2014年9月4日

IBM

◎IBM子会社AsperaがVikiのプレミアムビデオ・コンテンツ配信の加速を支援

◎IBM子会社AsperaがVikiのプレミアムビデオ・コンテンツ配信の加速を支援

AsiaNet 57750
共同JBN 0935 (2014.9.4)

【アーモンク(米ニューヨーク州)2014年9月3日PRN=共同JBN】
*Aspera On Demandは、Vikiがクラウドを通じてサブタイトル付きビデオを配信する方法を変革することを支援する

IBM( NYSE:IBM、http://www.ibm.com/investor )は3日、グローバルなビデオストリーミング・ウェブサイトのViki( http://www.viki.com/ )が100カ国以上のVikiコンテンツプロバイダーからのすべてのビデオ・アップロードのための高速ファイル転送ソリューション独占プロバイダーとしてIBM子会社のAspera( http://asperasoft.com/ )を選択したと発表した。Asperaは最も普及した形式のビッグデータ( http://www.ibm.com/big-data/us/en/ )であるビデオ転送を高速化することによって、Vikiがプレミアムビデオ・コンテンツを即座に受信しサブタイトルを付けたうえで、世界中の多様なユーザー層に向けて配信することを可能にする。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20090416/IBMLOGO

Vikiはトップクラスの放送局やその他のコンテンツプロバイダーと提携し、ヒット作のテレビ番組、映画、その他のプレミアムコンテンツを受け取り、それにボランティア・コミュニティーがサブタイトルを付加したうえで200以上の言語で3300万人の閲覧者にストリーム配信している。スローなファイル転送時間に制約を受けているVikiは、同社の急成長を加速し新鮮なサブタイトル付きプログラムをファンに提供するために、世界中の放送局からのコンテンツ受信をスピードアップする方法を必要としている。

VikiはAspera On Demandを使い、クラウド( http://www.ibm.com/cloud-computing/us/en/ )を通じてコンテンツを素早く受信、配信することによって世界規模のビデオ提供範囲を拡大した。日本で創作されたアニメコンテンツからハリウッドや韓国の犯罪ドラマまで、Asperaは距離やファイルサイズにかかわらず可能な限り最速のファイル転送スピードをVikiに提供し、Vikiが同社の世界規模のユーザー層拡大を継続することに役立っている。VikiがAspera On Demandを使って迅速にコンテンツを取り込むことができることで、世界中の消費者は自国言語では見ることが不可能だった番組を見ることができ、プレミアムコンテンツの全く新しい品ぞろえを楽しむことが可能となる。

Vikiのプロダクトマネジャーでインターネットツールとパートナー関係担当のディーピカ・ムルティ氏は「時間は当社にとって極めて重要である。なぜなら熱心なファンは、翻訳され最適な言語で見ることができる好みの番組が当社のウェブサイトに登場するのを首を長くして待っているからである。すべてのメディアはAspera On Demandを通じて転送されるので、当社はこれまでにない最速のスピードでプレミアムコンテンツを受信して掲載でき、貴重な時間が節約できる」と語った。

Vikiはクラウド対応のAspera On Demandソリューションを活用して、大抵は放映直前に世界中のコンテンツプロバイダーからビデオを受け取り、そのコンテンツをさまざまなテレビおよびデバイス向けのフォーマットとサイズにプロセスし、トランスコードを施している。Asperaが特許を保有するFASP技術( http://asperasoft.com/technology/transport/fasp/ )を搭載したAsperaによって、Vikiは、通常ファイル当たり40から50GBの大容量ビデオファイルを素早く確実に、かつ安全にクラウドから直接取り込むことができる。最大50%もファイルアップロード時間を短縮することによって、Vikiは元のネットワーク放送終了の1時間以内に新しいコンテンツを配信するための所要時間を短縮することが可能である。

Asperaのクラウドサービス担当ディレクターであるジェイ・ミグリアッチオ氏は「Vikiのような革新的なコンテンツサービスは新規市場を開拓し、障害を突破して世界規模で展開するためにAsperaに関心を示している。Aspera On DemandはVikiの成長軌道を加速することができ、Vikiがプレミアムコンテンツによって世界各地の新規オーディエンスを取り込んでいくことに伴い、われわれもVikiとともに拡大を継続していくつもりである」と語った。

Aspera On Demandは直感的なウェブインターフェースとブラウザーのプラグインを備えており、Vikiの放送局パートナーはわずかな所用トレーニングと技術経験があれば、コンテンツを容易にアップロードすることができる。また、ユーザーやVikiアドミニストレーターも、素早くかつ容易に必要とするファイルを見つけ、高速転送を開始することができる。

▽Asperaについて
IBM子会社のAsperaは、ファイルサイズ、転送距離、ネットワークコンディションにかかわらず最速スピードで世界中のデータを移動させることができる次世代転送技術の開発企業である。エミー賞(Emmy award、登録商標)受賞歴がある同社の特許取得済みFASP(商標)プロトコルに基づき、Asperaソフトウエアは既存のインフラストラクチャーを全面的に活用して、最速で最も予測可能なファイル転送体験を提供する。Asperaのコアテクノロジーは帯域幅、完全なセキュリティー、妥協のない信頼性に関し類を見ない管理を提供する。世界のさまざまな業界の組織は、ビジネスに不可欠なデジタルアセットの転送ではAsperaソフトウエアに依存している。詳細はウェブサイトhttp://www.asperasoft.com を参照するか、Twitter @asperasoft(https://twitter.com/asperasoft )でフォローを。

▽Vikiについて
Vikiはテレビ番組、映画、その他のプレミアムコンテンツを提供する世界規模のテレビ・サイトであり、そのコンテンツは熱烈なファンのコミュニティーによって200以上の言語に翻訳されている。月間3300万の閲覧者を擁し6億以上の単語を翻訳するVikiは、新規オーディエンスに世界的なプライムタイム・エンターテインメントを提供するとともに、コンテンツオーナーのために新規市場と収益機会を掘り起こす。Vikiは世界経済フォーラムのTechnology Pioneer 2014に選ばれ、2013年9月に大手インターネットサービス企業の楽天が買収した。同社はサンフランシスコ、シンガポール、ソウル、東京にオフィスを構えている。

▽問い合わせ先
Sean Audet
IBM Media Relations
spaudet@us.ibm.com
+1-781-665-5213

ソース:IBM


Aspera, An IBM Company, Helps Viki Speed the Delivery of Premium Video Content to 33 Million Worldwide Viewers a Month

PR57750

ARMONK, N.Y., Sept. 3, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

     — Aspera On Demand helps transform the way Viki delivers subtitled
                        videos through the cloud

IBM (NYSE: IBM (http://www.ibm.com/investor )) today announced that Viki
(http://www.viki.com/ ), a global video streaming website, has selected Aspera
(http://asperasoft.com/), an IBM company, as its exclusive provider of
high-speed file transfer solutions for all video uploads from Viki’s content
providers from over 100 countries. By speeding the movement of video – the most
prevalent form of Big Data (http://www.ibm.com/big-data/us/en/ ) – Aspera
enables Viki to quickly receive, subtitle and distribute premium video content
to its diverse global user base.

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20090416/IBMLOGO

Viki partners with top broadcasters and other content providers to receive hit
TV shows, movies and other premium content, which is then subtitled by its
volunteer community and streamed to 33 million subscribers in more than 200
languages. Limited by slow file transfer times, Viki needed a way to speed the
ingest of content from broadcasters around the world in order to continue to
fuel its rapid growth and bring fans fresh subtitled programming.

With Aspera On Demand, Viki has expanded its worldwide reach by quickly
receiving and distributing content through the cloud
(http://www.ibm.com/cloud-computing/us/en/ )  on a global scale. From an anime
cartoon that originates in Japan to a crime show from Hollywood or a Korean
drama, Aspera gives Viki the fastest possible transfer speeds regardless of
distance or file size, helping the company continue to grow its international
user base. By enabling Viki to quickly ingest content with Aspera On Demand,
international consumers can view programs that they might not otherwise have
been able to watch in their native language and enjoy a whole new library of
premium content.

"Time is critical for us as our enthusiastic fans are anxiously waiting on
their favorite shows to arrive on our website so they can be translated and
watched in their language of choice," said Deepika Murthy, Product Manager,
Internal Tools and Partnerships, Viki. "All media is transferred through Aspera
On Demand, saving us valuable time in receiving and posting premium content
faster than ever before."

Viki uses the cloud-ready Aspera On Demand solution to receive video from
global content providers, often just before it airs, and then processes and
transcodes the content in a variety of television and device formats and sizes.
Equipped with its patented FASP technology
(http://asperasoft.com/technology/transport/fasp/ ), Aspera enables Viki to
quickly, reliably and securely ingest these large video files – typically 40 to
50 GB per file – directly to the cloud. By reducing file upload times by as
much as 50 percent, Viki is able to expedite turnaround times to deliver new
content within an hour after the original network broadcast.

"Innovative content services like Viki look to Aspera to help them create new
markets and break barriers on a global scale," said Jay Migliaccio, Director of
Cloud Services, Aspera. "As Aspera On Demand enables Viki to speed its growth
path, we will continue to scale alongside them as they reach new audiences with
premium content in outposts around the world."

Aspera On Demand’s intuitive web interface and browser plug-in makes it easy
for Viki’s broadcast partners to upload content with limited training and
technical experience required. This also makes it fast and easy for users,
including Viki administrators, to locate the files they need and initiate
high-speed transfers.

About Aspera
Aspera, an IBM company, is the creator of next-generation transport
technologies that move the world’s data at maximum speed regardless of file
size, transfer distance and network conditions. Based on its patented, Emmy(R)
award-winning FASP(TM) protocol, Aspera software fully utilizes existing
infrastructures to deliver the fastest, most predictable file-transfer
experience. Aspera’s core technology delivers unprecedented control over
bandwidth, complete security and uncompromising reliability. Organizations
across a variety of industries on six continents rely on Aspera software for
the business-critical transport of their digital assets. Please visit
http://www.asperasoft.com and follow us on Twitter @asperasoft
(https://twitter.com/asperasoft ) for more information.

About Viki
Viki is a global TV site with TV shows, movies and other premium content,
translated into more than 200 languages by a community of avid fans. With 33
million viewers each month and over 600 million words translated, Viki uniquely
brings global prime-time entertainment to new audiences and unlocks new markets
and revenue opportunities for content owners. Viki was named a World Economic
Forum Technology Pioneer 2014 and acquired by Japanese Internet services giant
Rakuten in September 2013. The company has offices in San Francisco, Singapore,
Seoul and Tokyo.

Contact information:
Sean Audet
IBM Media Relations
spaudet@us.ibm.com
+1-781-665-5213

SOURCE:  IBM