2014年9月18日

アエロメヒコ航空

アエロメヒコ航空がメキシコシティ-マナグア(ニカラグア)便就航を発表

アエロメヒコ航空がメキシコシティ-マナグア(ニカラグア)便就航を発表

AsiaNet 57859 (0980)


【メキシコ市2014年9月18日PRN=共同通信JBN】
*アエロメヒコ航空(Aeromexico)は12月から両首都間に週6便を運航

*マナグアはアエロメヒコ航空の中米5番目の乗り入れ先、中南米では14番目

メキシコのグローバル航空会社であるアエロメヒコ航空は12月10日から、メキシコシティとニカラグアの首都マナグアを結ぶ週6便を運航すると発表した。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

これにより、マナグアはアエロメヒコ航空の中米5番目の乗り入れ先、中南米では14番目の路線となり、乗客の世界各地への乗り継ぎ先がさらに増える。

メキシコがニカラグア第3の投資国、中南米諸国で第2の輸出先であることを考慮に入れると、両首都間の相互関係は新路線開設にともない、商業的、経済的、観光面で一層緊密になる。

アエロメヒコ航空の週6便のマナグア便は座席数76のエンブラエル170を使用する。フライトスケジュールは以下の通り。

メキシコシティ-マナグア
便名    出発    到着    運航日
AM650   08:30     11:15    月、火、水、木、金、日

マナグア-メキシコシティ
AM651   12:15     15:10    月、火、水、木、金、日

(注)時刻は現地時間。予告なしに変更する可能性がある。

ニカラグアの乗客はメキシコシティに直接アクセスできるほか、アエロメヒコ航空の幅広い路線網を利用して、マイアミ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ヒューストン、ニューヨーク、ワシントン、ダラス、デンバーなど米国の大都市、メキシコ国内の主要40以上の都市、欧州3都市、アジアの2都市、カナダの1都市に乗り継ぐことが可能になる。

このようにアエロメヒコ航空は乗客を週900人増やすことになるが、それは乗客のニーズを満たし、市場の要求に応えるサービスの実現に努め、メキシコ及び中米地域最大の航空会社としての地位を維持する同航空のコミットメントに裏付けられている。

▽アエロメヒコ航空について
Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V.はメキシコで商用航空事業やマイレージサービス事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社である。アエロメヒコはメキシコ最大の航空会社であり、拠点のメキシコシティ国際空港第2ターミナルから毎日600便以上を運行する。その乗り入れ先はメキシコ国内44都市、米国15都市、中南米14都市、欧州3都市、アジア2都市、カナダ1都市を含め、3大陸の79都市である。

グループが運用する航空機は115機のボーイング787、777、767、737ジェット旅客機および最新世代のエンブラエル190、175、170、145。アエロメヒコは2012年、ボーイングから90機のB737 MAXジェット、10機のB787-9ドリームライナーの計100機を購入するというメキシコ航空史上で最大規模の投資計画を発表した。

アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟20航空会社が就航する178カ国、1000都市余りにサービス網を広げ、乗客は世界564カ所のプレミアムラウンジを利用できる。また、デルタ航空、アラスカ航空、アビアンカ航空、ラン航空、TACA航空、TAM航空とはコードシェアで提携し、米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの国々に幅広いネットワークを展開している。

詳細はwww.aeromexico.com 、www.skyteam.com 、http://disfrutaam.tumblr.com を参照。

ソース:Aeromexico


Aeromexico To Initiate Services To Managua, Nicaragua

PR57859

MEXICO CITY, Sep. 18, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

      — Starting December, the airline will connect the two capitals
                                 6 times a week

       — Managua will positioned as Aeromexico’s 5th Central American
                destination and the 14th in Latin American

    Aeromexico, Mexico’s global airline, announces that starting on December
10th will connect Mexico City to Managua, Nicaragua, six times a week.

    Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

    With this development, Managua will be positioned as Aeromexico’s 5th
Central American destination and the 14th place among Latin American routes
served by the airline, enabling its passengers to connect to more destinations
all over the world.

    As a result of this new route, bilateral relations between the two capitals
will become closer in commercial, economic and tourist terms, considering that
Mexico is the third largest investor in Nicaragua and its second largest
destination for exports among the countries of Latin America.  

    The six flights Aeromexico will be offering will be operated by an Embraer
170 aircraft, seating 76 passengers, with the following schedule:

                               Mexico City – Managua

                    Flight   Departs     Arrives     Frequency
                    AM650   08:30 a.m.  11:15 a.m.    Monday to
                                                     Friday and
                                                      Sunday

                               Managua –  Mexico City

                    Flight   Departs     Arrives     Frequency
                    AM651   12:15 a.m.   3:10 p.m.    Monday to
                                                     Friday and
                                                      Sunday

    *Published schedules are in local time for each country, and are subject to
change without prior notice.

    Through Aeromexico’s wide network of destinations, Nicaraguan passengers
will not only have access to  Mexico City, but they can also connect to key
U.S. cities such as Miami, Los Angeles, San Francisco, Houston, New York,
Washington, Dallas, Montreal and Denver, as well as more than 40 important
cities in Mexico, three in Europe, two in Asia and one in Canada.

    In this way, Aeromexico will be able to carry more than 900 customers a
week, an action backed up by the airline’s commitment to satisfy its
passengers’ needs, meet the demand of markets requiring its services and
continue to position itself as the airline with the biggest presence in the
region.  

    About Grupo Aeromexico

    Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V., is a parent company whose subsidiaries
are engaged in commercial aviation in Mexico, as well as the promotion of its
frequent flyer programs. Aeromexico, Mexico’s biggest airline, has more than
600 flights daily from its hub at Terminal 2, Mexico City International
Airport.  Its network of destinations includes more than 79 cities on three
continents: 44 in Mexico, 15 in the U.S., 14 in Latin America, three in Europe,
two in Asia and one in Canada.

    The Group’s current fleet has more than 115 Boeing 787, 777, 767, and 737
aircraft, as well as the latest generation Embraer 190, 175, 170 and 145
planes. In 2012 it announced the largest investment plan in the history of
Mexican aviation: the purchase of 100 Boeing planes, including 90 B737 MAX
aircraft, and 10 B787-9 Dreamliners.

    As a founding member of SkyTeam, Aeromexico offers more than 1,000
destinations in 178 countries via the 20 partner airlines comprising the
alliance, affording passengers a host of various benefits and enjoyment of 564
VIP lounges all over the world.  At the same time, thanks to its codeshare
arrangements with Delta Airlines, Alaska Airlines, Avianca, LAN, TACA and TAM,
Aeromexico offers extensive connectivity in countries such as the United
States, Brazil, Canada, Chile, Colombia and Peru.  www.aeromexico.com
www.skyteam.com http://disfrutaam.tumblr.com

    SOURCE:  Aeromexico