PDF リリース全文
(118KB)

2014年6月19日

日本初!株主総会でリアルタイムに議決権行使の結果を表示、正確なデータを提示。本年6月から導入始まる。

平成26年6月19日

株式会社ヒューマンテック(東京都港区・代表取締役 齊藤正治)が開発した「株主総会議決権行使システム」の運用サービスを本年6月の株主総会にて実施いたしました。
株主総会の議決権行使をリアルタイムに行うことができ、総会中に投票結果を正確に提示することが可能となりました。このシステムを使うことで、透明性の高い株主総会が実現でき、株主動向の分析やIR活動の強化に役立たせることができます。
株主総会は、2009年10月に東京証券取引所が株主総会のすべての議案に対し議決権行使結果の開示を会員企業に要請し、翌2010年3月には内閣府令「企業内容等の開示に関する内閣府令」株主総会において決議事項が採決された場合、議決権行使結果を記載した臨時報告書の提出が求められるようになり、株主総会の透明性を強化するように要求されている。

日本初!株主総会でリアルタイムに議決権行使の結果を表示、正確なデータを提示。本年6月から導入始まる。

株式会社ヒューマンテック(東京都港区・代表取締役 齊藤正治)が開発した「株主総会議決権行使システム」の運用サービスを本年6月の株主総会にて実施いたしました。
株主総会の議決権行使をリアルタイムに行うことができ、総会中に投票結果を正確に提示することが可能となりました。このシステムを使うことで、透明性の高い株主総会が実現でき、株主動向の分析やIR活動の強化に役立たせることができます。
株主総会は、2009年10月に東京証券取引所が株主総会のすべての議案に対し議決権行使結果の開示を会員企業に要請し、翌2010年3月には内閣府令「企業内容等の開示に関する内閣府令」株主総会において決議事項が採決された場合、議決権行使結果を記載した臨時報告書の提出が求められるようになり、株主総会の透明性を強化するように要求されている。