PDF リリース全文
(111KB)

2014年9月11日

富士ゼロックス「貿易帳票管理システム」ユーザ―の古野電気 JIIMA「ベストプラクティス賞」を受賞

2014年9月11日

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス「貿易帳票管理システム」ユーザ―の古野電気株式会社
日本文書情報マネジメント協会「ベストプラクティス賞」を受賞

ー貿易関連帳票の電子化、ワークフロー自動化による業務効率化と高品質化が評価ー

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人 以下:富士ゼロックス)が提供する「貿易帳票管理システム」を導入した古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、社長:古野 幸男氏、以下:古野電気)は、日本文書情報マネジメント協会(略称:JIIMA、理事長:高橋通彦氏)の「ベストプラクティス賞」を受賞しました。(11日JIIMA発表、表彰式及び受賞記念講演は、10月15日)
JIIMAは文書情報マネジメントの普及に努めてきた国内唯一の公認団体です。2007年には、先進的な文書情報マネジメントシステムの導入により顕著な成果を挙げている企業・団体を表彰する「ベストプラクティス賞」を設け、今回が第8回の表彰となります。
古野電気が受賞したのは「貿易帳票管理システム構築による輸出入帳票の電子化と法対応」で、貿易業務標準化、貿易帳票類の電子化に加え、ルールに基づく処理の自動化を通して業務効率化とガバナンス強化を実現するため、富士ゼロックスが提供する「貿易帳票管理システム」を導入しています。
古野電気はERP導入をきっかけに2013年3月より輸出業務において本システムを稼働、同11月には輸入業務においても本システムの活用を開始しました。その結果、海外拠点などを含む貿易関連業務の工数を45%削減(従来の82工数から45工数に削減)、紙の保管帳票も75%削減する等、大きな成果を実現しました。また、本システムは貿易帳票類の電子帳簿保存法や輸出入貿易に関する諸制度に準拠したシステムとして構築されており、2017年から予定される通関書類の電子化を先取りしたシステムとしても評価されています。