2014年7月30日

サンパワー社

◎サンパワー社、南国殖産と出力29MWのソーラーパネル供給契約を締結

AsiaNet 57482

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。


サンパワー社、南国殖産と出力29MWのソーラーパネル供給契約を締結

南国殖産の新しいメガソーラーは、鹿児島県の丘陵地帯に建設予定


※本プレスリリースは、7月30日に米国・サンノゼおよび日本・東京で発表されたプレスリリースの抄訳です。

太陽光技術およびエネルギー・サービスのリーディング・プロバイダーであるサンパワー社(ナスダック:SPWR)は本日PV Japan2014で、南国殖産と総計29MW(直流)におよぶ高効率E20/327ソーラーパネルの供給契約を正式に締結したことを発表しました。南国殖産は、発電事業者として鹿児島県日置市に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画です。

南国殖産の取締役執行役員兼機械設備事業本部長である福井正則氏は、次のように述べています。「日置市の丘陵地帯にメガソーラーを建設する予定ですが、スペースに制約があるため、市場で最も効率的なソーラーパネルを設置する必要があります。そこで、サンパワー社の高効率E20/327ソーラーパネルを選択しました。限られたスペースで圧倒的な発電効率を誇るE20/327ソーラーパネルにより、最小限の人的コストで収益と出力を最大化できるものと期待しています。」

南国殖産は、鹿児島を拠点とする総合商社として、九州でも屈指の企業グループを形成しています。主に、エネルギー、情報通信、建設資材、機械設備という4事業部門を展開し、メガソーラーや環境・林業設備の販売は機械設備事業部が担当しています。現在、九州地方で総計12MWの太陽光発電設備を運営しており、今後150~200MWまで拡大する予定です。

サンパワー社の社長であるハワード・ウェンガーは、次のように述べています。「当社のE20/327ソーラーパネルは、今日の市場において最も優れた変換効率と信頼性を兼ね備えています。その発電効率の高さゆえ、E20/327パネルはスペースに制約のある地上設置型ソリューションに最適な製品です。南国殖産がメガソーラー向けに当社のE20/327ソーラーパネルを選択したことをうれしく思います。」

サンパワー社の「E20/327ソーラーパネル」には、サンパワー社のMaxeon (R) バックコンタクト方式太陽電池が組み込まれています。この太陽電池は、銅の厚膜をベースとしており、温度変化に起因する亀裂、腐食、圧力に対して極めて高い耐久性を備えています。変換効率20.1%の「E20/327ソーラーパネル」は、同じ面積でより多くの電力を生み出し、少ないパネル数でシステム出力を最大化します。

サンパワー社の「E20/327ソーラーパネル」は、出力と製品の両方を対象とする、従来と比べて15年から20年も長い、25年間の複合保証の対象製品です。電力供給の低下率は業界で最も低く、25年の保証期間終了時に87%という比類のない出力レベルを実現します。

サンパワー社の太陽光発電関連製品は、日本国内では「Maxeon Solar(マキシオン・ソーラー)」というコーポレート・ブランドで提供されます。サンパワー社は、東京ビッグサイトで今週開催される「PV Japan 2014」において製品の展示を行います(ブース番号:P1-066)。



【サンパワー社について】
サンパワー社(ナスダック:SPWR)は、今日の市場において最高効率と信頼性を誇るソーラーパネルの設計、製造、販売を行っています。四半世紀にわたる経験と確かな実績によって、住宅部門、産業部門、政府部門、公益事業部門の顧客から支持を得ており、ソーラーシステムの製品寿命全体にわたり投資利益率を最大化します。アメリカのカリフォルニア州サンノゼに本社を置き、北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アフリカ、アジアにオフィスを構えています。詳細は当社ウェブサイトwww.sunpowercorp.com をご覧ください。

SUNPOWERおよびMaxeonはサンパワー社の登録商標であり、米国などの国々で登録済みです。その他すべての商標は、各所有者の財産です。

<本件に関するお問い合わせ先>
Helen Kendrick
SunPower Corp.
TEL: +1-408-240-5585
Email: hkendrick@sunpower.com

広報代理店 バーソン・マーステラ
増田 祥子・河東田 文
TEL: +81-3-3264-6687
Email: SunPowerJP.PR@bm.com


SunPower Corporation Announces 29-Megawatt Supply Agreement with Nangoku Corporation

PR57482

TOKYO, July 30, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

        — Nangoku to Build Mega Solar Power Plant in Hilly Region of
                              Kagoshima Prefecture

At the PV Japan 2014 conference today, SunPower Corporation (NASDAQ: SPWR), a
leading solar technology and energy services provider, today announced it has
signed a definitive agreement to supply Nangoku Corporation (Nangoku) with
29-MWdc of the high efficiency E20/327 Solar Panel by SunPower Corporation.  
Nangoku, an independent power producer will build a mega solar plant in the
Hioki, Kagoshima prefecture on the Island of Kyushu.

"Our mega solar power plant will be built on a hilly region of Hioki with
limited space, so we need to install the most efficient solar panels
available," said Masanori Fukui, executive officer for Nangoku.  "We chose the
high-efficiency E20/327 Solar Panel by SunPower Corporation, because we can
install more megawatts in this space constrained area, minimizing manpower
costs and maximizing profits with higher energy output."

Nangoku serves as one of the largest, general trading companies in the Kyushu
area.  It has four main businesses:  energy, telecommunications, construction
materials and machinery equipment.  Its mega-solar, environmental and forestry
equipment sales are part of the machinery equipment division.  Nangoku has 12
MW of solar in operation and 150-200 MW planned in Kyushu area.

"Our E20/327 solar panels offer greater efficiency and more reliability than
other panels on the market today," said Howard Wenger, SunPower president,
regions.  "Because of their efficiency, these panels are ideal for space
constrained ground mounted projects.  We are pleased that Nangoku chose our
E20/327 solar panels for its mega solar power plant."

Integrated into the E20/327 Solar Panels by SunPower Corporation are its
patented Maxeon(R) all-back contact solar cells.  These cells are built on a
solid copper foundation, making them extremely resistant to cracking, corrosion
and stresses from temperature variation.  With an average efficiency of 20.1
percent, the E20/327 panels deliver more power in the same amount of space and
maximize system output with fewer panels installed.

The E20/327 Solar Panel by SunPower Corporation is backed by the company’s
straightforward 25-year combined product and power warranty, which is 15 to 20
years longer than most product warranties.  It offers the industry’s lowest
power degradation with more warranted energy, resulting in an unprecedented 87
percent power level at the end of 25 years.

Solar products by SunPower Corporation are branded in Japan under the Maxeon
Solar(TM) name.  The company will be exhibiting at PV Japan 2014 this week at
the Tokyo Big Site in Stand #P1-066.

About SunPower Corporation
SunPower Corporation (NASDAQ: SPWR) designs, manufactures and delivers the
highest efficiency, highest reliability solar panels and systems available
today. Residential, business, government and utility customers rely on the
company’s quarter century of experience and guaranteed performance to provide
maximum return on investment throughout the life of the solar system.
Headquartered in San Jose, Calif., SunPower has offices in North America,
Europe, Australia, Africa and Asia. For more information, visit
www.sunpower.com.

SUNPOWER and Maxeon are registered trademark of SunPower Corporation in the
U.S. and other countries. All other trademarks are the property of their
respective owners.

SOURCE: SunPower Corp.

CONTACT: Helen Kendrick, SunPower Corp., hkendrick@sunpower.com,
+1-408-240-5585, Sachiko Masuda, Aya Katoda, Burson-Marsteller Tokyo,
SunPowerJP.PR@bm.com, +81-3-3264-6687