PDF リリース全文
(282KB)

2014年10月1日

大学サークルのプラットフォームアプリ「サークルアップ」が「2014年度グッドデザイン賞」を受賞

2014年10月1日

株式会社電通

大学サークルのプラットフォームアプリ「サークルアップ」が
「2014年度グッドデザイン賞」を受賞

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)、株式会社スポーツITソリューション、株式会社ユーキャンパスが共同で開発した大学サークルのプラットフォームアプリ「サークルアップ」が、「2014年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

「サークルアップ」は大学サークル専用アプリとして電通若者研究部のメンバーを中心に開発され、OB・OGを含めた学年ごとの名簿機能、イベント毎にメンバーの撮影した写真を集約するアルバム機能、企業からの協賛窓口となるオファー機能など、今まであいまいな存在だった「大学サークル」という存在に注目し、社会や企業との新しい関係性をデザインしているウェッブサービスです。2013年にスタートし、2014年10月現在、200大学1600サークルが登録しています。
グッドデザイン賞では「SNSは大多数が活用しているが、まだ手をつけていない人もいる。そのような中で、メーリングリストをうまく置き換えるという発想で作られた『サークルアップ』は、アプリだけ見るとSNSに見えるが、裏側はメーリングリストになっている。日程調整に便利なアンケート機能など、メーリングリストだけでは不便な機能をうまく統合し、さらに企業との結びつきを強める役割も果たしており、コミュニケーションツールをうまく再開発した事例」と高く評価されました。
当社では今回の受賞を契機に同じく大学生向けアプリとしてオーシャナイズ社が開発した「タダコピアプリ」などの大学関連サービスと提携した広告プラットフォームの開発に着手するなど、より大きな大学サークルのプラットフォーム構築を進めてまいります。
          
グッドデザイン賞受賞展「グッドデザインエキシビション2014」で「サークルアップ」が紹介予定
10月31日(金)から東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2014」会場で、「サークルアップ」が本年度受賞作として紹介される予定です。
<グッドデザインエキシビション2014>
会期:10月31日(金)-11月4日(火)
会場:東京ミッドタウン(東京・六本木)
主催:公益財団法人日本デザイン振興会


グッドデザイン賞とは
「グッドデザイン賞」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。
その対象はデザインのあらゆる領域にわたり、受賞数は毎年約1,000件、55年間で約40,000件に及んでいます。賞はこの「グッドデザイン賞」と、さらに複数の「特別賞」で構成され、受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。最新のアンケート調査では、このGマークの認知率は88%にも及んでいます。「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。

以 上


【リリースに関する問い合わせ】
 株式会社電通 コーポレート・コミュニケーション局
 広報部 渓、加藤 TEL:03-6216-8041

【事業に関する問い合わせ】
 株式会社電通 プロモーション・デザイン局
  デジタル・プロモーション部  小島  TEL:03-6216-8428