2014年9月19日

3D Systems

スリーディー・システムズ、シンバイオニクス  ロボット手術訓練用プラットフォーム を初公開

AsiaNet 57942

スリーディー・システムズ、シンバイオニクス  ロボット手術訓練用プラットフォーム を初公開

- 新製品、シンバイオニクス・ロボティクス・メンター(TM)(Simbionix RobotiX Mentor(TM))はロボット手術の技術に関する唯一の実践的かつ完全な手技訓練用シミュレーター
- スリーディー・システムズ、欧州泌尿器科学会(EAU:European Association of Urology)のロボット支援泌尿器手術セクション(ERUS:Robotic Urology Section)にて新モジュールを実演

ロック・ヒル(米国サウス・キャロライナ州)、2014年9月18日- スリーディー・システムズ(3DS:3D Systems、http://www.3dsystems.com )(NYSE:DDD)は本日、ロボット手術の技術および手術手技訓練のシミュレーター、シンバイオニクス・ロボティクス・メンター(TM)(Simbionix RobotiX Mentor(TM)、http://simbionix.com/simulators/robotix-mentor )を、9月17日から19日にかけてオランダ、アムステルダムで開催されるERUSの展示(第7ブース)で初めて公開すると発表しました。

ロボット技術による支援をともなう低侵襲手術は、手術全体の中でより大きな割合を占めるようになっています。需要の増加にともなって、ロボット手術の訓練を行う必要性も高まっており、この傾向は今後も続くと予想されます。

様々な専門分野にまたがったロボット手術訓練システムである、ロボティクス・メンターは、現実に即したトレーニング・モジュール(http://simbionix.com/simulators/robotix-mentor/library-of-modules )を備えた高度なシミュレーション・プラットフォームによって、そうした需要に応えます。

基本スキルおよび縫合のモジュールでは、専門的に様々なレベルにある外科医師が、シミュレーターのカリキュラムの根本ともなっている必要不可欠なロボット手術の訓練を、効率的に受けられるようになっています。ロボティクス・メンターは、外科医師やレジデントが、ロボット技術による治療を部分的、または全体として体験できる真にインタラクティブな環境を提供する、唯一のロボット技術訓練シミュレーターです。

本シミュレーターは、3DSのオンライン・カリキュラム管理システム、メンターラーン(TM)(MentorLearn(TM)、http://simbionix.com/educational-programs/mentorlearn )と統合されています。このことにより、様々なプログラムがこのシミュレーターと、ユニークなプロシージャー・モジュールを、ロボット手術のカリキュラムへ組み込めるようになります。メンターラーン・システムは、技術上の習熟度に関するレポート、カリキュラムの評価とカスタム化、ベンチマーク、点数などを提供します。習熟度に基づいた仮想現実のカリキュラムが、実際の外科手術での失敗を減らし、最終的には患者にその恩恵を還元し得ることが、様々な研究で指摘されています。

加えて、3DSは、クラウドベースで、簡単に使え、良心的な価格の同社製3Dモデリング・サービス、ビスポーク・モデリング(TM)(Bespoke Modeling(TM)、http://www.3dsystems.com/solutions/services/bespoke-modeling )をシンバイオニクス・シミュレーターに組み込む予定です。シンバイオニクスの技術と組み合わせて用いられた場合、ビスポーク・モデリングは、医療の専門家がより効果的にコミュニケーションをとり、医療上の学習や訓練を改善できるようにします。また、ビスポーク・モデリングを用いることで、患者毎の3Dデータの参照、ブックマーク付け、注釈の追加、特定の身体構造の観察およびフルカラーの3Dモデル作成、その場または3DSのクラウド印刷サービスを通しての印刷、などが簡単に行えるようにします。

「シミュレーション・ベースのトレーニングやカリキュラムは、将来的に様々な方向へ拡張すると予想されます。」と、3DSのヴァイス・プレジデント兼チーフ・リサーチ・アンド・オペレーションズ・オフィサー、ラン・ブロンスタイン(Ran Bronstein)氏はコメントしています。「当社では、当社の新たなシミュレーション技術や3D印刷技術をベースに、複雑な外科手術における訓練上のニーズやオペレーション上のニーズに応え続けるよう、各機関や協会と共同で取り組み続けて行きます。」

スリーディー・システムズでは、ケースのリハーサルや計画を目的としたプロシージャー・リハーサル・スタジオ(TM)(PROcedure Rehearsal Studio(TM)、http://simbionix.com/clinical-rehearsal )やメンターラーン(TM)(http://simbionix.com/educational-programs/mentorlearn )シミュレーター・トレーニング・マネジメントも含め、シンバイオニクスの医療訓練シミュレーター製品ラインを全て取りそろえており、教育と協力を通して手術の成果を最大限に高めています。シンバイオニクス製品の詳細については、www.simbionix.com をご参照ください。

3DSによる「未来を築く(manufacturing the future )」取り組みについては、以下ウェブサイトをご参照ください:www.3dsystems.com 。

3D Systems について
3D Systems(以下、「3DS」) は、万人向け3Dプリントの先駆者です。3DSは、3Dプリンター、プリント材料、クラウドソースのカスタム・パーツなどの最先端で包括的な3Dデザイン~マニュファクチャリング・ソリューションを提供しています。そのパワフルなデジタルスレッドは、あらゆる場所の専門家や顧客が、プラスチック・メタル・セラミック・食料品などの材料を選択し、自分達のアイデアに命を吹き込むことを可能にします。3DSの優れたヘルスケアソリューションには、パーソナライズされた外科手術や患者特有の医療・歯科機器/器具向けの統合3Dプランニング・プリンティングなどがあります。その一般化された3Dデザインや検査製品は、知覚・キャプチャー・タッチの最新技術を具体化しています。同社の製品やサービスは、成果を改善し結果が出るまでの時間を短縮でき、従来の方法に取って代わり、従来の方法を補完します。これらのソリューションは、機能部品、装置や組み立て部品を即座に設計・作成・通信・計画・ガイド・試作・生産するために使用されており、顧客に未来を築くことに尽力しています。

同社についての詳細情報はサイトwww.3DSystems.com で閲覧できます。

投資家問い合わせ先:
Stacey Witten
Stacey.Witten@3dsystems.com

メディア問い合わせ先:
Alyssa Hoyt
Press@3dsystems.com


(日本語リリース:クライアント提供)


3D Systems Introduces New SimbionixRobotics Training Platform

PR57942

ROCK HILL, South Carolina, Sep. 19 /PRN=KYODO JBN/ —

   
    – New Simbionix RobotiX Mentor(TM) is the only hands-on, complete procedural
      training simulator for robotic surgery skills
    – Company demonstrates new module at European Association of Urology (EAU)
      Robotic Urology Section (ERUS)


    3D Systems [http://www.3dsystems.com ] (NYSE:DDD) announced today the
addition of the Simbionix RobotiX Mentor
[http://simbionix.com/simulators/robotix-mentor ](TM), a new
robotic surgery skills and procedural training simulator, which is being shown
for the first time at the ERUS exhibition in Amsterdam, The Netherlands from
September 17 to 19 (booth #7).

    Robotic-assisted minimally invasive surgery represents a growing portion of
overall surgical volume, and the increased demand means the needs for training
for robotic surgery has increased, and it is expected that this trend will
continue in the coming years.

    The RobotiX Mentor cross-specialty robotic surgery training system meets
these needs with its advanced simulator platform with realistic training
modules
[http://simbionix.com/simulators/robotix-mentor/library-of-modules ].

    Basic skills and suturing modules provide the opportunity for surgeons of
all levels of expertise to efficiently train on the required robotic skills and
are the basis of the simulator curriculum. The RobotiX Mentor is the only
robotic training simulator that offers a truly interactive environment that
enables surgeons and residents to experience partial and entire robotic
clinical procedures.

    The simulator is integrated into 3DS’ online curricula management system,
MentorLearn(TM) [http://simbionix.com/educational-programs/mentorlearn ], to
help programs incorporate the simulator and unique procedure modules into the
robotic curriculum. The MentorLearn system provides technical skills reporting
and assessment and customization of curriculum, benchmarks and scores. Studies
suggest that training within a proficiency-based virtual reality curriculum may
reduce errors during real surgical procedures, making the patient the ultimate
benefactor.

    In addition, 3DS plans to incorporate its Bespoke Modeling
[http://www.3dsystems.com/solutions/services/bespoke-modeling ](TM),
cloud-based, easy-to-use, affordable 3D modeling service, into its Simbionix
simulators. When used in conjunction with Simbionix technology, Bespoke
Modeling gives medical professionals the power to communicate more effectively
and improve medical learning and training. Bespoke Modeling makes it easy to
view patient-specific 3D data, bookmark views, add annotations, explore
specific anatomical structures and then produce full color 3D models, print
on-site or through 3DS’ cloud printing services.

    "We expect that the future direction of integrating simulation based
training and curriculum will expand," said Ran Bronstein, Vice President, Chief
Research and Operations Officer, 3DS. "We will continue to work in
collaboration with institutions and associations to fulfill training and
operative needs for complex surgical procedures based on our new simulation and
3D printing technologies."

    3D Systems offers a full array of Simbionix medical training simulators,
including PROcedure Rehearsal Studio(TM)
[http://simbionix.com/clinical-rehearsal ] for case rehearsal and planning and
MentorLearn(TM)
[http://simbionix.com/educational-programs/mentorlearn ] Simulator Training
Management to advance clinical performance and optimize procedural outcomes
through education and collaboration. More information on Simbionix products can
be found on http://www.simbionix.com.

    Learn more about 3DS’ commitment to manufacturing the future today at
http://www.3dsystems.com.

    About 3D Systems

    3D Systems is pioneering 3D printing for everyone. 3DS provides the most
advanced and comprehensive 3D design-to-manufacturing solutions including 3D
printers, print materials and cloud sourced custom parts. Its powerful digital
thread empowers professionals and consumers everywhere to bring their ideas to
life in material choices including plastics, metals, ceramics and edibles. 3DS’
leading healthcare solutions include integrated 3D planning and printing for
personalized surgery and patient specific medical and dental devices. Its
democratized 3D design and inspection products embody the latest perceptual,
capture and touch technology. Its products and services replace and complement
traditional methods with improved results and reduced time to outcomes. These
solutions are used to rapidly design, create, communicate, plan, guide,
prototype or produce functional parts, devices and assemblies, empowering
customers to manufacture the future.

    More information on the company is available athttp://www.3DSystems.com.
    
    Investor Contact:
    Stacey Witten,
    Stacey.Witten@3dsystems.com

    Media Contact:
    Alyssa Hoyt,
    Press@3dsystems.com

    SOURCE: 3D Systems