山田司朗講師(日本クラフトビール代表取締役)

2014年6月18日

学生支援GPで学生の社会人基礎力形成を支援 。6/28には「おいしいお酒のたしなみ方」を開催

2014年6月18日

学校法人 明治大学

文部科学省に採択された学生支援GP「M-Naviプログラム」で学生の社会人基礎力形成を支援
6月28日(土)には、「おいしいお酒のたしなみ方」を開催

明治大学では、学生支援プログラム「M-Naviプログラム」の一環として、本学卒業生の日本クラフトビール代表取締役・山田司朗氏を講師に迎え、本学学生を対象に「おいしいお酒のたしなみ方」を、6月28日(土)に中野キャンパスで開催します。

M-Naviプログラム(Meiji Navigation Program)は、2005年度からスタートし、2007年度に文部科学省の「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム(学生支援GP)」に採択され、2011年度からは本学独自の取組みとして、実施しています。
学生のアイデンティティの確立と大学コミュニティーへの帰属意識を結びつけ、本学で学ぶ意義を問い、また、幅広い教養を身につける機会を提供することで、従来の正課授業とサークル活動などの課外活動だけでは補いきれない「社会人基礎力」の養成を目的にしています。学生と教職員が共同で企画・運営を行っており、現在では農業体験や学食メニュー開発など、年間約20のプログラムを展開しています。

今回は、「和の食卓に映えるビールを世界へ」という思いで、2011年に日本クラフトビール株式会社を設立し、現在、日本独特のハーブ「ゆず」と「山椒」を香り付けに使用したクラフトビール「馨和 KAGUA」を販売する、本学卒業生の山田司朗氏を講師に、アルコール耐性をテストする「パッチテスト」の実施や、お酒の歴史や文化を学んだ上で、「クラフトビールをもっと多くの若者に楽しんでもらうには」とのテーマで、参加者がグループワークを行い、大人のコミュニケーションの基本ともいえる「おいしいお酒のたしなみ方」を学びます。

【M-Naviプログラム「おいしいお酒のたしなみ方」】

■日時:6月28日(土)13:00 ~16:00
■講師:日本クラフトビール株式会社代表取締役 山田司朗氏
    (明治大学政治経済学部1998年卒業)
■場所:明治大学 中野キャンパス ファカルティラウンジ
■内容:パッチテスト、グループワーク、山田氏による講演、
    「馨和 KAGUA」試飲、懇親会    
■対象:本学学生(40名)