data room ( https://trade.ipxi.com/dataroom_requests/new?u_id=6&dr_id=4 ),
with due diligence documents related to the offering, is accessible from the
IPXI website.

About IPXI

IPXI ( http://www.ipxi.com/ ) is the world’s first financial exchange for
licensing and trading intellectual property rights. The mission of IPXI is to
meet the price discovery, transaction efficiency and data distribution needs of
intellectual property owners, investors and traders by creating the central
marketplace for tradable IP assets. IPXI is funded by a group of U.S. and
European investors, including CBOE Holdings, Inc. (Nasdaq: CBOE) and
Koninklijke Philips N.V. (Philips) (NYSE: PHG). IPXI members include some of
the world’s leading innovative corporations and most prestigious universities
and national laboratories. Among the IPXI members are: Ford Global
Technologies, LLC; Philips Intellectual Property & Standards; JPMorgan Chase
Bank, N.A.; Sony Corporation of America; Panasonic Intellectual Property
Corporation of America; the Regents of the University of California; Columbia
Technology Ventures; Northwestern University; Lawrence Livermore National
Laboratory and Fraunhofer-Gesellschaft. For more information on IPXI, please
see the Exchange Fact Sheet (
http://www.ipxi.com/public-files/IPXI-fact-sheet.pdf ) or visit www.ipxi.com.

SOURCE: Intellectual Property Exchange International, Inc. (IPXI)

CONTACT: Ellen G. Resnick, Crystal Clear Communications, +1-773-929-9292;
+1-312-399-9295 (cell), eresnick@crystalclearPR.com