2014年9月5日

ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ

◎ファーウェイが指紋認証による新型スマホAscend Mate7の発売を発表

◎ファーウェイが指紋認証による新型スマホAscend Mate7の発売を発表

AsiaNet 57767
共同 JBN 0940 (2014.9.4)

【ベルリン2014年9月4日PRN=共同JBN】
*優れたシングルタッチの指紋認証技術を備えた新しい電光石火の高速オクタコア(octa-core 、8個のCPUコア)・スマートフォンを発表

ファーウェイ(Huawei、華為技術)は4日、2014年ベルリン国際コンシューマー・エレクトロニクス展(Internationale Funkausstellung Berlin、IFA 2014)で、新型スマートフォンAscend Mate7の発売を発表した。Ascend Mate7はFHDディスプレーを持つ6インチ・スクリーンでエンターテインメント視聴を強化し、快適さを増すためよりスリム化した7.9インチ、優れた性能のためのより強力なオクタコア・チップセット、より寿命を延ばす4100mAh(ミリアンペア/時)バッテリーを備えている。新たにシングルタッチの指紋認証技術と独自インターフェースのEMUI 3.0を備えたAscend Mate7はダイヤル接続すると、ユーザーが実生活を完全に満喫してもらいやすくするようなモバイル体験ができる。Ascend Mate7はファーウェイが提供する最新の大型スクリーンのスマートフォンであり、世界第3位のスマートフォン・ベンダーとしての強い熱意を表している。

ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ(Huawei Consumer Business Group)のリチャード・ユー最高経営責任者(CEO)は「今日は当社の最も高速で最も強力なスマートフォンを体験してもらう日である。それはユーザーが最高品質の製品をどこでも楽しんでもらえるようにする当社のたゆまぬコミットメントのシンボルである。Huawei Ascend Mate7は優れたシングルタッチ指紋認証技術とともに、よりスマートな性能、優れた電力消費効率、素晴らしい利便性を備えるビッグスクリーン・パックでは間違いなく他社をリードする」と語った。

▽スマートフォン性能
Ascend Mate7はオクタコア・アーキテクチャーを誇り、4つの大型A15 1.8 GHz、4つの小型A7 1.3 GHzチップセットで構成するインテリジェントHuawei Kirin 925プロセッサーを搭載している。同チップはスマートフォンが電源管理でよりスマートになるよう特殊なアプリもしくは機能によって、電力ニーズに依存して異なるコンフィギュレーションで稼働することができる。Ascend Mate7は消費者が少なくとも80%の時間を使って利用する標準アプリを作動するのに比べて、小型のA7コアを自動的に使って最高50%までバッテリー消費を節約し、ゲームなど高性能利用の際にはより大型のA15に切り替わる。プロセッサーはまた、85%から95%の間のシングルコアの処理能力が利用されることを探知する際には、自動的に別のコアを活性化する。

Ascend Mate7はパスワード入力の煩わしさなくすため、即座にシングルタッチの指紋認証によりアクセス機能を持つ恐らく市場初の6インチ・スマートフォンである。ユーザーはより緩慢な認証オプションを利用する機器と比べて、少なくとも80%速くスマートフォンを始動することができる。ハンドセットの背面にあり、縦横9.16mm x 9.16mmの大きさの(指紋)読み取り機は、通常とゲストの両モードで割り当てられた最高5つの異なる指紋記録をサポートしているので、ユーザーはプライベートなフォルダー、アプリケーション、あるいは決済情報を保護する際に、保護機能を強化するモードに切り替えることができる。Ascend Mate7は読み取りの精度を高めるためにより高い508PPI(ピクセル/インチ)を備え、ぬれた指や小雨の中でさえ機器を作動するまでに繰り返し指を通す必要はない。ARMのセキュリティー技術TrustZoneによって、SecureOSを使ってより優れた保護をするため、チップセット内に暗号化された指紋データを保存する。と同時に第3者が直接アクセスすることを防ぐ。

ダウンロード速度最高300 Mbpsを備えた最速のLTE Cat6接続機能を備えるAscend Mate7は、30秒以下でHDムービーをダウンロードすることができる。Ascend Mate7は4100mAhの高密度リチウムポリマーバッテリーで動作して、ノンストップの通常利用で2日間以上、使用に耐えられるバッテリーをスリムボディーに搭載している。Ascend Mate7はファーウェイ独自の電力節約技術を備え、通常、スマート、超省力の3つの電源節約モードを提供する。

▽スタイルとサブスタンス
Ascend Mate7はこのサイズのスマートフォンでは希少の95%以上がメタル製であり、内部構造は優れて発熱を抑える強力なアルミ合金製である。Ascend Mate7はわずかに7.9mmと薄型、重さも185グラムであり、片手で簡単に操作できるよう人間工学的に後方に湾曲し、超薄型の2.9mmベゼルを備えて、桁違いの83%のスクリーン対ボディー比となっている。Ascend Mate7はムーンライトシルバー、オブシディアンブラック、アンバーゴールドの3つの上品な色で発売される。

Ascend Mate7はより少ない電力消費となる6インチFHDのインセルLTPS(低温ポリシリコン)ディスプレーと圧倒的な1500:1の高コントラスト率のNega-NEO技術を備え、信じられないような鮮明な画像を生み出す。Ascend Mate7は13MPの後面カメラを搭載して、ソニーの第4世代BSIセンサーと絞り値f/2.0による低照明によるより鮮明なパーティー写真を補足できる。さらに、5MPの前面カメラは、より高い精細度、より画像のひずみを抑制する、業界をリードする5P非球面レンズを組み込んでいる。
▽視覚上のシンプリシティー
Ascend Mate7はファーウェイの直感的なユーザーインターフェース新バージョンであるEMUI 3.0を搭載して発売され、それによってより簡単に片手での操作ができるにようになり、すべてのソフトウエアインターフェースにわたり全く新しい姿を備えている。各種アプリにあたる一貫性の強化と利便性を求めて、新しいタイムライン型デザインが随所に広く用いられている。さらに、Ascend Mate7は電話、コンタクト、メッセージングなど主要なスマートフォン機能の収束など実用上、細やかなデザインを通じて視覚に訴える日常のニーズに積極的に対応しており、水平方向に1回限りのスワイプで容易に切り替えができるようになった。

▽発売とアクセサリー
希望小売価格はAscend Mate7スタンダードモデル(2GB RAM/16GB ROM)は499ユーロ、Ascend Mate7プレミアムモデル(3GB RAM/32GB ROM)は599ユーロ。中国本土、香港、英国、ドイツ、イタリア、フランス、スペインを含む30カ国・地域以上で2014年第3四半期から発売され、その他市場でも順次発売。アクセサリーは新しいUltimoPower Active Noise Cancelling Earphonesを含む。このイヤホンは15-30dbまでノイズを減らし、スマートフォン接続時に自動充電内蔵バッテリー、その他機器接続時には2時間の利用が可能であり、レザーケース、スマートフォンをデジタルフォトフレームに切り替えられる充電スタンドを備えている。

▽ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ(Huawei Consumer Business Group)について

詳しい情報は以下を参照。
Huawei Consumer BG online: consumer.huawei.com/en
Facebook: facebook.com/huaweidevice
Twitter: twitter.com/HuaweiDevice
Google+: plus.google.com/+HuaweiDevice
YouTube: youtube.com/user/HuaweiDevice
Flickr: flickr.com/photos/huaweidevice  

Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140902/142130

ソース:Huawei Consumer Business Group


Huawei Unveils Big Ambitions with the 6-inch Ascend Mate7

PR57767

BERLIN, Sept. 4, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

A new lightning fast octa-core smartphone with superior single-touch
fingerprint technology

Huawei today launched Ascend Mate7 at Internationale Funkausstellung Berlin
(IFA) 2014, featuring a big 6-inch screen with FHD display for enhanced
entertainment viewing, a slimmer 7.9mm body for increased comfort, a more
powerful octa-core chipset for superior performance, and a longer-lasting 4100
mAh battery. With new single-touch fingerprint technology and EMUI 3.0, Ascend
Mate7 dials up the mobile experience to make it easier for users to live life
to the fullest. Ascend Mate7 is the latest big-screen smartphone from Huawei as
it showcased its big ambitions as the number three smartphone vendor in the
world.

"Today marks the arrival of our fastest and most compelling big-screen
smartphone experience for consumers. It’s a symbol of our relentless commitment
to ‘Make it Possible’ for people everywhere to enjoy our premium quality
products," said Richard Yu, CEO, Huawei Consumer Business Group. "Huawei Ascend
Mate7 actually leads the big-screen pack with smarter performance, impressive
power efficiency, and outstanding convenience with its superior single-touch
fingerprint technology."

Smart Performance

Boasting octa-core architecture, Ascend Mate7 has an intelligent Huawei Kirin
925 processor made up of four large A15 1.8 GHz and four small A7 1.3 GHz
chipsets which are activated in different configurations depending on the power
needs of a specific app or function so the smartphone can be smarter with power
management. It saves up to 50% of the battery by automatically using smaller A7
cores to power standard apps that consumers use at least 80% of the time, and
kicking in the larger A15 during high-performance use such as gaming. The
processor also automatically activates additional cores when it detects that
85% to 95% of a single core’s processing capability is being used.

Ascend Mate7 is possibly the market’s first 6-inch smartphone with instant
single-touch fingerprint access to put an end to password fatigue. It enables
users to unlock the phone at least 80% faster than devices that use a slower
sweeping recognition option. Located on the back of the handset and measuring
9.16mm x 9.16mm, the reader supports up to five sets of different fingerprint
records which can be allocated to normal and guest modes, so users can switch
modes to enhance protection when securing private folders, applications, or
payment information. It has a higher 508PPI ratio for enhanced reader accuracy
so there’s no need to swipe repeatedly before being able to unlock the device
— even with wet fingers or under light rain conditions. ARM TrustZone also
stores encrypted fingerprint data within the chipset for better protection by
SecureOS, and prevents direct access by third-parties.

Featuring the fastest LTE Cat6 connectivity with download speeds of up to 300
Mbps, Ascend Mate7 enables HD movies to be downloaded in less than 30 seconds.
Running on a high density 4100 mAh Li-Polymer battery, Ascend Mate7 managed to
fit a huge battery in the slim body for more than two days of non-stop normal
use. With Huawei’s proprietary power-saving technology, Ascend Mate7 provides
three power saving modes — normal, smart, and ultra power saving.

Style and Substance

A rare find for smartphones of this size, Ascend Mate7 is made up of more than
95% metal and features an interior structure made of a strong aluminum alloy
for superior heat reduction. At only 7.9mm slim and weighing 185g, it has an
ergonomically curved back for easier operation with just one hand and an
ultra-narrow 2.9mm bezel that delivers a compelling 83% screen-to-body ratio.
Ascend Mate7 comes in three chic colors, moonlight silver, obsidian black and
amber gold.

With a 6-inch FHD in-cell LTPS display that consumes less power and JDI
Nega-NEO technology for an impressive 1500:1 high contrast ratio, Ascend Mate7
delivers incredibly sharp images. It has a 13MP rear-facing camera to capture
better party photos in low lighting with Sony’s 4th generation BSI sensor and
f/2.0 aperture. In addition, the 5MP front-facing camera adopts the
industry-leading 5P non-spherical lens for higher definition and less image
distortion.

Intuitive Simplicity

Ascend Mate7 will launch with EMUI 3.0, the new version of Huawei’s intuitive
user interface that makes it easier to operate with one hand and features a
brand new look across the entire software interface. The new timeline design is
used extensively throughout for enhanced consistency and usability across
various apps. In addition, it actively addresses daily needs intuitively
through practical and visually appealing design details, such as the
convergence of key smartphone functions — call, contact, and messaging — that
can now be easily switched between with a single horizontal swipe.

Availability and Accessories

The recommended retail price of standard Huawei Ascend Mate7 (2GB RAM and 16GB
ROM) is 499 euros, while that of the premium Huawei Ascend Mate7 (3GB RAM and
32GB ROM) is 599 euros. It will be available in more than 30
countries/territories including mainland China, Hong Kong, UK, Germany, Italy,
France and Spain from Q3 2014, with other markets to follow. Accessories
include the new UltimoPower Active Noise Cancelling Earphones that reduce noise
by 15-30db and features for the first time, a self-charging internal battery
when connected to a smartphone and two hours of use when connected to other
devices, as well as leather cases and a charging stand that converts the
smartphone into a digital photo frame.

About Huawei Consumer Business Group

For more information, please visit:
Huawei Consumer BG online: consumer.huawei.com/en/
Facebook: facebook.com/huaweidevice
Twitter: twitter.com/HuaweiDevice
Google+: plus.google.com/+HuaweiDevice
YouTube: youtube.com/user/HuaweiDevice
Flickr: flickr.com/photos/huaweidevice  

Photo – http://photos.prnasia.com/prnh/20140904/8521404969


SOURCE:  Huawei Consumer Business Group