2014年7月18日

German Social Accident Insurance (DGUV)

◎2014年世界労働安全衛生会議のプログラム発表

◎2014年世界労働安全衛生会議のプログラム発表

AsiaNet 57385
共同JBN 0808 (2014.7.18)

【ベルリン2014年7月17日PRN=共同JBN】
*世界最大の労働安全衛生会議のトップレベル・ゲスト-1日パスも予約可能-ジャーナリストのための情報

深刻な労働事故のない世界-これが2014年8月24-27日にフランクフルトで開催される第20回世界労働安全衛生会議で世界中から集まる政治家、科学者、専門家が討議するビジョンである。強調されるのはよりよい職業上の安全、衛生のためのイノベーション、労働時の衛生、環境、安全と衛生、多様性と包摂などのテーマである。企業と機関は最新の傾向と事故予防に関する所見を報告する。同時に開催される予防に関する国際メディア・フェスティバルでは、安全と衛生に関する映画と情報製品が提示される。130カ国以上から4000人の参加者が見込まれている。ドイツ連邦政府のアンドレア・ナーレス労働相ら一連の著名人が出席を確約している。ジャーナリストは会議のウェブサイトを通じて取材記者証を取得できる。

労働安全衛生は持続可能性と経済発展のカギとなる要素である。国際労働機関(ILO)によると、世界で毎年30万人以上が労働事故のために命を失い、200万人以上が労働関連の病気で死亡している。世界の国内総生産(GDP)の約4%が職業的な事故と労働に関連する病気のために失われていると推定されている。

世界会議はILOと国際社会保障協会(ISSA)がナショナル・ホストとしてのドイツ社会事故保険組合(DGUV)とともに開催する。GDUVは総数7600万人のドイツ人の労働事故-それに学校関連事故と通勤災害、職業上の病気-の保険を引き受ける事故保険機関の上部組織である。

▽トップレベルの政治家が出席へ
会議は「ビジョンゼロ」、働く世界の多様性、労働衛生の難問などの予防戦略に集中する。議題の範囲は心理的リスクの予防、労働力の高齢化、仕事の不安全性、新しいエネルギー源、物質、ナノテクノロジーから持続可能な予防文化の養成にまでわたっている。プログラムはすでに会議のウェブサイトで見ることができる。ダイナミックな会議計画者が参加者の個人的プログラム収集を可能にする。1日パスも予約可能。

科学、安全と衛生、産業界の専門家とともにトップレベルの政治家-ドイツ連邦政府のアンドレア・ナーレス労働社会相、フィンランドのローラ・ラティ社会保健相、マレーシアのリチャード・リオット人的資源相、シンガポールのハワジ・ダイピ教育・労働政務次官-らが出席する見込みである。

▽新しいインタラクティブなイベントフォーマット
この会議は従来のイベントフォーマットのほかに、例えば最新の研究ニュース、実証済みの移行可能な優れた慣行や協力が一種のマーケットホールで紹介される「予防フォーラム」における新たな紹介方法もある。別のハイライトは「予防のための国際メディア・フェスティバル」(IMFP)で、これは職業上の安全、衛生に関する最高の映画、デジタルメディアの国際コンペである。全体で33カ国から応募した290作品が予防の国際メディア賞を争う。戸外ではアゴラが交通安全などの展示を行う。2014年世界会議の直後にエキシビション・センターで「Arbeitsschutz ktuell(現在の労働安全衛生)」見本市が開催される。

2014年世界会議のプログラムと登録情報はhttp://www.safety2014germany.comで入手できる。

【ジャーナリストのための情報】世界会議がカバーするテーマの多様性は安全・衛生ジャーナリストにとって関心があるだけではない。環境、衛生、経済、開発問題を取材するジャーナリストもここでより幅広い報道、調査の機会を発見するだろう。衛生コミュニケーション、映画分野のジャーナリストにとって予防の国際メディア・フェスティバルが素材と報道の機会を提供する。無料の取材記者証はDGUVプレスオフィス経由で入手可能である。詳しい情報はhttps://www.safety2014germany.com/en/news/news.htmlへ。

▽問い合わせ先
German Social Accident Insurance(DGUV)
Media relations
Stefan Boltz
Tel: +49-30-288763-768
E-Mail: presse@dguv.de
Fax: +49-30-288763-771
Mittelstrasse 51, 10117 Berlin, Germany

ソース:German Social Accident Insurance (DGUV)


Publication of the Programme for the World Congress on Safety and Health at Work 2014

PR57385

BERLIN, Jul. 17 /PRN=KYODO JBN/ —

    – Top-level guests at the world’s biggest safety & health convention – Day
passes now bookable – Information for journalists

    A world without serious accidents at work – this is the vision that will be
discussed by politicians, scientists and experts from all over the world at the
XX World Congress on Safety and Health at Work, which is taking place in
Frankfurt am Main from 24 to 27 August 2014. The emphasis is on such themes as
innovation for better occupational safety & health, the promotion of health at
work, environment, safety & health, and diversity & inclusion. Companies and
organisations are presenting the latest trends and findings on accident
prevention. At the simultaneously held International Media Festival on
Prevention, films and information products on safety & health are being
presented. 4,000 participants from more than 130 countries are expected. A
number of celebrities – among them German Federal Minister of Labour Andrea
Nahles – have pledged their attendance. Journalists can gain accreditation via
the congress website.

    Safety & health at work are key elements of sustainability and economic
development. According to the International Labour Organisation (ILO), more
than 300,000 people worldwide lose their lives each year due to accidents at
work and more than 2 million due to work-related diseases. It is estimated that
about 4 per cent of world gross domestic product is lost due to occupational
accidents and work-related diseases.

    The World Congress is being held by the ILO and the International Social
Security Association (ISSA) together with the German Social Accident Insurance
(DGUV) as the national host. DGUV is the umbrella association of the accident
insurance institutions who insure a total of 76 million people in Germany
against work- and school-related and commuting accidents and occupational
diseases.

    Top-level politicians expected

    The congress will focus on prevention strategies like Vision Zero,
diversity in the working world, and challenges for health at work. The spectrum
of topics ranges from the prevention of psychosocial risks, ageing workforces,
job insecurity, new energy sources, materials and nanotechnology to the
development of a sustainable prevention culture. The programme can be viewed as
of now on the congress website. The dynamic congress planner enables
participants to compile their personal programmes. Day passes can now be booked.

    Along with experts from science, safety & health, and industry, top-level
politicians are expected at the congress – among them Andrea Nahles, German
Federal Minister of Labour and Social Affairs, Laura Raty, Finnish Minister of
Social Affairs and Health, Richard Riot Anak Jaem, Malaysian Minister of Human
Resources, and Hawazi Daipi, Parliamentary Secretary of State for Education and
Labour in Singapore.

    New interactive event formats

    In addition to classical event formats, the congress is also going new ways
in presentation: at the "Forum for Prevention", for example, the latest news
from research, and proven and transferable examples of good practices and
cooperation will be presented in a kind of market hall. Another highlight is
the International Media Festival for Prevention (IMFP), an international
competition for the best films and digital media on occupational safety &
health. A total of 290 entries from 33 countries are competing for the
International Media Award for Prevention. On the outdoor fairgrounds, the
Agora, exhibits on traffic safety, among others, will be on show. Immediately
after the 2014 World Congress, the trade fair "Arbeitsschutz Aktuell" is taking
place at the exhibition centre.

    The programme for the 2014 World Congress and information on how to
register can be obtained here: http://www.safety2014germany.com

    Information for journalists: The diversity of topics covered by the World
Congress is not only of interest to safety & health journalists, but those
investigating environmental, health, economic and development issues will also
find opportunities for broader reporting and research here. For journalists
from the fields of health communication and film, the International Media
Festival for Prevention offers material and occasions for reporting. Free
accreditation is possible via the DGUV press office. Further information can be
found here: https://www.safety2014germany.com/en/news/news.html

    German Social Accident Insurance (DGUV)
    Media relations
    Stefan Boltz
    Tel: +49-30-288763-768
    E-Mail: presse@dguv.de
    Fax: +49-30-288763-771
    Mittelstrasse 51, 10117 Berlin, Germany

SOURCE: German Social Accident Insurance (DGUV)