2014年7月1日

クァンタム マテリアルズ社

◎クァンタム マテリアルズ社が量子ドット適用型偽造防止3D印刷技術を取得

◎クァンタム マテリアルズ社が量子ドット適用型偽造防止3D印刷技術を取得

AsiaNet 57232


【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。

PRESS RELEASE 

平成26年7月1日 


クァンタム マテリアルズ社が量子ドット適用型偽造防止3D印刷技術を取得

量子ドット組込みによる複製防止機能を付加する製造プロセス特許


サンマルコス市(テキサス州)/平成26年7月1日: - クァンタム マテリアルズ社 (OTCQB: QTMM)はバージニア工科大学の先端技術/応用化学部門(ICTAS)と付加型製造システムのデザイン・リサーチ・教育研究所(DREAM)が発明した3D印刷時の付加機能となる組込み型偽造防止用量子ドット検知技術を取得したと発表した。

ロゴ:http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

本技術は3D印刷時に印刷オブジェクト中へ量子ドットを組み込むことで物理的に複製不可能で印刷元のみが識別可能となる3Dオブジェクトを印刷可能にするが、この量子ドット適用型の最新セキュリティ手法を活用することにより広範囲に渡るアプリケーションやそれらの検査手段にとって対象オブジェクトの真贋性を確実に識別できる機能を提供する。ナノ粒子を組み込んだ今回の斬新的手法は多くの産業界においてハードウェア製品の違法コピーからの保護やその他の確実な認証手法として導入が進む暗号化手段及びセキュリティ・キーとして使用することが可能である。

R&Dバイス・プレジデントのデビッド・ドウドラーは、「QMC社は半導体ナノ粒子の生成において多岐に渡る組み合わせを実現・生成可能としているが、バージニア工科大学の偽造防止製造プロセス技術を併用することで製造者に対して各種製品への複製抑止を目的とした物理的暗号化技術の導入を非常に簡単に実現できる選択肢を提供できる。3D印刷の製造技術面でのメリットとして本来保護されるべきものも一般的に簡単に複製できてしまうことは否めないが、我々はバージニア工科大学との協業を通じて複製可能性を抑止し、製造業者の製品インテグリティを保護・補償することで製品デザインや製品製造面における3D印刷技術の持つ将来性を最大限引き伸ばすことのできる新セキュリティ手法の技術ポテンシャルを追求していく。」、とコメントしている。

画期的セキュリティ手法を実現できるバージニア工科大学の製造プロセス技術の継承に加え、クァンタム マテリアルズ社では特殊な半導体ナノ粒子を生成し青色から赤色スペクトルといった異なった蛍光色の発光制御を実現するほか、高精度に制御されたテトラポッド型量子ドットの適用で異なった2色の蛍光色を同時発光できるデュアル・エミッション機能を提供して物理的にもより高度なセキュリティ性を提供可能にしている。

斬新的プロセス技術とナノ粒子技術の融合によるセキュリティ性の飛躍的向上は暗号化キーを128ビットから256ビットにシフトすることにで事実上解読不可能なレベルにまで信頼性を引き上げた業界動向に精通するものがある。

アライド・マーケット・リサーチ社の市場予測レポートによれば、「世界市場における2013年の偽造防止向けソリューション市場は5兆7400億円規模であり、2013年から2020年にかけての年間成長率CAGRを13.9%とした場合2020年には総売上高14兆2700億円規模にまで成長すると予想する。」、としている。世界市場アナリストからの最新の調査報告ではフード及び製薬業界が偽造商品によって最も被害を被っている産業界だとして報告しており、偽造防止/抑止技術の世界市場は2015年には8兆2200億円に登るものと予想している。

クァンタム マテリアルズ社に関して
クァンタム マテリアルズ社は自動生成プロセスによりメディカル、ディスプレイ、太陽電池、照明などのアプリケーション向けに使用されるテトラポッド型量子ドットの製造を行っている。テトラポッド型量子ドット半導体はコンシューマ製品及び産業用製品において飛躍的な性能向上を技術的に可能にできる材料である。クァンタム マテリアルズ社の量産生成技術は低コストで高品質、高信頼性の量子ドット製品を量産可能にすることで革新的技術の発見から商業生産体制確立への実現を支援していく。(http://www.qmcdots.com)

ICTASに関して
ICTASはバージニア工科大学の既存研究活動の強化及び技術と化学面での国際的環境を背景に新発見と問題解決におけるエージェントの役割を果たす機関として同大学で位置付けられている。

DREAM研究所に関して
DREAM研究所の研究員は今日の技術分野における“早期プロトタイピング化”技術が既存製造技術の予測可能な将来的プラットフォームとして到達可能な姿の原型であるとするビジョンを保持している。DREAM研究所のミッションは製造手法改善による新パラダイム創出に向けた早期プロトタイピング技術の過渡期における業界リーダーとなることである。(http://www.dreams.me.vt.edu/)


1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項への対応
このプレス・リリースは弊社の事業、製品、財務状況に関してリスクまたは不確定要素を含んでおり、将来予想に関する記述内容と実際に生じる結果とは異なる可能性がある。弊社の事業、製品、財務状況に関わる潜在的リスク要因に関する情報は証券取引委員会("SEC")に申告された弊社の年次報告書や付随して提出された資料に記載されている。全ての資料は証券取引委員会の電子開示システム(EDGAR) http://www.sec.gov/或いはwww.QMCdots.comで閲覧することが可能である。弊社は将来予想に関する記述を含む上記の記載内容を以降のイベントや状況に反映させるための公的な更新に関して如何なる義務も負わない。


お問い合わせ:
安藤利徳
クァンタム マテリアルズ社
アジア担当ディレクター
toshi@qmcdots.com
国番号(1)510-300-4021


メディア:
Rich Schineller (リッチ・シュネラー)
rich@prmgt.com
国番号(1)941-780-8100


Quantum Materials Secures Uncloneable Anti-Counterfeiting 3D Printing Technology

PR57232

SAN MARCOS, Texas, July 1, 2014 /PRN=KYODO JBN/ —

    – Patented Additive Manufacturing Process Embeds Quantum Dots for
Uncopyable Identification

    Quantum Materials Corporation (http://www.qmcdots.com)(OTCQB:QTMM)
announces securing 3D printing and additive manufacturing anti-counterfeiting
quantum dot detection technology developed at the Institute for Critical
Technology and Applied Science and the Design, Research, and Education for
Additive Manufacturing Systems (DREAMS) Laboratory at Virginia Tech.

    Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

    The technology embeds quantum dots within objects being 3D printed to
produce a unique, physically uncloneable signature known only to the object’s
manufacturer. This new quantum dot security method will help to ensure positive
identity of any particular object through a wide variety of application and
detection methods.  Novel uses of embedded nanomaterials cover a wide field of
growing industries of encryption, secure key exchange, the protection of
hardware from tampering and other secure identification needs.

    David Doderer, QMC VP for Research and Development, stated, "The remarkable
number of variations of semiconductor nanomaterials properties QMC can
manufacture, coupled with Virginia Tech’s anti-counterfeiting process design,
combine to offer corporations extreme flexibility in designing physical
cryptography systems to thwart counterfeiters.  As 3D printing and additive
manufacturing technology advances, its ubiquity allows for the easy pirating of
protected designs.  We are pleased to work with Virginia Tech to develop this
technology’s security potential in a way that minimizes threats and maximizes
3D printing’s future impact on product design and delivery by protecting and
insuring the integrity of manufactured products."

    Besides the inherent nature of the process technology from Virginia Tech
that enables unique signatures, Quantum Materials offers unique semiconductor
nanomaterials that physically increase these security measures by not only
emitting different colors of the spectra from blue to red, but by using
tetrapod quantum dots with precise structural characteristics, or dual emission
tetrapods that can emit two different colors. The combination of unique process
and nanomaterial dramatically improves the security strength, in a similar way
that moving from 128-bit to 256-bit encryption increases confidence in a
nearly-unbreakable key.

    According to an industry report by Allied Market Research, the "Global
anti-counterfeit packaging market accounted for $57.4 billion in 2013, which is
forecast to generate revenue of $142.7 billion by 2020 at 13.9% CAGR from
2013-2020."  Other new research from Global Industry Analysts says that the
food and pharmaceutical industries are currently the most vulnerable to the
actions of counterfeiters and the global market for anti-counterfeiting
technologies could reach $82.2B by 2015.

    About Quantum Materials Corp.
    Quantum Materials Corp. develops and manufactures Tetrapod Quantum Dots for
use in medical, display, solar energy and lighting applications through its
patent pending volume production process. Quantum dot semiconductors enable a
new level of engineered performance in a wide array of established consumer and
industrial products. QMC’s volume manufacturing methods enable consistent QD
quality and scalable cost reductions to drive innovative discovery to
commercial success.  QMC’s wholly owned subsidiary, Solterra Renewable
Technologies is leading the development of sustainable and cost-effective
quantum dot based solar technology.
(http://www.QMCdots.com) (http://www.SolterraRenewable.com)

    About ICTAS
    ICTAS leverages Virginia Tech’s existing research strengths to position
the university as an agent of discovery and problem solving in the
technological and scientific global environment. (http://www.ictas.vt.edu)

    About the DREAMS Laboratory
    DREAMS Lab members have a vision of the future wherein today’s "rapid
prototyping" technologies are of a maturity to be considered as viable
platforms for the manufacture of end-use artifacts.  Our mission is to be a
leader in the transition of rapid prototyping technologies to the new paradigm
of additive manufacturing. (http://www.dreams.me.vt.edu/)

    Safe Harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of
1995
    This press release contains forward-looking statements that involve risks
and uncertainties concerning business, products, and financial results. Actual
results may differ materially from the results predicted. More information
about potential risk factors that could affect our business, products, and
financial results are included in our annual report and in reports subsequently
filed with the Securities and Exchange Commission ("SEC"). All documents are
available through the SEC’s EDGAR System at http://www.sec.gov/ or
www.QMCdots.com. We hereby disclaim any obligation to publicly update the
information provided above, including forward-looking statements, to reflect
subsequent events or circumstances.

    Contact:

    Art Lamstein
    Director of Marketing
    Quantum Materials Corp.
    +1 415.609.4969
    artlamstein@QMCdots.com

    Media:
    Rich Schineller
    +1 941.780.8100
    rich@prmgt.com

    SOURCE: Quantum Materials Corp.