PDF リリース全文
(596KB)

2014年7月18日

東京在住の外国人100人に聞いた「東京の夏の暑さ」に関する意識調査

2014年7月18日

ダイキン工業

<ダイキン『第20回 現代人の空気感調査』>
「東京の夏を検証!」東京在住の外国人100人に聞いた
「東京の夏の暑さ」に関する意識調査
9割が自国より暑い…。外国人は東京の夏をどう感じている!?

ダイキン工業株式会社は、この度、「東京の夏の暑さ」をテーマに、東京在住の外国人 100 人を対象と
した『第20 回現代人の空気感調査』アンケートを実施しました。
『現代人の空気感調査』は、“空気”に関する現代人の意識や課題を浮き彫りにし、日頃意識されにくい“空気”について多くの方々に興味と関心を持っていただくことを目的として、2002 年から実施しています。2020 年、夏季オリンピックの東京開催が決定したことを受け、これから東京に対する関心は世界的にも高まり、外国人観光客もますます増加していくことが期待されます。外国からの旅行者の大きな関心事の一つが、東京の夏の暑さです。実際に、東京に限らず日本の各地では、真夏日・猛暑日の観測日数記録を次々に更新しています。また、東京の平均気温はここ100 年で3℃以上上昇しており、世界の都
市の中でもヒートアイランド化が顕著であるとも言われています。では、東京を訪れた外国人に日本の夏はどう感じられているのでしょうか。また、どんな点に関心を持ち、何に驚きを感じるのでしょうか。
20 回目となる今回の調査では、東京の夏を経験したことがある外国人を対象に、「東京の夏に関する意識と実態」を調べました。その結果、9 割の外国人が「東京の夏は自国と比較して暑い」と感じていることが分かりました。また、暑さに適応している日本人の夏の生活スタイルや都市のエアコン設置状況などに驚きながら、徐々に自分も日本の夏に適応していく様子が見てとれ、興味深い調査結果となりました。
なお、今回の調査レポートでは、空調機器メーカーである当社の考察に加えて、気象予報士の今村涼子氏に、東京の夏の特徴や快適に過ごすためのポイントを紹介いただいております。