人力プロペラ機の飛行

PDF リリース全文
(167KB)

2014年9月4日

鳥人間コンテスト2014で首都大学東京の学生サークルが快挙

2014/9/4

首都大学東京

「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2014」で学生サークル「鳥人間部T-MIT」が準優勝、「人力飛行機研究会MaPPL」が3位

 「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2014」が7月26日に滋賀県彦根市の琵琶湖にて開催され、
人力プロペラ機タイムトライアル部門で、首都大学東京の学生サークル「鳥人間部T-MIT」(部長 三木あや(システムデザイン学部3年)、外41名)が準優勝、また滑空機部門では「人力飛行機研究会MaPPL」(部長 石黒多紀(人文・社会系3年)、外37名)が、今年は360.99mとMaPPLにおいての最高記録を更新して、3位という好成績となりました。

 「鳥人間部T-MIT」では、出場前年の8月から機体の設計、試作が始まり、翌年4月頃に完成、5、6月には試験飛行を行います。これまでの技術を引き継ぎ、新しい機構も取り入れながら機体は年々進化しています。

【問い合わせ先】
公立大学法人首都大学東京
日野キャンパス管理部学務課            TEL:042-585-8613
南大沢キャンパス学生サポートセンター学生課  TEL:042-677-2372