2014年9月19日

新商品リリース「小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス」

2014年9月19日

小岩井乳業株式会社

いま話題のプラズマ乳酸菌※1を配合、さらに腸まで届くKW乳酸菌※2をプラス。健康が気になる方々のためのヨーグルト                                     

「小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス」

小岩井乳業株式会社 (本社:東京都中野区、社長:堀口 英樹)は、「小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW 乳酸菌プラス」を9月23日(火)から発売いたします。

※1 プラズマ乳酸菌とは、小岩井乳業株式会社とキリン株式会社の共同研究の中で様々な種類の乳酸菌の中から発見された“まもるチカラの乳酸菌”で、キリングループの発酵技術を活かし、おいしさと健康を両立。希少な特長を持つナチュラルな乳酸菌です。

※2 KW乳酸菌とは、キリンビール株式会社、昭和女子大学大学院生活機構研究科飯野教授との共同研究で、100種類以上の乳酸菌の中から発見。 
乳酸菌KW3110株を実験室で試験した結果、強い酸にも耐えて、腸の粘膜に付着できる可能性が確認できました。
乳酸菌は、生きて腸の中に届くと、悪玉菌を退治し善玉菌を増やして、腸の働きを整える効果があることが知られています。

今回、受験や旅行など大事なイベントを控えている方に、日頃から健康を意識している方に、休めない方に、健康が気になるすべての方々。特に、家族の健康を守りたい主婦の方をターゲットに、キリングループならではの話題のプラズマ乳酸菌入りヨーグルトを発売いたします。
パッケージデザインは赤色のオーバルに“プラズマ乳酸菌”を配置し表記。またKW乳酸菌を金色のアイコンも 付加し、小岩井ブランドの品質感・素材感・高級感が活きた現代的な機能性ヨーグルトのデザインに仕上げました。

【商品特長】
1) 小岩井乳業(株)とキリン(株)が共同研究を行っている、いま注目のまもるチカラの乳酸菌です。
2) 腸まで届く“KW乳酸菌”を加えた、ダブルのパワーのヨーグルト。
3) 低脂肪タイプですっきり食べやすく、毎日お召し上がりいただくのに最適な味覚に仕上げました。
   乳脂肪分1.5%、無脂乳固形分10.0%

商品名 小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス          
種類別 発酵乳
容量・容器 110g、プラカップ
希望小売価格 120円(税別)
保存方法 要冷蔵10℃以下
賞味期限 22日間
販売地域 北海道~九州
発売日 9月23日(火)