2014年7月4日

中国(古鎮) 国際照明器具博覧会

◎10月22日から中国・古鎮で第14回国際照明器具博覧会を開催

◎10月22日から中国・古鎮で第14回国際照明器具博覧会を開催

AsiaNet 57274
共同JBN 0754 (2014.7.4)

【古鎮(中国)2014年7月3日PRN=共同JBN】
*海外からのビジターに最適の調達環境を提供する特別サービス

第14回中国(古鎮) 国際照明器具博覧会(China (Guzhen) International Lighting Fair)は2014年10月22日から26日まで、中国・広東省の中山古鎮会議展示センターで開催される。

2014年から照明器具博覧会は年2回、春と秋に開催され、市場向けに専門的で包括的なプラットフォームを提供する。この博覧会は、規模を拡大するため最大級のライトニングモール4カ所を副会場として設定することから始まる。第14回展覧会のスペースは60万平方メートルに拡大し、世界100カ国以上から10万人のバイヤーが訪れる見通し。

第14回古鎮照明器具博覧会では、オンラインで事前登録をした人に以下のような多数の特別サービスが提供される。無料交通サービス:事前登録者はすべて開催期間中(10月21日から同27日まで)空港と会場間の無料交通サービスを利用できる。公式ホテル予約サービスと事前登録者に無料で2泊できるチャンスを提供。博覧会の主催者は公式旅行代理店と協力、事前登録者のために公式ホテルの予約をアレンジする。通訳サービス:事前登録者は博覧会期間中、2時間の無料通訳サービスを受けられる。

▽古鎮で照明器具博覧会が開かれる理由-古鎮は照明器具の古都
古鎮は31年におよぶ発展の中で、1万を超える照明器具企業を擁し、約7キロにおよぶ「照明器具の街」を形成している。この街は香港、米国、日本、東南アジア、欧州など世界130カ国・地域に製品を販売している。古鎮は中国最大の照明器具生産地、卸売市場になっている。

▽古鎮照明博覧会に赴く理由
古鎮国際照明器具博覧会は1999年に第1回が成功裏に開催されて以来、過去13回開かれている。博覧会は古鎮に依拠し、照明器具業界の有用なリソースを統合して業界のトレンドをリードし、建築照明、屋内照明、LED照明、景観照明などの得意分野を紹介している。

海外から博覧会を訪れたいと希望する人は、無料登録のために公式サイト(http://en.gzlightingfair.com)を参照。このサイトには交通、ホテル、ビザ、通訳その他便利なサービスについて詳細な情報が掲載されている。

ソース:China (Guzhen) International Lighting Fair


The 14th China (Guzhen) International Lighting Fair — Sourcing for the Best Price, Trading at the "Lighting Capital"

PR57274

GUZHEN, China, July 3, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

— Special services to provide overseas visitors a perfect procurement
environment

On 22-26 October 2014, the 14th China (Guzhen) International Lighting Fair will
be held at the Zhongshan Guzhen Convention and Exhibition Center, Guangdong
China.

Starting from 2014, the Lighting Fair will be held twice a year in spring and
autumn to provide a professional and comprehensive platform and better serve
the market. It starts to set up sub venues in four biggest lighting malls to
expand the size of this trade show. The space of 14th fair has increased to
600,000 square meters, and there will be 100,000 trade buyers coming from more
than one hundred countries.

In the 14th Guzhen lighting fair, many special services are available for the
online pre-registrants. Free Traffic Service: all the pre-registrants will get
the free traffic service between airports and venues during the fair (21st,
October – 27th, October); Official hotel booking service, and the
pre-registrants will also get the chance for two night free hotel
accommodation. The organizer has cooperated with official travel agency to
arrange the official hotel booking for the pre-registrants; Translation
service: all the pre-registrants will be provided 2 hours free translation
service during the fair.

Why the lighting fair is held in Guzhen? — Guzhen town, an ancient town born
for lights

After 31 years of development, Guzhen has over ten thousand lighting
enterprises and forms about 7 km of the "lighting street". It sells products to
Hong Kong, America, Japan, Southeast Asia and Europe, a total of more than 130
countries and regions. Guzhen has become the largest lighting production base
and wholesale market in China.

Why do people come to the Guzhen lighting fair?

The Guzhen Lighting Fair has been held for thirteen editions since the first
one was held successfully in 1999. Relying on Guzhen town, the fair integrates
the useful resources of the lighting industry, leads the industry trends and
showcases its strong areas such as architectural lighting, indoor lighting, LED
lighting and landscape lighting.

Now, many overseas visitors who want to attend the fair have gone to the
official website (http://en.gzlightingfair.com/) for the free online
pre-registration. There is detail information about transportation, hotels,
visa, translation and other convenient services on the website.

SOURCE  China (Guzhen) International Lighting Fair