PDF リリース全文
(696KB)

2014年6月26日

進化する家庭用の飲用水

平成26年6月26日

株式会社日本トリム

健康で豊かな社会のために、安心で高機能な水を提供したい

進化する家庭用の飲用水
電解水素水整水器「トリムイオンHYPER」
開発ストーリー

 私たちのカラダの約6割は水でできています。健康への関心が高まる中、当然のことながら水への関心も年々高くなっています。そのような背景の中、「ウォーターヘルスケアという、新習慣」を提唱する整水器シェアNo.1の日本トリムでは、主力商品を4年ぶりにリニューアルしました。機能はもちろん、“整水器は家電”と唱える日本トリムならではの新たなチャレンジがありました。その開発の経緯・裏側をご紹介します。  


■電解水素水整水器トリムイオンの心臓部 日本トリム開発部
 私たち日本トリムは、整水器のトップメーカーであり、1982(昭和57)年の創業から30余年、健康価値の高い水を提供し、おいしい+カラダにいい水を生活に取り入れていただく「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を提唱しています。  
 当社整水器の企画・開発を行うのが、日本トリム開発部です。開発部は、当社グループの生産拠点である高知県南国市の「(株)トリムエレクトリックマシナリー(略称TEM)」の施設内にあります。2014(平成26)年4月に 発売した電解水素水の最新機種「トリムイオンHYPER(ハイパー)」も、開発部で企画したもので、TEMで生産しています。「トリムイオンHYPER」の開発を担当した開発部の橘、小泉、雨森に、開発の舞台裏を語ってもらいました。
http://www.nihon-trim.co.jp/hyper/index.html


■水素水に対する社会の関心に応えて。安心で高機能な水を提供したい

 私たち開発部は、「健康で豊かな社会実現に貢献できる製品を開発する」ことを開発理念に、これまでにない新しい機能を持った「安心・安全な水」を社会に提供していくことを目指し、日々開発業務に取り組んでいます。
 整水器と浄水器を混同なさる方も少なくないようですが、浄水器は水をろ過し不純物を取り除いた浄水をつくるのに対し、整水器は①浄水のほか、②浄水を電気分解した電解水素水 ③電解酸性水 の3種類の水をつくることができます。電解水素水に含まれる水素には、活性酸素を抑制する機能である「抗酸化性」があり、美容や健康にその効果が期待されています。水素は揮発性の高い分子のため、生成したてが水素を多く含んでおり、活性酸素をより効果的に抑制できると言われています。近年、この「水素」への注目は著しく、ボトリングされた水素水、水素のサプリメント、水素エステ、水素バーなども登場し、他社からも水素水を打ち出した整水器が販売されるようになりました。
 私たちの整水器も、もちろん電解水素水を生成しますが、もっと使いやすく高機能な商品をお届けしたいとの思いから、新商品の開発がスタートしました。


以下、詳細は添付ファイル(pdf)をご覧ください。

■お客さま視点に立った商品開発 女性のための、おしゃれ・高機能・リーズナブルな整水器を
■簡単で清潔 掃除の手間まで考えたこまやか設計
■安心・安全の高機能浄水カートリッジ 電解水素水の生成にターボ搭載
■女性にうれしい美しいデザイン システムキッチンに似合うインテリアとしての整水器
■業界初!ついに完成 日本トリムだけの溶存水素濃度表示(目安)
■これまでも、これからも。オンリーワンの整水器を目指して