PDF リリース全文
(355KB)

2014年9月19日

JAC「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2014」にて東北新社CMディレクターが最高賞を受賞!

2014.9.19

株式会社東北新社

JAC「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2014」にて
東北新社CMディレクターが最高賞を受賞!

当社企画演出部所属の高島夏来(なつき)が、(社)日本アド・コンテンツ制作社連盟(JAC)が主催する「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2014」(後援:総務省)にて、最高賞となる「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・ イヤー」(受賞枠3名)を受賞しました。
また、同部署の鈴木美生(みき)、泉田尚美がファイナリスト(受賞枠6名)に選出されました。
「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー」は、広告映像ディレクターの育成を目的として2008年に設立された賞です。JAC会員会社所属の、34歳以下の若手ディレクターを対象としています。
今回のテーマは「みんなの宝物」。12社から22作品がエントリーされました。
なお、表彰式は10月20日、イマジカ東京映像センター試写室(東京都品川区東五反田2-14-1)にて行われます。受賞作は表彰式終了後、YouTubeでご覧いただけます。(検索ワード:日本アドコンテンツ(もしくはJAC)、リマーカブルディレクター)

<リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2014>
ディレクター 高島夏来
プロフィール:
多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業後、
2006年 東北新社に入社。
2009年 ヤングカンヌフィルム部門 日本代表。
さまざまな企業のTV CMを手掛け、ユーモアあふれる作風が特徴。

受賞作 『捨てられて』
プロデューサー 河西正勝、井上 淳
プロダクションマネージャー 楠本美和


<リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2014 ファイナリスト>
作品名     『タイムカプセル』
ディレクター  鈴木美生
プロデューサー 大村崇也、白神裕治
プロダクションマネージャー 大村拓也

作品名     『よいこのおはなし劇場』
ディレクター  泉田尚美
プロデューサー 大嶌 諭
プロダクションマネージャー 稲田史也


【株式会社東北新社 会社概要】
代 表 者: 植村 徹
設    立: 1961年4月1日
所 在 地: 東京都港区赤坂4-8-10
資 本 金: 24 億 8,700 万円
事業内容: 総合映像プロダクション
http://www.tfc.co.jp/