「尼崎ディストリビューションセンター」外観

PDF リリース全文
(197KB)

2014年6月24日

尼崎ディストリビューションセンター  2014年7月1日(火)より本格稼働開始

2014年6月24日

株式会社MonotaRO

最大約40万点の在庫、1日当たりの出荷能力は
従来の2倍以上の機能を有する新物流拠点
「尼崎ディストリビューションセンター」
2014年7月1日(火)より本格稼働開始

工業用間接資材(※)通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)は、2013年9月に竣工した新しい物流拠点「尼崎ディストリビューションセンター」を、本年7月1日(火)より本格稼働いたします。
同施設の稼働によって、将来的には、従来の約3倍となる約40万点の商品が在庫可能となり、また1日当たりの出荷能力も従来の2倍以上の約5万件を見込んでおり、これまで以上に迅速にお客様のもとへ商品をお届けすることが可能です。

【MonotaRO尼崎ディストリヒューションセンター概要】
名称:MonotaRO尼崎ディストリビューションセンター
所在地:兵庫県尼崎市西向島町75-1
構造:地上4階建
延床面積:約44,000㎡(約13,000坪)
在庫能力:最大約40万点
出荷能力:一日当たり約5万件


■株式会社 MonotaROについて(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉、URL:http://www.monotaro.com/)切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる製品700万アイテムを販売しています。2014年6月10日現在の利用ユーザー数は、約123万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月、東証一部上場。2013年度の12月期の 売上高は約345億円。2014年度の12月期の売上高予想は約426億円。

※工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。