PDF リリース全文
(335KB)

2014年7月3日

【ワコールホールディングス】ヨーロッパ事業における新体制について

2014年7月3日

株式会社ワコールホールディングス

ヨーロッパ事業における新体制について

株式会社ワコールホールディングス(日本・京都市、社長:塚本能交)は、海外セグメントの主に欧州事業を担っているグループ子会社である株式会社ワコールイヴィデン(イギリス・デスボロー、CEO:トレーシー・ルイス)を2015年1月に株式会社ワコールヨーロッパ(Wacoal Europe Limited)に社名変更します。新体制下においてワコールは、欧州地域におけるグループのブランド価値を高め、またワコールアメリカと共に西半球全体の発展のために第二の柱を構築していきます。

【背景と目的】
ワコールホールディングスは、海外セグメントにおいて22の国と地域に現地法人を置き、米州・欧州・アジア(日本を除く)・中国と4つのエリアを主軸とした事業を展開しています。
特に欧州エリアにおいては、事業規模と高収益体制を確保していくことを目的に、欧州市場を中心に北米・オーストラリアにも強固な事業基盤とブランド力を確立している株式会社イヴィデンを2012年4月に買収し、グループ傘下に収めました。両社の販売ルート、技術、経営ノウハウ、ブランド力を相互的に有効活用するため、既存ワコールグループであるワコールフランスや英国ワコールを含めた欧州におけるマネジメントを一元化し組織再編を行いました。2015年春夏新製品の発売開始となる2015年1月にワコールイヴィデンをワコールヨーロッパに社名変更し、さらにターゲット顧客の拡大を図り、グループとして売上・利益貢献ができる高収益な組織体制を構築していきます。

【新体制における事業効果について】
◇販売体制
・ヨーロッパに向けた販売拠点であるフランスの販売機能一元化による総在庫総販売効率化実現
・百貨店、専門店での両ブランド相互展開による顧客接点の拡大
(米国ワコール商品の欧州・オーストラリア展開、及び北米でのワコールヨーロッパコレクションの展開)

◇商品企画・生産体制
・イギリスでのデザイン部門一元化
(米国市場も見据えたヨーロッパテイスト商品のグローバル展開(2015春夏))
・ベトナムワコールでイヴィデン企画のワコールブランド商品を生産(7月末本番開始)
・グループSCMを活用した材料手配や共通化(ワコールインターナショナルホンコン経由)

◇人員体制
・店頭販売員、セールスのグループ間相互協力による情報共有と効率アップ