2014年7月2日

International Foundation for Better Governance (IFBG)

◎IFBGがロシア提案のウクライナ国境検問所開放を歓迎

AsiaNet 57246
共同JBN 0738 (2014.7.2)

◎IFBGがロシア提案のウクライナ国境検問所開放を歓迎

【モスクワ2014年7月1日PRN=共同JBN】International Foundation for Better Governance(IFBG)の専門家は1日、ロシアとウクライナの国境にある主要な拠点を両国で監視するとするロシア政府の提案について、ウクライナ情勢正常化のための重要なステップであると歓迎した。IFBGは、ウクライナでの和平計画をサポートするのに不可欠なイニシアチブであり、衝突を解決につながる議論や協議を重ねるための環境作りであるとして歓迎している。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はフランス、ドイツ、ロシア、ウクライナ首脳の会談に引き続いて、ウクライナ国境警備隊責任者や欧州安全保障協力機構(OSCE)オブザーバーとのコラボレーションを強化するロシアの提案を発表した。こうした努力は透明性の拡大と和平プロセスの支援に寄与する。

ラブロフ外相は提案にあたって「ロシアは近く、ロシア国境の検問所にOSCEオブザーバーの配置を認める決議案をOSCE常任委員会に提出する用意がある。これによって、透明性に関するコントロールを保障し、これらの国境検問所が不法な目的に使用されないことを示すことができる」と語った。

この提案によれば、ロシアはウクライナ代表がロシア側のすべての国境検問所に駐在することを認める。OSCEオブザーバーとウクライナ代表の双方は、ウクライナ国境警備隊によってコントロールできないロシア側国境検問所に駐在することになる。ウクライナ国境警備隊とOSCEオブザーバーへの招待は、停戦が維持されている限りいつでも有効である。

IFBGによると、この提案はロシア側の歓迎を示す善意の意思表示であり、ウクライナの和平プロセスに対するロシア側のコミットメントを再確認している。

このイニシアチブは、ウクライナの和平プロセスをサポートし、最終的にウクライナが市民のため安定し支えとなる環境を提供できる国家を実現するための多国間コラボレーションの多くの実例の1つになると期待されている。

提案内容の実施は近く行われると見られる。ラブロフ外相によると、ロシアは「ロシア側検問所をモニターするウクライナ国境警備隊の駐在について諸要件を詰めるため、ロシアとウクライナの国境警備隊間の協議が間もなく開始」されることを期待している。

http://www.better-governance.org

ソース:International Foundation for Better Governance (IFBG)


Experts Welcome Russian Proposals to Support Ukrainian Peace Process

PR57246

MOSCOW, July 1/PRN=KYODO JBN/ —

    
    Experts at the International Foundation for Better Governance (IFBG)
welcomed Russian Government proposals for joint monitoring of key points on the
Russian-Ukrainian border today as a key step towards normalising the situation
in Ukraine. The IFBG welcomes this initiative as crucial to support of the
peace programme for the troubled region, and creating the climate in which
further discussion and negotiation can resolve the conflict.

    Following talks between the leaders of France, Germany, Russia and Ukraine,
Russian Foreign Minister Sergey Lavrov announced Russian proposals for
increased collaboration with Ukrainian border control representatives and
Organization for Security and Cooperation in Europe (OSCE) observers. Such
efforts will help increase transparency and support the peace process.

    "We will be ready to submit a draft resolution to the OSCE’s Permanent
Council shortly, authorizing the deployment of OSCE observers at Russian border
checkpoints, which is expected to guarantee control over their transparency and
to demonstrate that these border checkpoints are not being used for illegal
purposes," Sergey Lavrov said.

    Under the proposals Russia will allow Ukrainian representatives to be
present at all border check point on the Russian side. Both OSCE observers and
Ukrainian representatives may be present at all Russian border check points not
controlled from the opposite side by Ukrainian border guards. The invitation to
Ukrainian border guards and OSCE observers will remain open provided the
cease-fire is maintained.

    According to the IFBG, the plans are a welcome gesture of goodwill on
Russia’s part and reaffirm the country’s commitment to the peace process in
Ukraine.

    It is to be hoped that this initiative will prove to be one of many
illustrations of multi-lateral collaboration to support the Ukrainian peace
process and ultimately enable the country to provide a stable and supportive
environment for its citizens.

    Practical implementation is expected to follow shortly. According to Mr
Lavrov, Russia expects consultations to "start very soon between the Russian
and Ukrainian border guard services in order to agree parameters for the
presence of Ukrainian border guard monitors at Russian checkpoints."

    http://www.better-governance.org

    SOURCE: International Foundation for Better Governance (IFBG)