月桂冠「糖質ゼロ」

2014年8月27日

月桂冠「糖質ゼロ」をリニューアル、糖質オフ系日本酒売上No.1 新酵母採用でさらに美味しく

2014年8月27日

月桂冠株式会社

糖質オフ系日本酒売上No.1
新酵母採用でさらに美味しく
月桂冠「糖質ゼロ」をリニューアル

月桂冠株式会社(社長:大倉治彦、本社:京都府京都市)は、糖質を極限までカットした日本酒「糖質ゼロ」(1.8リットル・900ミリリットルパック、210ミリリットルカップ)をリニューアルし、9月上旬から全国で順次発売します。月桂冠「糖質ゼロ」は、自社開発した特許製法の「糖質スーパーダイジェスト製法」により、糖質を極限まで分解して酵母に消化させることで、すっきりした超辛口・超淡麗の味わいを実現した商品です。今回のリニューアルでは、新酵母を採用することで、さらにすっきりした味わいとしました。パッケージは、緑を基調とする従来のデザインをベースに、中央に配した「0」(ゼロ)のマークを金色に輝く立体的な意匠とするなど、当商品の良さをさらに訴求します。

月桂冠「糖質ゼロ」は、日本酒ではじめての糖質ゼロ(※1)の商品として、2008年9月に新発売して以来、糖質オフ系日本酒売上No.1(※2)のヒット商品となっています。飲食品からの糖質摂取量を気遣われるなど健康意識の高い方や、「辛口」「超辛口」という軽快な飲み口を好まれる方などからの支持を得ています。すっきりした軽快な飲み口、辛口の味わいの月桂冠「糖質ゼロ」は、食事中の飲酒により口の中をクリアにする「ウォッシュ効果」が、一般の日本酒に比べて高く、あっさりとした料理だけでなく、和食、洋食、中華と幅広いジャンルの料理との相性が良いことも確認しました。

月桂冠ではこれまで、2004年9月に糖質30%カット、2008年3月に糖質85%カットの日本酒を発売してきました。継続して研究開発を進める中で糖質のカット率を高め、2008年9月に「糖質ゼロ」の商品化を実現しました。さらに、糖質ゼロの新たな酒質として、「糖質ゼロ冷酒」(900ミリリットルパウチ、300ミリリットルびん)を2013年3月に新発売しています。
今回のリニューアルにより「糖質ゼロ」ブランドの認知をさらに広め、多くのお客様にその良さを実感いただけるよう商品の普及を進めていきます。

※1 栄養表示基準に基づき、糖質0.5グラム(100ミリリットル当たり)未満を糖質0(ゼロ)と表示しています。
※2 KSP-POSデータ調べ(全国清酒カテゴリ内糖質オフ系商品、2013年4月~2014年3月)


■商品概要
 商品名:糖質ゼロ
 容量・容器/参考小売価格(消費税別)
  1.8リットル・パック/1,396円、900ミリリットル・パック/716円、
  210ミリリットル・エコカップ/160円
 アルコール分:13度以上14度未満
 テイスト:甘辛=超辛口、濃淡=超淡麗