2014年7月18日

Peabody Energy

◎米石炭大手Peabody Energyが豪州の炭素税廃止を称賛

◎米石炭大手Peabody Energyが豪州の炭素税廃止を称賛

AsiaNet 57387
共同JBN 0809 (2014.7.18)

【セントルイス(米ミズーリ州)2014年7月18日PRN=共同JBN】米石炭大手Peabody Energy(ピーボディー・エナジー、NYSE:BTU)は18日、高い電気代で消費者を困らせ、経済を損なってきた炭素税(カーボンタックス)を廃止するとのオーストラリア議会と首相の行動を称賛した。

Peabody Energyのグレゴリー・H・ボイス会長兼最高経営責任者(CEO)は「炭素税に関するオーストラリア政府の方向転換は、現代世界に対するリーダーシップの教訓である。われわれは米国の政策決定者が同じ道を進み、発電プラントについて米政権による費用のかかる(炭素税導入)提案規則を拒絶するよう働きかける。(カーボン排出量の)上限とか税金ではなくテクノロジーこそ、カーボン排出の長期的改善へのカギである」と語った。

トニー・アボット・オーストラリア首相は炭素税に関連して、「廃止することを議決した炭素税は、本日(オーストラリア時間17日)をもって最終的になくなる。職の機会を害し、家族の生活費を損ない、実際は環境支援にはならなかった無用で破壊的な税金はついに廃止される」と語った。オーストラリア政府は、この廃止によって家族にとって年間550オーストラリアドルの節約になると推計している。

オーストラリアは昨年、炭素税の廃止に全権を委託して新政府を選出した。政府推計よると、炭素税は実施後最初の2年間で推定150億オーストラリアドルの経済的影響を与えた。

世界諸国はエネルギー不平等を悪化させ、電気料金を上げ、経済発展を遅らせるエネルギー義務負担を課すカーボン関連立法に反対し、再生可能エネルギーに全権を与える動きが続いている。欧州の再生可能エネルギー戦略は後退し、欧州大陸はロシアのエネルギーセキュリティー問題の脅威を受け、日本などの諸国は目立って多くの石炭を使い始め、多くの国が石炭燃料による電気を利用して経済成長で世界の先を行っている。

Peabodyは、米国の指導者が事実上の炭素税廃止と義務負担が生じる再生可能エネルギー基準を貴重な教訓にすることができると考えている。米商工会議所は、行政が提案する米国のカーボン規制によって、経済が年間500億ドルの影響を受けると推計している。

提案規則は電力価格を大幅に引き上げ、米国家庭にやがて数千ドルの負担をかける。ヘリテージ財団の研究によると、低所得で低購買力の平均4人家族のコストは年間1200ドルにつく。記録的な1億1500万人の米国市民がエネルギー支援を受ける資格があり、そのうち4800万人がエネルギー貧困状態にある時に、低コスト電気は不可欠である。

米国では石炭が最低コストの電気となる。石炭を利用しない州は、発電に主として石炭を利用する州のほぼ2倍近くになる電気コストに苦しんでいる。石炭は今後数年内に世界最大のエネルギー資源として、石油をしのぎ世界で急速成長する主要燃料である。

Peabody Energyは世界最大の民間石炭会社で、持続可能な採鉱、エネルギー利用、クリーンコール・ソリューションの世界リーダーである。詳しい情報はPeabodyEnergy.com、AdvancedEnergyForLife.com

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20120724/CG44353LOGO

▽問い合わせ先
Beth Sutton
+1-928-699-8243

ソース:Peabody Energy


Peabody Energy: Australia’s Repeal of the Carbon Tax Rejects Policy That Makes Energy Scarce and Expensive

PR57387

ST. LOUIS, July 18, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

    Peabody Energy (NYSE:BTU) today praised the action of Australia’s
Parliament and Prime Minister in repealing the carbon tax, which has hurt
consumers via high electricity costs and damaged the economy.

    "The Australia Government’s reversal of the carbon tax is a lesson in
leadership for the modern world," said Peabody Energy Chairman and Chief
Executive Officer Gregory H. Boyce.  "We encourage U.S. policymakers to take
the same path and reject the Administration’s costly proposed rules on power
plants.  Technology, not caps and taxes, is the key to long-term improvement in
carbon emissions."

    In turning around the carbon tax, Australian Prime Minister Tony Abbott
said: "Today, the tax that you voted to get rid of is finally gone. A useless,
destructive tax which damaged jobs, which hurt families’ cost of living and
which didn’t actually help the environment is finally gone."  The government
has estimated that the repeal would save families A$550 per year.

    Australia elected a new government last year with a mandate to repeal the
carbon tax, which has caused an estimated $15 billion in economic impact in its
first two years of implementation, according to government estimates.

    Nations continue to push back against onerous carbon legislation and
renewable mandates that exacerbate energy inequality, raise electricity costs
and reduce economic growth.  Europe’s renewable strategy is being pared back,
the continent is threatened by Russia’s energy security challenge, nations such
as Japan are using significantly more coal, and multiple nations lead the world
in economic growth using coal-fueled electricity.

    Peabody believes that U.S. leaders can learn valuable lessons in rejecting
defacto carbon taxes and onerous renewable standards.  The U.S. Chamber of
Commerce estimates that the Administration’s proposed U.S. carbon regulations
would cost the economy $50 billion per year.

    The proposed rules would significantly increase power prices, costing each
American household thousands of dollars over time. A Heritage Foundation study
reports the cost to an average family of four at $1,200 per year of lower
income and spending power. Low-cost electricity is essential at a time when a
record 115 million Americans qualify for energy assistance and 48 million live
in energy poverty.

    Coal fuels the lowest cost electricity in the United States: The states
that don’t use coal wrestle with electricity costs that are nearly twice as
much as the states that predominantly use coal for electricity. Coal is the
world’s fastest-growing major fuel set to surpass oil as the world’s largest
global energy source in coming years.

    Peabody Energy is the world’s largest private-sector coal company and a
global leader in sustainable mining, energy access and clean coal solutions.
For further information, visit PeabodyEnergy.com and AdvancedEnergyForLife.com.

    Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20120724/CG44353LOGO

    CONTACT:
    Beth Sutton
    +1-928-699-8243

    SOURCE: Peabody Energy