書体見本

2014年6月17日

Rosetta Type Foundry s. r. o. との相互協力による多言語書体の提供を発表

2014.06.17

モリサワ

Rosetta Type Foundry s. r. o. との相互協力による
多言語書体の提供を発表

 株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel.06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、Rosetta Type Foundry s. r. o.(代表:David Bezina 本社:チェコ共和国、以下Rosetta)とのビジネスでの相互協力を発表します。
 この相互協力により、Rosettaの多言語フォント21書体を「MORISAWA PASSPORT」でご利用いただけるようになります。提供時期は2014年9月です。また、クラウドフォントサービス「TypeSquare」でも提供を予定(提供時期は未定)しています。

Rosetta(ロゼッタ)について
Rosettaは、世界の出版のために統一感のあるデザインで、複数の言語に対応したフォントを開発、販売しています。Rosettaのライブラリは、ラテン文字、キリル文字、ギリシア文字、デーヴァナーガリー、グジャラーティ文字、アラビア文字、アルメニア文字などにより、172言語をカバーしており、それらの高品質なフォントは数多くのデザイン賞を受賞しています。

■提供時期と提供書体
 提供時期:2014年9月
 提供書体 ※すべてOpenTypeフォント
 ・Skolar PE(キリル文字、ギリシア文字を含むラテン文字フォント)
 ・Skolar Devanagari(デーヴァナーガリーフォント)
 ・Skolar Gujarati(グジャラーティ文字フォント)
 ・Nassim Latin(ラテン文字フォント)
 ・Nassim Arabic(アラビア文字フォント)
 ・Arek Latin(ラテン文字フォント)
 ・Arek Armenian(アルメニア文字フォント)

■対応言語
 ・Skolar PE
  英語、主要なヨーロッパ各国、中央ヨーロッパの言語に加えて、ギリシア語、ロシア語を含む90 以上の言語に対応します。
 ・Skolar Devanagari
  ヒンディー語、ネパール語をはじめとした33 以上のインドの言語に対応します。
 ・Skolar Gujarati
  グジャラート語、サンスクリット語など、インドの3 言語に対応します。
 ・Nassim Latin、Arek Latin
  英語、主要なヨーロッパ各国、中央ヨーロッパの言語など、90 以上の言語に対応します。
 ・Nassim Arabic
  アラビア語、ペルシャ語、ウルドゥー語に対応します。
 ・Arek Armenian
  アルメニア語に対応します。

■提供製品
 MORISAWA PASSPORT / MORISAWA PASSPORT ONE
 MORISAWA PASSPORT アカデミック版
 ※ご契約中のお客様には2014年の新書体としてご提供します。
 TypeSquare