2014年7月3日

IP Mirror Pte Ltd

◎CNNICとIP Mirrorが中国語の「.COM」「.NET」ドメインを開始

◎CNNICとIP Mirrorが中国語の「.COM」「.NET」ドメインを開始

AsiaNet 57247
共同JBN 0741 (2014.7.3)

【北京2014年7月1日PRN=共同JBN】
*新しいトップレベル・ドメインを使えば、企業は中国のインターネット・ユーザーから注目される

中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)はIP Mirrorと協力して、新しい中国語トップレベル・ドメインである「.公司(.Gongsi)」(中国語で.COMの意味)と「.網絡(.Wangluo)」(中国語で.NETの意味)を開始する準備を進めている。中国語で「.COM」と「.NET」に相当するので、中国に関心がある企業はこのドメインが役立つことを実感することができる。このドメインが一般登録期間に付される前に、商標保有者は商標権を確実に保護するためサンライズないしはパイオニア・ピリオドに登録することが推奨される。

「.Gongsi」と「.Wangluo」は中国語の発音から類推されたつづりで、それぞれ「企業」「ネットワーク」を意味する。これらドメインの中国漢字の表記は以下のウェブサイトを参照。

Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140626/8521403693

中国は最大のインターネットユーザー・コミュニティーを抱え、中国語のトップレベル・ドメインは市場価値を高めるとみられる。「.公司」か「.網絡」で構成されるドメイン名を持てば、企業は中国市場での信頼とアクセスが高まる。中国の大手ウェブポータルSohuは同社の2014年ワールドカップ・マーケティング・イニシアチブの一環として「.公司」と「.網絡」を大いに活用している。Sohuのチャン・チャオ・ヤン最高経営責任者(CEO)は「今回のワールドカップはこれまでとは異なり、モバイル機器とビデオ共有ウェブサイトと密接な関係がある」と説明した。Sohuの中国語ドメイン・ウェブサイトであるSohu Shijiebei.Wangluo(http://xn--rhqt05c8kc46p54c.xn--io0a7i)(Sohu World Cup)とBaxi Shijiebei.Wangluo(http://xn--rhqr00bc8gunoxzx.xn--io0a7i)(Brazil World Cup)は、中国のインターネット・ユーザーが外出中でもSohuのワールドカップ報道を素早く見つけられることを可能にした。同社は2つのドメイン名を使って、同社の企業情報ならびに同社の顧客とつながる意欲があることを他社と違う形で明確に示した。「.公司」と「.網絡」は中国市場に関心があるあらゆる企業に競争上の優位性をもたらす。

商標所有者の権利を保護するため、「.公司」と「.網絡」の早期登録期間は3つの逐次段階に分かれている。サンライズ・ピリオド(2014年7月1日から開始)では、登録はTrademark Clearinghouse(TMCH)登録者だけが受け付けられる。次のパイオニア・ピリオド(2014年7月31日から開始)は、政府機関に登録済みのTMCH非登録者が申し込みできる。この先着優先登録制度は商標所有者のブランド保護に役立つ。続いてランドラッシュ・ピリオド(2014年8月24日から開始)では、顧客は同一ドメイン名に於いて競合する可能性があるため、その際は入札することが奨励される。IP MirrorとCNNICは緊密な業務提携があり、顧客が望む「.公司」(http://www.ipmirror.com/domain/register/%E5%85%AC%E5%8F%B8)と「.網絡」(http://www.ipmirror.com/domain/register/%E7%BD%91%E7%BB%9C)のドメイン名を混み合う前に取得することを支援する。

(Logo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140626/8521403693LOGO

▽CNNICについて
中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)は中国インターネット基盤の管理、運営を担当する国家関連機関である。CNNICは中国のネットワークインフォメーションセンターの責務を果たし、インターネット管理、ドメイン管理、開発、対外連絡などに専念する。

http://www.cnnic.cn

▽IP Mirrorについて
2000年創設のIP Mirrorは、1000を超えるドメイン拡張子の世界公認のレジストラである。IP Mirrorは、企業のドメイン名登録と管理の提供で有名で信頼を得ており、専門的知識を駆使して企業がオンライン・ブランドを特にアジアで保護すること支援する。

http://www.ipmirror.com

▽問い合わせ先
Ms. Xue Ying
xueying@cnnic.cn
+86 010-58812647

Ms. Letitia Thian
marketing@ipmirror.com

ソース:IP Mirror Pte Ltd


CNNIC and IP Mirror Launches Chinese versions of ".COM" and ".NET"

PR57247

BEIJING, July 1, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

New top-level domains to distinguish companies with Chinese Internet-users.

China Internet Network Information Center (CNNIC) prepares to launch ".Gongsi"
(".COM" in Chinese) and ".Wangluo" (".NET" in Chinese), new Chinese-language
top-level domains with IP Mirror. As Chinese equivalents of ".COM" and ".NET",
businesses interested in China will find them valuable. Before the domains are
open for public registration, trademark holders are encouraged to register
during the Sunrise or Pioneer Periods to ensure protection for their trademark
rights.

"Gongsi" and "Wangluo" are Chinese phonetic spellings to mean "Company" and
"Network". Refer to the image for the actual Chinese characters of these
domains.

(Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140626/8521403693 )

As China has the largest Internet user community, Chinese top-level domains are
believed to embody increasing market value. Having a domain name consisting of
".Gongsi" or ".Wangluo" makes businesses more credible and accessible in the
Chinese market. Sohu, a premier Chinese web portal has fully utilized ".Gongsi"
and ".Wangluo" as part of its 2014 World Cup marketing initiative. Mr. Zhang
Chao Yang, Sohu’s CEO explains: "Unlike previous ones, this World Cup belongs
to mobile devices and video-sharing websites." Sohu’s Chinese-domain websites
— "Sohu Shijiebei.Wangluo" (http://xn--rhqt05c8kc46p54c.xn--io0a7i) ("Sohu
World Cup") and "Baxi Shijiebei.Wangluo"
(http://xn--rhqr00bc8gunoxzx.xn--io0a7i) ("Brazil World Cup"), have enabled
Chinese Internet-users to quickly locate Sohu’s World Cup coverage on the go;
they make a unique statement about the company itself and its willingness to
connect with its customers. A domain name with ".Gongsi" or ".Wangluo" gives
anyone interested in the Chinese market a competitive edge.

To protect the rights of trademark holders, early registration periods of
".Gongsi", ".Wangluo" are divided into three consecutive stages. During the
Sunrise Period (starting July 1, 2014), registration is only open to Trademark
Clearinghouse (TMCH) registrants. In the subsequent Pioneer Period (from July
31, 2014), non-TMCH trademark holders registered at governmental agencies are
eligible. These first-come-first-served priority registrations aid trademark
owners in brand protection. In the following Landrush Period (from August 21,
2014), customers are encouraged to bid for their preferred domain names should
they be contested. IP Mirror, CNNIC’s close business partner, helps customers
obtain their desired ".Gongsi"
(http://www.ipmirror.com/domain/register/%E5%85%AC%E5%8F%B8) and ".Wangluo"
(http://www.ipmirror.com/domain/register/%E7%BD%91%E7%BB%9C) domain names to
stay ahead of the crowd.

(Logo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140626/8521403693LOGO )

###
About CNNIC
China Internet Network Information Center (CNNIC) is a state-affiliated
institution responsible for managing and operating Chinese Internet
infrastructure. Serving as the national network information center, it focuses
on Internet governance, domain management, development and global exchange.

http://www.cnnic.cn

About IP Mirror
Established in 2000, IP Mirror is a globally accredited registrar of over 1000
domain extensions. IP Mirror is known and trusted for the provision of
corporate domain names registration and management, with strong expertise in
helping companies to protect their online brands especially in the context of
Asia.

http://www.ipmirror.com  

Contact Information

Ms. Xue Ying
xueying@cnnic.cn
+86 010-58812647

Ms. Letitia Thian
marketing@ipmirror.com

SOURCE  IP Mirror Pte Ltd